違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

無線LAN

ITの違い

WiMAXとWiMAX2とWiMAX2+の違いをわかりやすく解説!速度をチェック

投稿日:

最近、モバイル通信でよく使われる『WiMAX』。

いったいどのようなものか知っていますか?

 

はなこ
『WiMAX』ってよく聞くけど、『WiMAX2』だとか『WiMAX2+』というのもあるわよね。

いったい、どこが違うのかな?

僕もよく知らないんだ。

でも、『WiMAX2+』というくらいだから、これが一番最新なんじゃないのかな。

たろう

 

今回は、『WiMAX』『WiMAX2』『WiMAX2+』について調べ、その違いを解説します。

スポンサーリンク

『WiMAX』『WiMAX2』『WiMAX2+』の違い

『WiMAX』『WiMAX2』『WiMAX2+』それぞれについて調べてみましょう。

『WiMAX』とは?

『Worldwide Interoperability for Microwave Access』の略で、『IEEE 802.16』規格に従った無線通信技術のひとつ

のことです。

『IEEE 802.16』の中には2種類の規格があり、

  • 場所を固定して利用する固定通信の『IEEE 802.16-2004』
  • 携帯電話やスマホ、タブレットなど、移動端末に用いられる通信の『IEEE 802.16e』

に大きく分けられます。

世界共通で利用することのできる無線技術で、日本では『UQコミュニケーションズ』が通信サービスを管理・提供しています。

『IEEE 802.16-2004』は、その名の通り、2004年に策定された規格であり、『IEEE 802.16e』は2005年に策定され、『モバイルWiMAX』とも呼ばれています。

 

『WiMAX2』とは?

『WiMAX』の後継規格で、『IEEE 802.16m』として策定された第4世代移動通信システムの一つ

のことです。

『IEEE 802.16m』は、2011年に策定された、『WiMAX』よりも新しい通信技術です。

第4世代移動通信システム(4G)のひとつであり、他には『LTE-Advanced』などを挙げることができます。

 

では、『WiMAX2+』とはいったい何でしょうか?

実は、『WiMAX2+』は『WiMAX2』と同義語になります。

両者には違いはありません。

一般的には、『WiMAX2+』の方が多く使われていますね。

なので、以降は『WiMAX』と『WiMAX2+』について比較をしていきます。

 

はなこ
『WiMAX2』と『WiMAX2+』は同じ意味ということね。
WiMAX2+』の方が新しい技術だから、当然通信速度も速くなっているんだろうね。
たろう

DTI WiMAX 2+ ギガ放題プラン

WiMAX2+を使って見る

『WiMAX』と『WiMAX2+』の通信速度

インターネット

インターネット

『WiMAX』と『WiMAX2+』で、規定にある通信速度を比較すると、次のようになります。

見出し(全角15文字)

WiMAX WiMAX2+
上り 28Mbps 56Mbps
下り 64Mbps 160Mbps以上

単純に比較して、

WiMAX2+』の方が『WiMAX』よりも速くなっていますね。

 

そして、『WiMAX2+』の場合、上記の通信速度はあくまで必須のラインとなっています。

目標の速度はさらに速く、上りで112Mbps、下りで300Mbps以上としています。

 

では、実際の通信速度はどうなっているでしょうか?

『WiMAX』の提供を開始したのは2009年からです。

そして、2018年には『WiMAX』の提供は終了しました。

つまり、現在は『WiMAX』といえば全て『WiMAX2+』であることを意味しています。

現在稼働している『WiMAX2+』の通信速度は、上りで30Mbps、下りで558Mbpsです。

上りについては必須ラインに到達していませんが、下りの方は目標を上回っています。

これだけの通信速度があれば、たいていの場合は問題はないでしょう。

 

気をつけなければならない点としては、

『WiMAX』や『WiMAX2+』が室内や屋内での通信に弱い

ことが挙げられます。

『WiMAX』『WiMAX2+』の利用している周波数帯は2.5GHzです。

電波は、周波数帯が低いほど障害物を回り込めるため、室内や屋内でも送受信が安定する性質・特徴があります。

『WiMAX』の場合、

電波は直進方向に進む性質が強いため、高い建物などで電波が遮断されることもあり、室内や屋内ではつながりにくくなる傾向

があります。

そのため、場所によって十分な通信速度が得られないようなこともあります。

 

もう一つの注意点としては、『WiMAX2+』が対応しているエリアについてです。

『WiMAX』から『WiMAX2+』に移行して、対応しているエリアも広くなりました。

とは言っても、どこでもつながる携帯電話やスマホなどの『LTE』に比べると、地方や山間部など、まだつながらない箇所があります。

自分の住んでいる場所が対応しているエリアかどうか、あらかじめ確認しておく必要があるでしょう。

 

はなこ
今では、『WiMAX』か『WiMAX2+』かを気にしなくてもいいみたいね。
新しい規格になって、モバイル通信もかなり速くなったんだね。
たろう

DTI WiMAX 2+ ギガ放題プラン

スポンサーリンク

まとめ

今回のポイントについて、まとめていきましょう。

ポイント

  • 『WiMAX』とは、『Worldwide Interoperability for Microwave Access』の略で、『IEEE 802.16』規格に従った無線通信技術のひとつのことである。
  • 『WiMAX2』とは『WiMAX』の後継規格で、『IEEE 802.16m』として策定された第4世代移動通信システムの一つのことである。
  • WiMAX2+』と『WiMAX2』は同じ意味である。
  • 現在稼働している『WiMAX2+』の通信速度は、上りで30Mbps、下りで558Mbpsであり、『WiMAX』よりも速い。

『WiMAX』は、外出先でインターネット接続したい時に便利なサービスです。

プランもいくつかありますので、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

DTI WiMAX 2+ ギガ放題プラン

WiMAX2+を使って見る

関連記事

-ITの違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.