違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

源泉徴収票

ITの違い

【Microsoft】Office365とOffice365Soloの違いをわかりやすく解説

『Office365』という製品を知っていますか?

 

はなこ
私は『Office2019』を持っているけど、それとは違うのかな?
『Office365』は、サブスクリプション版の『Microsoft Office』のことだよ。

年間契約をして1年間だけ『Microsoft Office』を利用することができるのさ。

使い続けたい場合は毎年お金を支払う必要があるよ。

たろう
はなこ
ふーん、それにもいくつかの種類があるのかな?

 

今回は、『Office365』と『Office365 Solo』の違いについて解説します。

スポンサーリンク

『Office365』と『Office365 Solo』の違い

タイピング

タイピング

まずは、『Office365』について調べてみましょう。

『Office365』とは?

サブスクリプション版の『Microsoft Office』

のことです。

サブスクリプションとは、

ソフトウェアを利用したい期間だけ料金を払う仕組み

のことです。

『Office365』の場合、年間契約で料金を支払う形なので、

一度契約すれば一年間はソフトウェアを利用することができます。

もし、その後も利用し続けたければ、毎年料金を支払わなければなりません。

 

『Office365』の特徴として、

常に最新の『Microsoft Office』を利用することができる

ということが挙げられます。

パッケージ製品の場合、購入した時のバージョンの製品しか利用できません。

将来新しいバージョンが登場しても、アップグレード用の費用を支払ったり、買い直したりする必要があります。

しかし、『Office365』では常に最新バージョンの製品が利用できるわけです。

 

また、

オンライン・ストレージの『OneDrive』を1TB分利用することができる

という特典が付いています。

オンライン・ストレージとは、クラウド・サービスのひとつで、インターネット上でデータを保存するためのディスクが利用できるサービスのことです。

例えば、大事なデータのバックアップや、他の誰かとファイルを共有しておきたい場合などに活用することができます。

 

『Office365 Solo』とは?

個人向けの『Office365』

のことです。

『Office365』には、個人向けの『Office365 Solo』と、法人向けの『Office365 Business』の2種類があります。

使えるソフトウェアはそれぞれ次のようになっています。

『Office365』の製品一覧

Office365 Solo Office365 Business
Word
Excel
PowerPoint
Outlook
Access
Publisher

それぞれの製品は、次のような用途に使うことができます。

製品の解説

Word 文書などを作成する時に使うワープロ・ソフト
Excel 表やグラフを作成するのに便利な表計算ソフト
PowerPoint プレゼンテーション資料の作成に利用されるソフト
Outlook メールの送受信や閲覧が可能なメール・クライアント
Access 表の作成、更新、閲覧などが行えるデータベース・ソフト
Publisher カタログやチラシなどを作成するのに便利な簡易DTPソフト

 

値段は、『Office365 Solo』の場合12,744円/年なのに対し、『Office365 Business』は、10,800円/年と若干安くなっています。

『Office365 Solo』では、

『Skype』でインターネット電話サービスが利用できること

も特徴です。

 

はなこ
『Office365 Solo』は個人向けの『Office365』ということね。
利用できるアプリにそれほど違いはないよね。

『Office365 Business』は個人でも購入可能らしいから、『Skype』とか『Publisher』を使わないのなら『Office365 Business』の方が得かな。

たろう

 

『Microsoft Office』には、この他にもパッケージ版の『Microsoft Office 2016/2019』があります。

パッケージ版にもいくつかの種類があって、入っているソフトウェアが異なります。

『Office365』との違いは、

パッケージ版の場合は永続ライセンスである

という点です。

つまり、一度購入すれば、ずっとその製品を使い続けることができるということですね。

常に最新のソフトウェアである必要がなければ、パッケージ版も選択肢のひとつとなるでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

今回のポイントについて、まとめていきましょう。

ポイント

  • 『Office365』は、サブスクリプション版の『Microsoft Office』のことである。
  • 『Office365』は、年間契約で料金を支払う形式をとる。
  • 『Office365 Solo』は、個人向けに売られている『Office365』のことである。
  • 法人向けに売られている『Office365』には『Office365 Business』がある。

『Microsoft Office』には、いろいろなタイプの製品があるので、購入する際には、よく調べるようにしましょう。

関連記事

-ITの違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.