違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

無線LAN

ITの違い

無線の『a』と『g』の違いをわかりやすく解説!回線速度をチェック

投稿日:

無線LANを使う時に、いろいろな規格があって、よく分からないことはありませんか?

 

はなこ
無線LANの規格って、『IEEE 802.11b/a/g/n』とか書いてあるじゃない。

あれって、何を意味しているんだろう?

通信規格らしいんだけど、僕もよく知らないな。
たろう
はなこ
いったい、どれを選べば一番いいのかしらね?

 

ということで、今回は無線LANに使われているa、gなどの記号の意味について解説します。

スポンサーリンク

無線LANの規格『IEEE 802.11b/a/g/n』の違い

そもそも『IEEE 802.11』とはいったい何でしょうか?

『IEEE 802.11』とは、無線LANの通信について定められた規格のことです。

この規格は、電気通信関連の仕様を標準化する団体『米国電気電子学会(IEEE)』によって定められた国際標準となっています。

通信の高速化を目的に、規格には複数の世代があり、それらにaやgなどの記号が付けられているわけです。

『IEEE 802.11』には現在、次のような規格があります。

『IEEE 802.11』一覧

規格 策定時期
IEEE 802.11b 1999年10月
IEEE 802.11a 1999年10月
IEEE 802.11g 2003年6月
IEEE 802.11n 2009年9月
IEEE 802.11ad 2013年1月
IEEE 802.11ac 2014年1月
IEEE 802.11ax 2020年6月予定

1999年10月に定められた『IEEE 802.11b』が、最初の無線LAN規格ということになります。

最新の規格は、『IEEE 802.11ax』で、正式には2020年6月に成立する予定ですが、

すでに対応しているWi-Fiルーターが販売されています。

 

はなこ
策定時期によって記号で分けられているということね。
策定時期が違うことはわかったけど、他に違いはないのかな?
たろう

 

『IEEE 802.11』の規格による通信速度・周波数帯の違い

インターネット

インターネット

では、それぞれの規格で何が異なるのでしょうか?

大きく分けて、

通信速度と周波数帯に違いがあります。

『IEEE 802.11』の通信速度・周波数帯

規格 通信速度 周波数帯
IEEE 802.11b 11Mbps 2.4GHz
IEEE 802.11a 54Mbps 5GHz
IEEE 802.11g 54Mbps 2.4GHz
IEEE 802.11n 300Mbps 2.4GHz/5GHz
IEEE 802.11ad 6.7Gbps 60GHz
IEEE 802.11ac 6.9Gbps 5GHz
IEEE 802.11ax 9.6Gbps 2.4GHz/5GHz

通信速度は、値が大きいほうが通信が速いことになります。

後に策定された規格のほうが、通信速度が上がっていることが分かりますね。

周波数帯は、利用している電波の帯域を表しています。

現在、2.4GHz、5GHz、60GHzの3種類がありますが、それぞれの周波数帯には、次のような特徴があります。

周波数帯の特徴

周波数帯 特徴
2.4GHz 障害物に強いが、電子レンジなどの電磁波と干渉しやすい。
5GHz 障害物に弱いが、電波干渉は受けにくい。
60GHz 短距離での高速通信に最適。

『IEEE 802.11b』や『IEEE 802.11g』などで使われる2.4GHzは

障害物に強いため、例えば別の部屋にWi-Fiルーターがあった場合でも通信が不安定になりにくい

というメリットがあります。

しかし、

電子レンジや無線キーボード・マウス、bluetoothなど、電磁波や他の無線との干渉が起きやすい

ことがあるので、注意が必要です。

 

それに対して、『IEEE 802.11a』や『IEEE 802.11ac』で利用されている5GHzは

電波干渉が起きにくい

というメリットがある反面、

障害物に弱い

というデメリットがあります。

 

『IEEE 802.11a』と『IEEE 802.11g』には通信速度に違いはなく、どちらも54Mbpsです。

違いは周波数帯にあって、

『IEEE 802.11a』の場合は5GHz、『IEEE 802.11g』の場合は2.4GHz

です。

なので、別の部屋で無線LANを使いたいのであれば『IEEE 802.11g』を、電波干渉が気になる場合は『IEEE 802.11a』を選択するといいでしょう。

 

これだけ種類があると、いったいどれを選べばいいのか分からなくなりますよね。

基本的に、規格は策定時期の新しいものを選んだほうが通信速度は上がるため有利になります。

したがって、選択できるのであれば『IEEE 802.11ax』を使うのがベストになります。

しかし、古い機器を利用しているときなど、新しい通信規格に対応していない場合があります。

その場合は、対応できる最も新しい規格を利用するようにしましょう。

Wi-Fiルーターは、たいてい複数の規格に対応しています。

よく、無線LAN規格として『IEEE 802.11b/a/g/n』などと書かれているのを見かけたことがあるでしょう。

もし、これからWi-Fiルーターを購入するのであれば、最新の規格に対応したものを購入することをおすすめします。

 

はなこ
それぞれの規格には、通信速度と周波数帯に違いがあるわけね。
最新は『IEEE 802.11ax』だね。

Wi-Fiルーターは、この規格に対応している製品を選ぶのがベストということだね。

たろう

スポンサーリンク

まとめ

今回のポイントについて、まとめていきましょう。

ポイント

  • 『IEEE 802.11』とは、無線LANの通信規格のことである。
  • 『IEEE 802.11』には、策定時期によって、『IEEE 802.11b/a/g/n/ac/ad/ax』という7つの規格がある。
  • それぞれの通信規格は、通信速度と周波数帯が異なる。
  • 『IEEE 802.11a』と『IEEE 802.11g』の違いは周波数帯であり、前者は5GHz、後者は2.4GHzである。

無線LANを利用する際には、Wi-Fiルーターを正しく選ぶことが重要になります。

対応している無線LAN規格をよく確認してから購入するようにしましょう。

関連記事

-ITの違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.