違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

源泉徴収票

ITの違い

【Microsoft】Officeの32bitと64bitの違いをわかりやすく解説!

『Microsoft Office』には32bit版と64bit版の2種類があります。

どちらをインストールすればいいのでしょうか?

 

はなこ
この間、『Microsoft Office』をインストールしようと思ったんだけど、32bit版と64bit版のどちらを入れたらいいのかわからないの。
最近のパソコンなら64bit版でいいんじゃないかな?
たろう
はなこ
そもそも、32bit版と64bit版って何が違うの?

 

今回は、『Microsoft Office』の32bit版と64bit版の違いについて解説します。

スポンサーリンク

『Microsoft Office』の32bit版と64bit版の違い

ラップトップ

ラップトップ

そもそも、32bit、64bitとは何でしょうか?

パソコンにはCPUという、演算処理をするための機器が搭載されています。

いわば、パソコンの頭脳にあたる部分です。

CPUは、32bit CPUと64bit CPUに分けられます。

64bit CPUのほうが新しく、一度に処理できる数字が32bit CPUよりも大きいという特徴があります。

また、32bit CPUの場合、利用できる最大メモリ容量は4GBに満たないのですが、64bit CPUならば、最大メモリ容量は約171億GBという途方もない大きさになります。

これほどのメモリを搭載することは、現在のところ不可能なので、

64bit CPUの場合のメモリ容量は無制限

と言えるでしょう。

 

CPUに32bit版と64bit版があるように、

Windowsにも32bit版と64bit版があります。

32bit CPUを搭載したパソコンには、32bit版Windowsしかインストールすることができません。

しかし、64bit CPUを搭載したパソコンであれば、32bit版と64bit版のどちらのWindowsもインストールすることができます。

 

『Microsoft Office』は、Windows上で動作するアプリケーションです。

よって、『Microsoft Office』も、32bit版Windowsで動作する32bit版と、64bit版Windowsで動作する64bit版の2種類が存在するわけです。

Windowsが32bit版である場合、『Microsoft Office』は32bit版しかインストールすることができません。

しかし、

Windowsが64bit版であるならば、32bit版と64bit版のどちらもインストールすることが可能です。

 

Windowsが32bit版であれば、他に選択肢はなく、32bit版の『Microsoft Office』をインストールするしかありません。

では、Windowsが64bit版ならば、どちらをインストールすればいいのでしょうか。

64bit版をインストールするメリットとしては、次が挙げられます。

64bit版をインストールするメリット

  • 複雑な処理が必要な場合、パフォーマンスが向上する。
  • 巨大なデータを扱う場合、パフォーマンスが向上する。
  • PowerPointで大きな画像、動画、アニメーションを利用する場合、パフォーマンスが向上する。
  • 2GBを超えるファイルを操作する場合、パフォーマンスが向上する。

つまり、

処理が複雑でデータ量が多くなると、64bit版のほうが有利である

ということになります。

 

しかし、64bit版にはデメリットもあります。

64bit版をインストールするデメリット

  • 32bit版Windowsにはインストールできない。
  • Declareステートメントを使用するVBAコードがそのままでは動作しない。
  • 32bitのOffice用に作成されたActiveXコントロールやCOMアドインが動作しない。

32bit版Windowsに64bit版『Microsoft Office』が、インストールできないのは前に書いたとおりです。

他の2点には、難しい言葉が並んでいますが、VBAとは『Visual Basic for Application』の略で、『Microsoft Office』上で利用できる『Visual Basic』という言語のことです。

例えば、表から自動的にグラフを作成したり、データに対して複雑な計算をして結果を表示したりすることが、VBAで可能になります。

Declareステートメントとは、『ダイナミックリンクライブラリ(DLL)』と呼ばれる様々な機能を詰め込んだパッケージから機能を呼び出す時に使う構文です。

32bit版で動作していたVBAの中にDeclareステートメントが使われていた場合、そのままでは64bit版で動作しない場合があります。

このときは、

64bit版で動作できるように書き換える必要がある

のです。

Declareステートメントの場合は、書き換えさえすれば動作するようになりますが、

32bit版の『Microsoft Office』用に作成されたActiveXコントロールやCOMアドインを利用している場合、64bit版に対応したものがなければ、動作させることができません。

ActiveXコントロールやCOMアドインも、機能を追加することができるパッケージの一種だと考えてください。

それらが、他の会社や個人が作成したものであれば、64bit版への対応をしてもらえない限り、動作しないということになります。

 

はなこ
なかなか難しいわね。

でも、VBAなんて使っていないし、普通に利用しているだけなら64bit版の方がよさそうね。

昔は、64bit版に対応していないライブラリなんかが多くて32bit版が推奨されていたようだけど、最近はもう64bit版に対応できているものが多いんじゃないかな。
たろう

スポンサーリンク

まとめ

今回のポイントについて、まとめていきましょう。

ポイント

  • パソコンには、32bit CPUと64bit CPUの2種類があり、Windowsや『Microsoft Office』もそれぞれに対応した製品がある。
  • 32bit版Windowsには32bit版『Microsoft Office』しかインストールできないが、64bit版Windowsには32bit/64bit版のどちらでもインストールができる。
  • 処理が複雑でデータ量が多くなると、64bit版のほうが有利である。
  • 32bit版のライブラリを使っているとき、64bit版『Microsoft Office』ではそれらが使えない場合がある。

他社の製品で『Microsoft Office』に機能追加するようなアプリケーションを使っているのでなければ、64bit版を選択したほうがいいでしょう。

しかし、そのようなアプリケーションを利用している場合は注意が必要です。

関連記事

-ITの違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.