違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

その他の違い

トラックとトレーラーの違いをわかりやすく解説!見分ける方法をチェック

投稿日:

日頃から、道路を走っている姿を見かけるものに、

『トラック』

があると思います。

 

現代における、物流の要の1つであり、

『毎日、多くの荷物を運搬している』

ものです。

ですが、トラックを見ていると、たまに、

『トレーラー』

があることに気づくでしょう。

トレーラーとトラックと似ているのですが、

『形状などが少し違う』

ため、区別がつかない人も多いのではないでしょうか。

 

そこで、今回は、

『トラックとトレーラーの違い』

について解説します。

よく間違われる車なので、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

トラックとトレーラーの違いとは?

早速、トラックとトレーラーの違いについて解説します。

そもそも、トラックとトレーラーは、

『分類的には、全く違う種類』

になります。

 

その為、まずは、

『トラックとトレーラーの分類』

について知っておかなければなりません。

トラックは『貨物自動車』

まず、トラックについて解説します。

トラックと呼ばれる車は、分類として、

『貨物自動車』

になっています。

 

構造としては、

『車本体と荷台が一体になっている』

ため、普通車に乗っている人でも、免許さえあれば気軽に運転出来ます。

 

種類を挙げると、

  • 小型トラック
  • 中型トラック
  • 大型トラック

があります。

また、形状別に分けると、

  • ウイング車
  • バン車
  • 平ボディ
  • ユニック車

などが挙げられるでしょう。

トレーラーは『自走しない荷台車』

次に、トレーラーについて解説します。

トレーラーは、そもそも、

『車に分類されながら、自走できない』

ことが特徴です。

 

その為、実際に荷物を搬送するときは、トレーラーを引っ張る、

『トラクター』

と連結して使うことになります。

 

トレーラーの種類としては、

  • セミトレーラー
  • フルトレーラー
  • ポールトレーラー
  • バンセミトレーラー
  • ダンプセミトレーラー
  • コンテナセミトレーラー
  • ドリー付トレーラー

などがあり、連結方法や荷重の配分、付属している機材などが違っています。

 

トレーラーは、トラックよりも応用が利く荷台車

トラックとトレーラーについて解説しました。

ここまでの内容を見ると、

  • 自走できる荷台付き車が、トラック
  • 自走できずとも応用が利く車が、トレーラー

ということが言えます。

 

これが、トラックとトレーラーの決定的な違いであり、

『どちらかを見分ける際のポイント』

となっています。

ですが、トラックに比べて、

『トレーラーには、別のメリットもある』

のです。

自動車重量税が免除されている

トレーラーの特徴として、

『自動車重量税がかからない』

ときがあります。

 

基本的に、自動車を持っている人は、

『新規購入時と車検時』

に、自動車重量税を支払っています。

 

ですが、一部のトレーラーに関しては、

『重量のかかり方』

が違うため、自動車重量税がかからなくなるのです。

 

一般的なトレーラーは、

『第五輪』

というものに、トラクターを連結しています。

その為、重量のかかり方に関しては、

『けん引しているトラクターにかかる』

決まりとなっており、けん引車側に自動車重量税がかかります。

 

これに対して、

『フルトレーラー』

と呼ばれるものは、重量のかかり方が、普通のトレーラーとは違ってきます。

 

先程も解説したように、トレーラーは、

『第五輪』

により、トラクターとトレーラーを連結しています。

ですが、フルトレーラーは、

『トラクター部とトレーラー部に、それぞれ連結部分がある』

のです。

 

これにより、重量が、

『トレーラー全体にかかる』

ため、トラクター・トレーラー双方に、自動車重量税がかかるのです。

 

まとめると、

  • 連結部が1つだけの車は、トラクターだけに税金がかかる
  • 連結部が2つの車は、トラクター・トレーラー2つに税金がかかる

ということになります。

この仕組みを上手く使うことにより、

『節税対策が出来る』

ようになります。

 

トレーラーは、あくまでも車であることを忘れないこと

トレーラー

トレーラーが、トラックと違う部分を解説していますが、

『最も守らなければならない事柄』

が、他にあります。

 

これが出来ていなければ、

『トレーラーを使うことが出来ない』

と言っても過言ではありません。

ナンバープレートの装着をしていない人がいる

道路を走っているトレーラーをよく見ると、

『トラクターとトレーラーのナンバープレートが違う』

ことに気付くでしょう。

 

最初に解説したとおり、トレーラーは、自走できない車ではありますが、

『車であることに違いはない』

ものです。

その為、トレーラーを公道で走らせるには、

『引っ張るトラクターとは、別のナンバープレートが必要』

になるのです。

たまに、ナンバープレートを偽造して捕まっている人がいますが、これは、

『ナンバープレート申請の手間を渋った結果』

が招いていることです。

基本的に、トレーラー購入時に話があるはずですが、

『別々のナンバープレートでなければいけない事実を知らない』

人もいます。

 

トレーラーを購入しようと考えている人は、

『トレーラー自体が、1つの車』

だという認識を、しっかりと持つ必要があるのです。

スポンサーリンク

まとめ

今回のまとめとしては、

『トラックとトレーラーは、そもそも違う車』

ということが言えます。

 

一見、同じ種類の貨物車に見える車同士です。

しかし、

『形状が異なり、種類によって運用方法も違う』

ことを知っておかなければなりません。

これを知っていなければ、

『トレーラーという言葉を使うときに、思わぬ落とし穴にはまる』

ことも考えられます。

豆知識としても有効なので、しっかりと覚えておきましょう。

関連記事
アウディ
軽自動車と普通車の維持費の違いを解説!年間費用の差はいくら?

車を持っている人は、 『軽自動車と普通車』 のどちらかを選んでから、購入していますよね。   車の種類や、価格を見て選ぶ人が多く、 『自分の収入や好み』 によって、軽自動車か普通車を選んでい ...

続きを見る

関連記事

-その他の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.