違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

インターネット

ITの違い

OCN光withフレッツとOCN光の違いをわかりやすく解説!速度や料金をチェック

投稿日:

『光コラボレーション』という言葉を知っていますか?

『光コラボレーション』とは、

事業者がNTT東日本・西日本から光回線を借り入れて、独自のサービスを提供する仕組み

のことです。

 

はなこ
『光コラボレーション』もいろいろなタイプがあるわよね。

『OCN光』もそうじゃなかったっけ?

『OCN光withフレッツ』のことだよね。
たろう
はなこ
『OCN光withフレッツ』って何?
えっ、『OCN光』と同じ意味じゃないの?
たろう

 

ということで、今回は『OCN光withフレッツ』と『OCN光』の違いについて解説します。

スポンサーリンク

『OCN光withフレッツ』と『OCN光』の違い

『OCN光withフレッツ』と『OCN光』、似たような名前ですが、違いはあるのでしょうか?

『OCN光withフレッツ』とは?

『NTT東日本・西日本』が提供する光回線に、プロバイダとして『NTTコミュニケーションズ』の運営する『OCN』を選択したサービス

のことです。

『NTT東日本・西日本』が提供する光回線サービス『フレッツ光』では、プロバイダを複数の業者から選択することができます。

そのプロバイダの中に、『NTTコミュニケーションズ』が運営している『OCN』があります。

この『OCN』を選択した場合のサービスが『OCN光withフレッツ』になるわけです。

 

光回線サービスは、『NTT東日本・西日本』と契約して利用することになります。

それに対して、プロバイダ契約は『NTTコミュニケーションズ』と結びます。

つまり、

『NTT東日本・西日本』と『NTTコミュニケーションズ』の2社と契約する

ことになるわけです。

よって、月額料金も2社から請求されることになります。

 

『OCN光』とは?

『NTTコミュニケーションズ』が『光コラボレーション』として光回線とプロバイダを提供するサービス

のことです。

『NTTコミュニケーションズ』は、『光コラボレーション』モデルにより『NTT東日本・西日本』から光回線を借用してサービスを提供しています。

そのため、『NTTコミュニケーションズ』から光回線とプロバイダの両方の契約をすることも可能です。

この場合は、

『NTTコミュニケーションズ』1社と契約する

ことになります。

 

はなこ
簡単に言えば、契約先が2社になるか1社になるかの違いということね。
『OCN光withフレッツ』は『NTT東日本・西日本』と『NTTコミュニケーションズ』の2社と、『OCN光』は『NTTコミュニケーションズ』1社と契約するということか。

なんだか、ややこしいな。

たろう

 

『OCN光withフレッツ』と『OCN光』の通信速度

LANケーブル

LANケーブル

『OCN光withフレッツ』と『OCN光』では、通信速度に差はあるのでしょうか?

結論から言うと、

通信速度に差はありません。

『光コラボレーション』によって、『NTTコミュニケーションズ』は『NTT東日本・西日本』から光回線を借用しています。

つまり、

利用する回線はどちらも同じ

ということです。

通信速度に差がないのは当然ですね。

どちらの場合も、最大通信速度は1Gbpsになります。

しかし、

契約するタイプによっては最大通信速度が小さくなることもある

ので注意が必要です。

例えば、『フレッツ光ライト』の場合、通常より月額料金を安く抑えることができる代わりに、最大通信速度は100Mbpsに制限されます。

 

『OCN光withフレッツ』と『OCN光』の料金

次に、『OCN光withフレッツ』と『OCN光』の料金について比較してみましょう。

OCN光withフレッツ OCN光
NTT東日本 NTT西日本
一戸建て 6,100円/月 5,400円/月 5,100円/月
集合住宅 4,150~4,900円/月 3,660~4,760円/月 3,600円/月

『OCN光withフレッツ』の場合、光回線の利用料とプロバイダ料金は別々ですが、表の中では合算した金額を載せています。

また、『NTT東日本・西日本』の場合、集合住宅での金額は、その住宅内で契約している世帯の数によって若干の違いがあります。

表を見ると、

『OCN光』の方が若干安くなっています。

『OCN光』の場合、キャッシュバックなどのキャンペーンを行うことも多く、さらに月額料金を安くすることも可能です。

『OCN光withフレッツ』ではキャンペーンは行われないため、

『OCN光』の方がお得である

といえるでしょう。

 

はなこ
なるほど、回線の速度に差がないのなら、月額料金の安い『OCN光』の方が断然お得ね。
でも、『NTT東日本・西日本』の場合、『フレッツ光ライト』というタイプもあるんだ。

そんなに大量のデータをやり取りするのでなければ、『フレッツ光ライト』を選択することで月額料金を安くすることも可能だよ。

たろう

 

『NTT東日本』の場合、『フレッツ光ライト』として、『フレッツ光ライト プラス』と『フレッツ光ライトファミリータイプ』の2種類のサービスがあります。

これらは、2段階定額と呼ばれるサービスで、

データ使用量が規定量を超えると月額料金が上がる仕掛け

になっているのです。

『フレッツ 光ライト プラス』の場合、月額料金は5,010円(プロバイダに『OCN』を選んだ場合)ですが、データ使用量が3,000MBを超えると6,710円になります。

『フレッツ 光ライト ファミリータイプ』は、月額料金が4,010円ですが、200MBを超えると7,010円/月になります。

『NTT西日本』にも2段階定額サービスとして『フレッツ光ライト』があり、こちらは1種類だけです。

月額料金は4,730円ですが、データ使用量が規定の量の320MBを超えると10MBあたり30.8円ずつ上がり、上限は 7,810円/月となっています。

スポンサーリンク

まとめ

今回のポイントについて、まとめていきましょう。

ポイント

  • 『OCN光withフレッツ』は、『NTT東日本・西日本』が提供する光回線に、プロバイダとして『NTTコミュニケーションズ』の運営する『OCN』を選択したサービスのことである。
  • 『OCN光』は、『NTTコミュニケーションズ』が『光コラボレーション』として光回線とプロバイダを提供するサービスのことである。
  • 『OCN光withフレッツ』と『OCN光』で、通信速度に差はない。
  • 同じ最大通信速度という条件では、『OCN光』の方が『OCN光withフレッツ』よりも安い。

選択するプランによって、通信速度などの条件や料金は変わります。

自分のスタイルに合わせて、かしこく選択するようにしましょう。

関連記事

-ITの違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.