違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

パラボラアンテナ

その他の違い

アマチュア無線4級と3級の違いをわかりやすく解説!難易度をチェック

投稿日:

『アマチュア無線』について、どの程度知っているでしょうか?

 

はなこ
『アマチュア無線』ってあるじゃない。

あれって、いったいどういうものなの?

簡単に言えば、趣味で無線機やアンテナなんかを手作りして、他の人たちと交信して楽しむことだよ。

でも、勝手に無線を使うことはできないんだ。

たろう
はなこ
何か資格を取らなければいけないということ?

 

今回は、『アマチュア無線』の『4級』と『3級』の違いについて解説します。

スポンサーリンク

アマチュア無線技士資格

『アマチュア無線』を楽しむためには、『アマチュア無線技士資格』という資格を取らなければなりません。

『アマチュア無線技士資格』とは、

金銭上の利益のためでなく、もっぱら個人的に無線技術に興味を持ち、正当に許可された者が行う自己訓練、通信及び技術的研究の業務

を行うための資格を意味します。

 

つまり、警察や消防、またはタクシーなどで使われているような業務用無線は該当しません。

アマチュアとは、

素人という意味ではなくて、個人的趣味

という意味でとらえたほうが分かりやすいでしょう。

したがって、『アマチュア無線技士資格』を持っていても、業務で無線を利用することはできません。

 

ちなみに、業務で無線を利用する場合は、『無線従事者免許』を持っている人を配置する必要があります。

例えばタクシー・ドライバーが免許を持っていなくても、司令局にいる人が免許を持っていれば問題はありません。

また、出力が5W以下のいわゆる『簡易無線』と呼ばれる機器であれば、資格がなくても利用することができます。

しかし、所有するためには『無線局免許状』の申請をする必要があります。

 

『アマチュア無線技士資格』には1級から4級までがあり、それぞれ利用できる機器の周波数帯や電力が決まっています。

『アマチュア無線技士資格』一覧

第4級アマチュア無線技士
  1. 空中線電力10W以下の無線設備で21MHzから30MHzまでまたは8MHz以下の周波数の電波を使用するもの
  2. 空中線電力20W以下の無線設備で30MHzを超える周波数の電波を使用するもの
第3級アマチュア無線技士 空中線電力50W以下の無線設備で18MHz以上または8MHz以下の周波数の電波を使用するもの
第2級アマチュア無線技士 空中線電力200W以下の無線設備
第1級アマチュア無線技士 制限なし

もちろん、第4級が最も簡単に取得できて、第1級が取得が最も難しい資格となります。

 

『アマチュア無線技士資格』の『4級』と『3級』の違い

telecommunication tower

telecommunication tower

『第4級』と『第3級』では、

操作できる機器に違いがあること

が分かりました。

それでは、他に何が違うのでしょうか?

まずは試験の形式を比較してみましょう。

『第4級』と『第3級』の試験の比較

第3級 第4級
受験資格 特になし
試験時間 70分 60分
出題形式 マークシート
試験科目 ①無線工学 ②法規
問題数 無線工学 14問/法規 16問 無線工学 12問/法規 12問
合格基準 70点満点中45点以上(無線工学)
80点満点中55点以上(法規)
60点満点中40点以上(無線工学)
60点満点中40点以上(法規)

『第3級』の方が問題数が多いですが、それほど違いはないですね。

それでは、出題範囲を比較してみましょう。

『第3級』の出題範囲

無線工学

  1. 無線設備の理論、構造及び機能の初歩
  2. 空中線系等の理論、構造及び機能の初歩
  3. 無線設備及び空中線系等のための測定機器の理論、構造及び機能の初歩
  4. 無線設備及び空中線系並びに無線設備及び空中線系等のための測定機器の保守及び運用の初歩

法規

  1. 電波法及びこれに基づく命令の簡略な概要(モールス符号の理解を含む)
  2. 通信憲章、通信条約及び無線通信規則の簡略な概要

『第4級』の出題範囲

無線工学

  1. 無線設備の理論、構造及び機能の初歩
  2. 空中線系等の理論、構造及び機能の初歩
  3. 無線設備及び空中線系の保守及び運用の初歩

法規

  1. 電波法及びこれに基づく命令の簡略な概要

出題範囲での大きな違いは、

『第3級』ではモールス信号が出題される

という点です。

また、

国際法規に関する問題も出題される

ので、勉強しなければならない範囲は『第3級』のほうが増えるということになります。

 

『第3級』と『第4級』の難易度は、

どちらもそれほど変わりがない

と言われています。

難易度が跳ね上がるのは、『第2級』からですね。

なので、出題範囲が『第3級』の方が広いとはいうものの、『第4級』を受けずにいきなり『第3級』を受ける人もいます。

受験に必要な費用は、だいたい5,000円程度なので、

自信があるのであれば『第3級』から受験する

という手もあります。

 

はなこ
『第4級』も『第3級』も難易度はそれほど変わらないみたいね。
でも、モールス信号の出題があるから、覚えなければならない範囲は増えるよね。
たろう

スポンサーリンク

まとめ

今回のポイントについて、まとめていきましょう。

ポイント

  • 『アマチュア無線技士資格』とは、非営利な目的で通信及び、技術的研究の業務を行うための資格を意味する。
  • 『アマチュア無線技士資格』には、『第1級』から『第4級』までの区分けがある。
  • 『第3級』では『第4級』と比較して、モールス信号と国際法規に関する問題が出される。

電波を利用した機器を自分で製作したい場合は、『アマチュア無線技士資格』は必須となります。

趣味で行いたい人は、必ず受験するようにしましょう。

関連記事

-その他の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.