違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

キーボード

ITの違い

日本語配列キーボードと英語配列キーボードの違いをわかりやすく解説

投稿日:

キーボードの配列に、

  • 日本式
  • 英語圏式

があることを知っていますか?

 

はなこ
この間、キーボードを買ったんだけど、それが『英語配列』だったの。

慌てて店に行って交換してもらったわ。

『英語配列』のキーボードも慣れると便利らしいけどね。
たろう
はなこ
そもそも、『日本語配列』と『英語配列』ってなにが違うの?

 

今回は、キーボードの『日本語配列』と『英語配列』の違いについて解説します。

スポンサーリンク

キーボードの『日本語配列』と『英語配列』の違い

そもそも、キーボードの配列は国によって様々です。

日本語用の配列だけではありません。

中国語用、アラビア語用、キリル文字用など、様々な配列のキーボードが存在します。

『英語配列』は、その名の通り、

英語圏用として、キーボードに割り振られた英語や記号の配列

を意味しています。

日本語の場合、キーボードには日本語が割り振られることになりますが、実際には英語もいっしょに割り振られていますよね。

実は、『日本語配列』も『英語配列』も、英数字の配列は全く同じです。

 

それでは、どこに違いがあるのでしょうか。

『日本語配列』と『英語配列』の違いは次のようになります。

『日本語配列』と『英語配列』の違い

  • 記号の配置が違う。
  • 『日本語配列』には日本語変換用のキーがある。
  • キーのサイズや形状に違いがある。

『英語配列』のキー配置は次のようになっています。

英語配列

英語配列

『日本語配列』のキー配置は次のようになっています。

日本語配列

日本語配列

例えば、日本語配列で"["のキーは、英語配列では"]"が割りてられています。

文字を打ち込んでいる時に、

"["を打とうとして"]"が出力されてしまった

というような経験をしたことはないでしょうか?

キーボードの設定を『日本語配列』ではなく、『英語配列』にしていると、そのような現象が発生します。

このように、

『日本語配列』と『英語配列』では、記号の配置が異なります。

 

また、WindowsなどのOSには、日本語変換機能が付いています。

日本語変換機能を有効にするためのボタンとして

  • 『半角/全角』
  • 『無変換』
  • 『変換』
  • 『カタカナ ひらがな』

といった特別なキーが『日本語配列』キーボードには付いています。

『英語配列』の場合、日本語変換機能を使うことは想定していないので、当然これらのキーはありません。

キーのサイズや形状にも違いがあります。

『日本語配列』の場合、『Enter』キーは縦にも横にも大きいですが、『英語配列』の場合は、横に長いだけのものが一般的です。

その代わり、日本語変換機能用のキーがない分、

『英語配列』のほうが『スペース』キーが横に長い

という特徴があります。

 

はなこ
日本語変換機能は必須だから、『日本語配列』キーボードしか選択肢はないわね。
でも、ON/OFFスイッチを『全角/半角』キー以外に割り当てておけば、日本語変換機能は問題なく使えるよ。

だから、中には『英語配列』の方を好んで使っている人もいるんだよ。

たろう
はなこ
それって、何かメリットがあるのかしら?

 

『英語配列』のキーボードを使うメリット

『英語配列』のキーボードを使うメリットは、次のとおりです。

『英語配列』を使うメリット

  • 記号キーの並び方が分かりやすい。
  • 『BackSpace』キーや『スペース』キーが大きい。
  • キーの表記がシンプル。

『英語配列』を使う一番のメリットは、

記号キーの並び方が分かりやすい

という点でしょう。

『 [ 』と『 ] 』、『 { 』と『 } 』が横に並んでいてわかりやすく、似た記号である『 : 』と『 ; 』、『 " 』『 ' 』が同じキーに割り当てられている

という特徴もあります。

また、

『BackSpace』キーが横に長い

という特徴もあります。

『BackSpace』は頻繁に利用するので、キーが大きいのは意外に便利です。

同様の理由で

『スペース』キーが長い

というのもメリットになりますね。

逆に、

『Enter』キーは横長の大きさになります。

 

しかし、意外に横長の『Enter』のほうが使いやすい場合も多いです。

『日本語配列』のキーには、英語の他に『かな』も書かれているので、ごちゃごちゃした感じになります。

『英語配列』の場合は英語しか書かれていないのでシンプルです。

日本語入力をする時、かな入力を使う人はどのくらいいるでしょうか?

ほとんどの人は、ローマ字入力ではないでしょうか?

ほとんど見ることがない『かな』が書かれているのは、意外に邪魔に感じるものです。

 

はなこ
『英語配列』にもちゃんとメリットがあるのね。
特にプログラマは『英語配列』を好む人が多いみたいだね。

プログラムでよく使う文字の『 = 』キーが『シフト』キーなしで打てるかららしいね。

たろう
はなこ
『英語配列』のキーボードのままで使ってみてもよかったかも知れないな。

 

日本語環境の場合、キーボードも『日本語配列』であることを想定して設定されています。

そのため、『英語配列』を使う場合は、設定を変更するなどの作業が必要になります。

もし、『英語配列』を利用しようと考えている人は、その点に注意しましょう。

スポンサーリンク

まとめ

今回のポイントについて、まとめていきましょう。

ポイント

  • キーボードの配列には、利用される文字に応じて様々なタイプがある。
  • 『日本語配列』と『英語配列』の違いには、記号の配置、日本語変換用のキーの有無、キーのサイズや形状が挙げられる。
  • 『英語配列』には、記号の配置がわかりやすく、使いやすいキーの大きさや、表記がシンプルなどの利点がある。

『慣れれば使いやすい』

と言われる『英語配列』のキーボードを一度試してみてはいかがでしょうか。

関連記事

-ITの違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.