違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

国語辞典

その他の違い

喰と食の意味と違いをわかりやすく解説!正しい使い分け方とは?

投稿日:

『食事』

『食欲』

『主食』

など、

という漢字は、日常に欠かせない、身近にある漢字といえます。

『食』にまつわる言葉は、上記以外にもたくさんあります。

そして、『』という漢字と、とても似通っている字があります。

普段は、あまり目にすることのない

という漢字です。

『食』に比べて、『喰』を使った言葉は、あまり浮かびません。

では、よく似ている『食』と『喰』。

二つの漢字に、違いはあるのでしょうか?

『喰』の読み方は?その使い方は?

今回は『食』と『喰』、それぞれの違いを、詳しく紹介していきます。

スポンサーリンク

『食』『喰』それぞれの読み方と熟語

音読み

ショク、ジキ

訓読み

くう、くらう、た(べる)

熟語

食欲、食堂、会食、軽食、菜食、月食、日食など

音読み

シキ、ジキ

国字なので音読みはありません。

当て字として使う事があります。

訓読み

くう、くらう、はむ

 

『食』と『喰』の違い

『食』と『喰』は、共に食べ物を『食べる』ことを示す漢字です。

しかし一点、決定的に違う点があります。

『食』は漢字

『喰』は国字

国字とは、日本で作られた字で、現在の日本の基準となる、

常用漢字からは除外されています。

また、『食』に口を添えることにより、その動作性を強調した、『会意文字』です。

既成の象形文字を組み合わせることを、『会意』といい、会意によって造られた文字を、『会意文字』と呼びます。

 

『食』と『喰』!食べる目的や意味合いの違い

『食』も『喰』も、食べることを表す時に使う漢字です。

しかし、その食べるニュアンスには、違いがあります。

楽しむ為の『食』

『食』の代用的な熟語は『食事』です。

そして、それにまつわる言葉は、数多くあります。

  • 食卓
  • 夕食
  • 朝食
  • 軽食

など、そのどれもが、家族や仲間と一緒に『食』を楽しむ背景が見えてきますね。

『食』は、口で食べ物を咀嚼し、飲み込む動作を表すだけの、言葉ではありません。

豊かな生活をおくる現代人にとって、『食』とは、楽しむことなのです。

生きる為の『喰』

それに対し『喰』は、

生きる為の食事

を表す字になります。

 

『喰』という字の成り立ちは、物を食べる動作をより強調するため、食に口を添えて作られました。

そのことからわかるように、『喰』には、

 

自分の命を繋げる為に体に栄養を取り込む

 

という意味合いが込められ、作られた字です。

一般的には、人間が楽しく食事をする場面では使われません。

 

動物が食べ物を『喰う(くう)』

 

という表現で、使われる漢字です。

また、昔の読み物などで見かける言葉に、

 

禄を食む(ろくをはむ)

 

という言葉があります。

『禄』というのはお給料のことです。

『お給料を頂き生活をする』

という意味です。

昔の文献では、この『食む』という字が『喰む』と表現されていることがあります。

今ほど豊かではない時代に、働いて手にしたお金は、

生きる事に直結する為のもの

だったのでしょう。

そのことから『食む』を『喰む』と表現していたと考えられます。

 

『食』『喰』を使い分ける

『喰』は、常用漢字に載っていません。

そのため日常的に『喰』の字を目にしたり、使用する機会は、あまりありません。

ですが、敢えて『食』と『喰』を使い分けるとしたら、

 

はなこ
彼は美味しそうに弁当を食べる
ひろし
彼は生きる為に必死になって弁当を喰らい込む

 

このようになりますね。

 

『喰』を使った言葉

普段は、ほとんど目にすることのない『喰』。

どのような言葉で使われているのでしょうか。

調べてみると、

「そう言えば使われていた!」

という言葉がいくつかありましたので、紹介しておきます。

草喰(そうじき)

草を喰む。

自然から命を頂く。

馬喰(ばくろう)

牛や馬の仲介人。

漆喰(しっくい)

消石灰を主成分に、すさ(麻)、海藻などを混ぜて練り上げたもの。

 

現在の『日本橋馬喰町』は、江戸時代に馬喰が多く暮らしていた為、そのまま地名として残りました。

スポンサーリンク

まとめ

日本語には、読みは同じだけど、意味の違う漢字、

『同音異字』『同訓異字』

と呼ばれる漢字が存在します。

 

今回の『食』『喰』は、漢字と国字です。

そのため、『同音異字』や『同訓異字』とは、少し異なります。

しかし、

似て非なるもの

という意味合いでは同じです。

 

『食』と『喰』を比較すると、

食べ物を咀嚼し、飲み込む

という行動そのものは同じです。

しかし、

『食』には『楽しむ』という背景

『喰』には『生きる』という背景

があり、その点が大きな違いとなっています。

関連記事

-その他の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.