違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

インターネット

ITの違い

Bフレッツ/フレッツ光/フレッツ光ネクストの違いをわかりやすく解説

更新日:

光回線にもいろいろな種類があります。

NTT東日本・西日本が提供しているサービスも『Bフレッツ』や『フレッツ光ネクスト』など様々です。

 

はなこ
NTTフレッツ光 』を契約しようと思っているんだけど、『Bフレッツ』とか『フレッツ光ネクスト』とか、いろいろあってよく分からないのよね。
今だったら『フレッツ光ネクスト』になるんじゃないかな?
たろう
はなこ
そもそも、『Bフレッツ』と『NTTフレッツ光 』と『フレッツ光ネクスト』って何が違うの?

 

ということで、今回は『Bフレッツ』『NTTフレッツ光 』『フレッツ光ネクスト』の違いについて解説します。

スポンサーリンク

NTTフレッツ光 』とは?

NTTフレッツ光 』とは、NTT東日本・西日本が光回線を使って提供しているサービスの総称です。

光回線を利用したサービスには、いくつかのタイプがありますが、それを全てひっくるめて『NTTフレッツ光 』と呼んでいるわけです。

ですから、

『Bフレッツ』と『フレッツ光ネクスト』は『NTTフレッツ光 』の中にあるプランのひとつです。

フレッツ光70,000円キャッシュバックはこちら

フレッツ光の公式サイト

NTT東日本の場合、次のようなプランがあります(一戸建ての場合)。

『NTT東日本』の料金プラン

プラン 最大通信速度 月額料金
フレッツ 光ネクスト ギガファミリー・スマートタイプ 1Gbps 5,700円/月
フレッツ 光ネクスト ファミリー・ギガラインタイプ 1Gbps 5,400円/月
フレッツ 光ネクスト ファミリー・ハイスピードタイプ 受信200Mbps/送信100Mbps 5,200円/月
フレッツ 光ライト プラス 100Mbps 3,800円/月(3,000MBまで)
フレッツ 光ライト ファミリータイプ 100Mbps 2,800円/月(200MBまで)

『フレッツ 光ネクスト ギガファミリー・スマートタイプ』は、Wi-Fi無線ルータ付きのサービスになります。

また、『フレッツ 光ライト プラス』と『フレッツ 光ライトファミリータイプ』は2段階定額と呼ばれるサービスです。

データ使用量が、規定量を超えると月額料金が上がる仕掛け

になっています。

『フレッツ 光ライト プラス』の場合、3,000MBを超えると5,500円/月になり、『フレッツ 光ライト ファミリータイプ』は200MBを超えると5,800円/月になるわけです。

 

NTT西日本の場合、次のようなプランがあります(一戸建ての場合)。

『NTT西日本』の料金プラン

プラン 最大通信速度 月額料金
フレッツ 光ネクスト 1Gbps 5,940円/月
フレッツ 光ライト 100Mbps 3,520円/月(320MBまで)

『フレッツ 光ライト』は2段階定額で、データ使用量が規定の量の320MBを超えると10MBあたり30.8円ずつ上がり、上限は 6,600円/月となっています。

 

はなこ
『フレッツ光ネクスト』は、NTT東日本・西日本のサービスプランのひとつだということね。
でも、プランの中に『Bフレッツ』はないね。
たろう

フレッツ光70,000円キャッシュバックはこちら

フレッツ光の公式サイト

『フレッツ光ネクスト』と『Bフレッツ』の違い

LANケーブル

LANケーブル

『Bフレッツ』とは、2001年にNTT東日本がサービスを開始した光回線によるサービスです。

それに対して、

『フレッツ光ネクスト』は、2008年からNTT東日本・西日本で開始されたサービスです。

『フレッツ光ネクスト』のサービスを開始したことにより、

『Bフレッツ』の受け付けは2012年3月31日をもって終了しました。

また、

『Bフレッツ』のサービスそのものが、2020年1月31日に終了する予定になっています。

 

NTT東日本・西日本が、光回線の導入を始めたのは2000年のことです。

はじめは、東京都の一部の区と大阪市での試験サービスからスタート。

その後、2001年に

『ベーシックタイプ』『ファミリータイプ』『マンションタイプ』

としてサービスを開始しました。

そのサービスが『Bフレッツ』なのです。

 

『フレッツ光ネクスト』では、『Bフレッツ』で提供されたインターネット回線に加えて、

  • 光回線を利用したIP電話サービスである『ひかり電話』
  • 同じく光回線を利用して地デジやBSデジタル、スカパーが見られる『ひかりTV』

といったサービスも提供されています。

すでに『Bフレッツ』は受け付けをしていません。

なので、これから光回線を使いたい人は『フレッツ光ネクスト』を利用することになります。

また、現在『Bフレッツ』を利用している人は、

『フレッツ光ネクスト』に切り替えるか、『光コラボ』という、NTTドコモの『ドコモ光』など、他の業者が提供しているサービスに切り替える必要

があります。

 

はなこ
『Bフレッツ』はすでに受け付けを終了しているわけだから、もう気にする必要はないわけね。
NTTフレッツ光 』以外にも、『光コラボ』としてサービスを提供している業者があるみたいだから、そちらも調べてみるといいかもしれないね。
たろう

スポンサーリンク

まとめ

今回のポイントについて、まとめていきましょう。

ポイント

  • NTTフレッツ光 』とは、NTT東日本・西日本が光回線を使って提供しているサービスの総称である。
  • 『Bフレッツ』と『フレッツ光ネクスト』は、『NTTフレッツ光 』の中にあるプランのひとつである。
  • 『Bフレッツ』は2012年3月31日に受け付けを終了し、2020年1月31日にはサービスを終了する予定である。

光回線には、様々なタイプのサービスが提供されています。

毎月利用する程度を考慮して、最適なプランを選択するようにしましょう。

フレッツ光70,000円キャッシュバックはこちら

フレッツ光の公式サイト

関連記事

-ITの違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.