違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

キーボード

ITの違い

MacとWindowsのキーボードの違いをわかりやすく解説!使いやすいのは?

投稿日:

根強い人気のあるMacintosh。

ただ、Mac用のキーボードとWindows用のキーボードに違いがあることを知っていますか?

 

はなこ
この間、仕事でMacを使ったんだけど、キーボードがなじめなくて大変だったわ。
へえ、そんなに違いがあるんだ。
たろう
はなこ
文字を入力するところはだいたい同じなんだけど、特別キーが全然違うの。
僕もMacを使うことがあるかも知れないから、違いを把握しておきたいな。
たろう

 

今回は、MacとWindowsのキーボードの違いについて解説します。

スポンサーリンク

MacとWindowsのキーボードの違い

Macintosh(通称Mac)は、Apple社が販売しているパーソナル・コンピュータのことです。

ノートパソコンやデスクトップタイプなど、種類は様々あります。

OSとして、『Windows』ではなく『mac OS X』が利用されていることが、特徴です。

 

一般的に利用されているパソコンに比べると、独自の進化をしてきたこともあり、いくつかの違いがあって、キーボードにも違いがあります。

MacとWindowsのキーボードの違い

  • WindowsのCtrlキーは、Macではcommandキーである。
  • WindowsのAltキーは、Macではoptionキーである。
  • WindowsのBackSpaceキーは、Macではdeleteキーである。
  • 動作に割り当てられているキーが異なる。

 

例えば、コピー・ペーストを行う場合、Windowsではショートカットキーとして『Ctrl+c』と『Ctrl+v』が使われますよね。

Macの場合、コピーペーストのショートカットキーは、

『command+c』と『command+v』

になります。

つまり、

WindowsのCtrlにあたるキーが、Macではcommandキー

になるわけです。

また、

Altキーもよく使われるキーですが、Macではoptionキーがそれにあたります。

 

Windowsで、カーソルの左側の文字を消したい場合は、BackSpaceキーを使います。

しかし、

Macでは同じ操作をdeleteキーで行います。

ややこしいのですが、Windowsではdeleteキーは、カーソルの右側の文字を消しますよね。

Macには、Windowsのdeleteキーにあたるキーがありません。

 

いろいろな動作に、割り当てられているキーにも違いがあります。

例えば、ウィンドウを閉じたい場合、Windowsでは『Alt+F4』をよく利用しますね。

Macの場合、『command+q』で同様の操作ができます。

また、日本語入力をする時に使う『半角/全角』ボタンはMacにはありません。

『英数』『かな』『command+スペース』

が使われます。

 

はなこ
commandキーにoptionキーか。

あまりなじみがないから分かりにくい気がするわね。

deleteキーも慣れるまで時間がかかりそうに感じるね。
たろう

 

MacキーボードとWindowsキーボードはどちらが使いやすい?

MacとWindowsのどちらのキーボードのほうが使いやすいのでしょうか?

Windows愛用者が、Macのキーボードを使った時に使いづらいと感じるのは次の点です。

Macのキーボードの使いづらい点

  • deleteキーがひとつしかない。
  • ファンクションキーを使う場合にfnキーを押さなければならない。
  • 英語から日本語への切り替えと、日本語から英語への切り替えでキーが異なる。

 

逆に、Mac愛好者がWindowsのキーボードを使った時に、使いづらいと感じるのは次の点です。

Windowsのキーボードの使いづらい点

  • BackSpaceとdeleteキーが分かれている。
  • 英語・日本語の切り替えがひとつのキーである。
  • Ctrlキーの位置が遠い。
  • CapsLockキーを押しても大文字に切り替わらない(『Shift+CapsLock』で大文字に切り替わる)。

 

Macの場合、deleteキーでカーソルの左側、『fn+delete』でカーソルの右側が消去されます。

Windowsの場合、BackSpaceとdeleteキーで分かれています。

この違いが、違和感となって現れるようです。

また、Macの場合は、日本語への切り替えが『かな』、英語への切り替えが『英数』と別々です。

一方のWindowsの場合は、『半角/全角』キーひとつで切り替わります。

使いやすさについては、どちらもあまり大きな違いはありません。

それよりも、

慣れない環境による使いづらさ

のほうが、影響は大きいでしょう。

 

WindowsとMacを併用していたり、WindowsからMacに切り替えたような人のために、

キーの配置などを変更することが、Macではできるようになっています。

『システム環境設定』内の『キーボード』の項目を選択して、キー機能の割り当て(キーバインド)を変更すれば、Windowsに近い操作感覚に近づけることができるでしょう。

また、Windows上でMacに似たキーボード配置にするために、

enthumble

という無償のツールがあります。

もし、キーの配置が分かりにくい場合は、試してみることをおすすめします。

 

Macが採用したインターフェース

Macintoshが登場した1980年代の頃は、その先駆的なインターフェースが話題になりました。

今では当たり前となったマウスによるカーソル移動やクリックなどの操作は、Macintoshが登場したことにより、世の中に広まったのです。

Windowsのような

グラフィカル・ユーザー・インターフェース(GUI)が広まったのもMacintoshの普及が影響

しているでしょう。

 

ちなみに、当時のマウスは、ボタンがひとつしかありませんでした。

ダブルクリックなどの操作は、ボタンがひとつしかないために誕生した操作方法です。

キーボードも、使用頻度の高いキーが、タイピングしやすい位置に配置され、シンプルな外観が人気でした。

現在のWindowsでの操作は、Macintoshを参考にした部分が多くあります。

 

はなこ
昔のMacintoshは画面もモノクロですごくシンプルだったみたい。

見た目もかわいいのが多くて、それが人気になった原因でもあるようよ。

今ではiPhoneやiPadで人気のあるApple社だけど、昔はAppleといえばMacだったんだよね。
たろう

スポンサーリンク

まとめ

今回のポイントについて、まとめていきましょう。

ポイント

  • WindowsのCtrlキーは、Macではcommandキーである。
  • WindowsのAltキーは、Macではoptionキーである。
  • WindowsのBackSpaceキーは、Macではdeleteキーである。
  • WindowsとMacでは、動作に割り当てられているキーに違いがある。

WindowsからMacに切り替えることを検討している場合、

キー操作に違いがあること

に十分に注意しましょう。

関連記事

-ITの違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.