違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

源泉徴収票

ITの違い

OfficePersonalとHomeAndBusinessの機能と違いをわかりやすく解説!

『Microsoft Office』には、いくつかの種類がありますよね。

 

はなこ
『Microsoft Office』を購入しようと思っているんだけど、『Office Personal』とか『Office Home And Business』とかいろいろな種類があってよくわからないのよね。
入っているソフトウェアの種類が違っていると聞いたことがあるけどな。
たろう
はなこ
どれを購入したらいいのかしらね。

 

今回は、『Office Personal』と『Office Home And Business』の違いについて解説します。

スポンサーリンク

『Office Personal』と『Office Home And Business』の機能の違い

了解

了解

『Microsoft Office』は、オフィス業務で利用する様々なアプリケーションを集めたオフィス・スイートです。

現在購入することができるバージョンは『Office2016』と『Office2019』の2種類です。

 

次のようなアプリケーションを利用することができます。

製品の解説

Word 文書などを作成する時に使うワープロ・ソフト
Excel 表やグラフを作成するのに便利な表計算ソフト
PowerPoint プレゼンテーション資料の作成に利用されるソフト
Outlook メールの送受信や閲覧が可能なメール・クライアント
Access 表の作成、更新、閲覧などが行えるデータベース・ソフト
Publisher カタログやチラシなどを作成するのに便利な簡易DTPソフト

データベース・ソフトとは、表を作成したり、更新、閲覧するために利用されるもので、他にも『Oracle』や『PostgreSQL』『MySQL』などが有名です。

 

『Office Personal』と『Office Home And Business』では、利用することができるアプリケーションの数が異なります。

 

各製品にどのソフトが入っているかをまとめた表は次のようになります。

『Microsoft Office』の製品一覧

Office Personal 2016/2019 Office Home And Business 2016/2019 Office Professional 2016/2019
Word
Excel
PowerPoint
Outlook
Access
Publisher

つまり、『Office Personal』は、『Word』『Excel』『Outlook』の3種類のアプリケーションのみが利用できるのに対して、『Office Home And Business』では『PowerPoint』が追加されて4種類のアプリケーションが使えることになります。

文書を書いたり、表やグラフを作成するといった作業だけ行えればよいのであれば、『Office Personal』で十分でしょう。

しかし、プレゼンテーション用の資料を作成したいような場合は、『Office Home And Business』を選択する必要があります。

 

なお、

『Office Personal』『Office Home And Business』『Office Professional』は、パッケージ版のソフトウェアになります。

これとは別に、

サブスクリプション版の製品として『Office365』があります。

『Office365』は、一年分の使用料を支払って利用するタイプの製品です。

さらに、次の年も利用したい場合、再度料金を支払う必要があります。

個人向けの『Office365 Solo』であれば、『Word』『Excel』『PowerPoint』『Outlook』『Access』『Publisher』の全てのアプリケーションが利用可能です。

また、常に最新の『Microsoft Office』が利用できるという特徴があります。

パッケージ版の場合、例えば『Office2016』を購入したのであれば、『Office2019』にアップグレードするためにはアップグレードのための料金を支払うか、買い直す必要があります。

しかし、『Office365』であれば、追加料金を支払うことなく最新のバージョンが利用できるわけです。

さらに、

オンライン・ストレージの『OneDrive』を1TB分利用することができる

という特典が付いています。

オンライン・ストレージとは、クラウド・サービスのひとつで、インターネット上でデータを保存するためのディスクが利用できるサービスのことです。

例えば、大事なデータのバックアップや、他の誰かとファイルを共有しておきたい場合などに活用することができます。

 

はなこ
私は、プレゼンテーション用の資料なんて作らないから『Office Personal』で十分ね。
『Office365』も魅力的だね。

常に最新のバージョンが利用できるなんて、すごくいいよね。

たろう

スポンサーリンク

まとめ

今回のポイントについて、まとめていきましょう。

ポイント

  • 『Office Personal』は、『Word』『Excel』『Outlook』の3つのアプリケーションが利用できる製品である。
  • 『Office Home And Business』は、『Word』『Excel』『PowerPoint』『Outlook』の4つのアプリケーションが利用できる製品である。
  • 『Office Personal』も『Office Home And Business』もパッケージ製品である。
  • サブスクリプション版の製品として『Office365』がある。

『Microsoft Office』には様々なタイプの製品があります。

買い間違えをすることのないように、慎重に製品を選びましょう。

関連記事

-ITの違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.