違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

LANケーブル

ITの違い

有線LANと無線LANの違いをわかりやすく解説!メリットとデメリットを紹介

投稿日:

インターネットの普及により、家庭でもLANを構築するのが当たり前となってきました。

 

はなこ
スマホを利用するからWi-Fiルーターを使っているんだけど、パソコンは『有線LAN』なのよね。

『無線LAN』に切り替えたほうがいいのかな?

通信速度は『有線LAN』の方が速いって聞いたことがあるから、そのままの方がいいんじゃないかな?
たろう
はなこ
『有線LAN』と『無線LAN』ってどれくらい違いがあるのかな?

 

今回は、『有線LAN』と『無線LAN』の違いについて調べ、それぞれのメリットとデメリットを解説します。

スポンサーリンク

『有線LAN』と『無線LAN』の違い

そもそも、『LAN』とはどういったものなのでしょうか?

『LAN(Local Area Network)』とは、

ある限られた区域の中(例えば職場内や家庭内など)で用いられるネットワーク

のことを表します。

 

かつては、LANを構築するための方式に様々なものがありました。

例えば、IBMが開発した『トークンリング』や、データポイント社が提案した『アークネット』などが挙げられます。

 

しかし、

現在、LANといえば『イーサネット』規格を利用するのが一般的となりました。

また、プロトコル(通信手順の規格)としては『TCP/IP』が採用されています。

 

『LAN』が普及し始めた頃は、LANケーブルを使って機器を接続する、いわゆる『有線LAN』しかありませんでした。

それに対して『無線LAN』は、その名の通り、無線通信によってデータの送受信を行うネットワークのことを指します。

そのため、規格も『イーサネット』ではなく、

『IEEE 802.11』という新たなものが採用されました。

しかし、プロトコルは『有線LAN』と同じ『TCP/IP』を利用します。

 

『有線LAN』と『無線LAN』の違いは、次のようになります。

『有線LAN』と『無線LAN』の違い

  • 『有線LAN』は、LANケーブルにより機器を接続するのに対し、『無線LAN』は無線通信を使ってデータの送受信を行う。
  • 『有線LAN』には、規格として『イーサネット』が広く使われているのに対し、『無線LAN』では『IEEE 802.11』という規格が使われている。

 

『有線LAN』と『無線LAN』のメリット・デメリット

無線LAN

無線LAN

『有線LAN』と『無線LAN』のメリット・デメリットには、何があるでしょうか?

まずは、『有線LAN』のメリット・デメリットについて調べてみましょう。

『有線LAN』のメリット

  • 『無線LAN』よりも通信速度が速い。
  • 通信が安定している。
  • 外部から侵入されるリスクが低い。

まず、

一般的には『有線LAN』の方が『無線LAN』よりも通信速度が速い

という特徴があります。

現在では、光回線の普及により家庭でも最大1Gbpsの通信速度というのが一般的になってきました。

また、さらに高速な10Gbpsという通信速度を持った機器もあります。

高速な通信を行う必要がある場合、『有線LAN』の方が有利になります。

物理的に接続された状態になるので、

通信が安定している

という特徴もあります。

信号がケーブル内を流れていることから、外部に信号が漏れることもないので、

外部から侵入されるリスクが低い

のもメリットのひとつと言えるでしょう。

 

『有線LAN』のデメリット

  • LANケーブルが必要になるので、配線が面倒で、見た目もスッキリしない。
  • スマホやタブレットはLANポートがないため接続できない。

『有線LAN』のデメリットとしてまず挙げられるのが、LANケーブルが必要になる点でしょう。

配線が必要になるため、接続する機器が増えると作業は大変になります。

また、

ケーブルがたくさんになると、見た目もスッキリしないことになるでしょう。

さらに、

スマホやタブレットはLANポートがないため、『有線LAN』での接続はできません。

スマホやタブレットをネットワーク接続したければ、『無線LAN』しか選択肢はないことになります。

 

『無線LAN』のメリット

  • LANケーブルを配線する必要がなく、見た目もスッキリする。
  • ノートパソコンなど、持ち運びをするような場合にケーブルの抜き差しが不要。
  • スマホやタブレットが接続できる。

『無線LAN』を利用する一番のメリットは、

LANケーブルの配線が不要である

という点です。

接続する機器が増えても配線といった作業は不要で、見た目もスッキリするでしょう。

また、ノートパソコンなどをいろいろな場所で利用したい場合、

簡単に持ち運びができる

というメリットもあります。

スマホやタブレットは『無線LAN』しか選択肢はないので、それらをネットワーク接続したければ『無線LAN』が必須となります。

 

『無線LAN』のデメリット

  • 『有線LAN』よりも通信速度が遅い。
  • 電波が届かなくなるなど、場所によっては通信が不安定になる。
  • 外部から不法侵入される可能性がある。
  • パソコンなどの機器が『無線LAN』に対応していない場合がある。

まず、

『有線LAN』と比較すると通信速度が遅い

という点が挙げられます。

これについては補足すると、現在『無線LAN』の規格の中で、最大の通信速度は6.9Gbps(IEEE 802.11acの場合)となっています。

通常、家庭内で利用する光回線の最大通信速度は1Gbpsなので、『無線LAN』でも十分な速さであることになります。

家庭内で、10Gbpsに対応したネットワーク機器をそろえて、各ネットワーク機器内の通信速度を10Gbpsにしなければならないことは、まずないでしょう。

なので、

無線LANの通信速度については、現在ではあまりデメリットにならない

といえます。

『無線LAN』を利用する上でのデメリットとしては、通信速度より通信の安定性のほうが問題です。

遮蔽物などによって電波は弱くなりますし、電子レンジなどの電磁波と干渉を起こす場合もあります。

また、

電波は外部にも発信されていますから、外から不法侵入される可能性もあります。

パスワードで保護するようになっていますが、それが破られない保証はありません。

スマホやタブレットが『有線LAN』に対応していないように、パソコンが『無線LAN』に対応していない場合もあります。

特に、デスクトップパソコンは『無線LAN』に対応していない場合が多く、このときは『有線LAN』しか選択肢はありません。

 

はなこ
『無線LAN』の場合、やっぱりいろんな場所でネットワーク接続が簡単にできるのがメリットよね。
わざわざLANケーブルを配線する必要もないのは便利だね。

しかし、外部から不法侵入される可能性もあるから、セキュリティには気をつけておくべきだね。

たろう

スポンサーリンク

まとめ

今回のポイントについて、まとめていきましょう。

ポイント

  • 『有線LAN』と『無線LAN』では、ケーブルの有無と『イーサネット』『IEEE 802.11』という規格の違いがある。
  • 『有線LAN』は、通信が安定し、外部から侵入されるリスクが少ない。
  • 『有線LAN』は、ケーブルを配線しなければならない点がデメリットとして挙げられる。
  • 『無線LAN』は、ケーブルを配線しなくても、いろいろな場所でネットワーク接続ができるというメリットがある。
  • 『無線LAN』は、場所によっては通信が不安定になり、外部から不法侵入されやすいというデメリットがある。

『有線LAN』も『無線LAN』も、それぞれにメリット・デメリットがあります。

それぞれのメリットを活かした選び方を心がけましょう。

関連記事

-ITの違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.