違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

肉BBQ

食べ物の違い

カルビとロースの違いをわかりやすく解説!味や部位をチェック!

投稿日:

日本人の国民食の1つといってもいい『焼肉』。

言葉を聞くだけで胸躍る人も多いでしょう。

家庭でも外食としても、またバーベキューという形でも楽しめる焼肉は、満足感をもたらしてくれます。

そんな焼肉で人気の部位に入るのが、

  • カルビ
  • ロース

でしょう。

ただ、例えば焼肉店で、カルビやロースを注文するときに、

その違いをしっかり意識して注文していますか?

なんとなく注文しても悪くはありませんが、違いをわかっていれば、より焼き肉を楽しめます。

そこで、この記事で、カルビとロースの違いについて知っておきましょう!

メモ

この記事では、すべて牛肉についての説明となります。

スポンサーリンク

カルビとロースの語源の違い

BBQ2枚目

BBQ2枚目

まず、カルビとロースそれぞれの語源を説明します。

カルビの語源

カルビの語源は、

あばら骨を意味する韓国語

です。

そこから、

あばら骨周辺のお肉のことをカルビ

と称するようになりました。

ロースの語源

ロースの語源は

『炙り焼きにする』『蒸し焼きにする』といった意味がある、英語の『ロースト(roast)』

からきています。

 

カルビとロースの味の違い

カルビとロースの基本的な味の違いについて解説します。

カルビの味

カルビは、見た目に

大胆なサシ(脂肪)が入っていて、そのサシによる脂の旨味

に特徴があります。

濃厚なお肉の味わいを求めるならカルビです。

ロースの味

ロースもサシは入っていますが、

サシのきめが細かい

のが特徴です。

肉質も柔らかく肉と脂の甘みのバランスもよく取れています。

サシの量が少ない分、

カルビよりはヘルシー

といえます。

 

カルビとロースの部位の違い

牛の部位

カルビとロースの部位の違いについて解説します。

また、もう少し細かく分類した場合の呼び方についても解説します。

カルビの部位

カルビの部位は、語源にもある通り、あばら骨周辺にあるお肉のことを指します。

具体的な場所を知るために、牛を横から見た図を想像してください。

胴体の半分より下の、お腹回りのお肉のこと

をカルビといいます。

カルビを細かく分ける

さらにカルビは

  • 肩に近い『肩バラ』
  • それ以外の『トモバラ』

の大きく2つにわけられます。

また、肩バラの中でも

三角バラ

は、特においしいとされています。

ここは、特上カルビとして使われることが多いです。

トモバラは、さらに

  • 背中側の『ナカバラ』
  • お腹側の『ソトバラ』

に分けられます。

なお、『中落カルビ』や『カイノミ』はナカバラに属し、『ササバラ』はソトバラの中に含まれています。

ロースの部位

ロースの部位は、肩から腰にかけての背中の肉のことを指します。

これも、牛を横から見た図を想像してください。

その

胴体の半分より上のお肉で、肩から腰の間にある部分のこと

をロースといいます。

 

なお、カルビはあばら骨が語源で、語源と部位に関連性があります。

しかし、ロースの語源は『焼く』ということなので、語源と部位に密接な関連はありません。

ですが、ロースといえば今述べた通りの部位を指します。

ロースを細かく分ける

ロースは、さらに3つに大別されます。

  • 肩に近い部分を『肩ロース』
  • 腰に近い部分を『サーロイン』
  • 肩ロースとサーロインの間の部分を『リブロース』

と呼びます。

また、『ザブトン』と呼ばれる貴重な部位は肩ロースに含まれます。

 

カルビとロースの肉質の違い

カルビとロースの肉質の違いについて、説明していきます。

カルビは、

『肩バラ』

『ナカバラ』

『ソトバラ』

ロースは、

『肩ロース』

『リブロース』

『サーロイン』

にわけて説明します。

肩バラの肉質

肉質はやや硬め。

焼肉では、スライスして焼くのが一般的です。

脂の甘さも肉の味もしっかりしていて、多少硬いぶん、

歯ざわりの良い食感を楽しめます

ナカバラの肉質

ソトバラよりはサシが少なめ

ですが、その分ソトバラよりもしっかりした食感があります。

サシと赤身の部分のバランスがよく、濃厚な味わいを楽しめます。

ソトバラの肉質

ナカバラよりもサシの割合が多く、

非常にジューシーで脂の旨味を堪能できます。

焼いたときにいい香りがするのも特徴です。

肩ロースの肉質

肩ロースは、

きめの細かい肉質

が大きな特徴です。

サシも適度にあって風味も優れています。

ただし、リブロースやサーロインと比べると

やや筋っぽいので薄切りで使用する

のが適切です。

リブロースの肉質

リブロースは肩ロースから続く部分のため、

肉質もきめの細かい状態が続いています

その上でサシもよく入っているので幅広い料理に利用されます。

サーロインの肉質

サーロインの『サー』はナイトの称号です。

その称号を与えられるほどの味・香り・食感がすぐれています。

赤身とサシのバランスが程よく柔らかい食感

が楽しめます。

ステーキでの使用が多いです。

スポンサーリンク

おわりに

カルビとロースについて、語源・部位・味・肉質についてまとめました。

どちらもそれぞれに牛肉の旨さを味わえる部位といえます。

脂の濃厚な味わいを求めるならカルビでしょう。

きめの細かい肉質を楽しみ、ヘルシーさも求めるならロースでしょう。

これまで述べてきた特徴を踏まえると、その時の自分の気分にあったお肉を選択することができます。

気分にマッチした食材が食事をより楽しくするのは間違いありません。

焼肉店での食事や、スーパーでのお買い物の際には、ぜひこの違いを再確認してみてはいかがでしょうか。

関連記事

-食べ物の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.