違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

運ぶ

その他の違い

運輸と運送と輸送の違いをわかりやすく解説!意味と使い分け方を紹介

投稿日:

ひろし
〇〇運輸株式会社と〇〇運送株式会社ってあるけど、運輸と運送、どんな違いがあるのか知っている?
みさと
アルバイトの求人情報を見ても、仕事内容が、ドライバー、配達作業、一般事務募集と、両方とも似ている気がするわ。
たろう
確かに、運輸と運送は、同じようなイメージで、はっきりとした違いがわかりにくいね。
似ているといえば、〇〇輸送株式会社もあるよ。
ひろし
たろう
じゃあ、運輸、運送、輸送の違いって何だろう?

では、そんな疑問を、解消していきましょう。

 

本記事では、

『運輸』と『運送』、そして『輸送』の意味の違いや、使い分け方について、

わかりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

意味を比較!『運輸』、『運送』、『輸送』の違いとは?

トラックで運ぶ

『運輸』、『運送』、『輸送』の共通点は、

『運ぶこと』

になります。

ただし、

意味や、使い分け方が違います。

違いについては、

どんな手段を使って、何を運ぶか

が関係しています。

まずは、意味を比較していきましょう。

ひろし
引越しで荷物を運んでもらうのって、運輸、運送、輸送の、どれに当てはまるのかな?

『運輸』の意味

旅客や貨物を運び送ること。

 

旅客とは、運賃を払って乗り物に乗る人、旅をする人のこと。

貨物とは、品物、荷物、貨幣や財産のことです。

 

基本的に、鉄道、船舶、自動車、航空機で運ぶことを統合した言葉です。

なので、客船での旅行や、飛行機で乗客を運ぶことも、『運輸』に含まれます。

 

また、『運輸』とは、

その仕事に関わる産業や、職業についての総称『運輸業』の意味もあります

 

ちなみに、運輸業の業務とは、運ぶことだけではなく、保管、荷物の積み下ろし、その他運輸に係わる多岐にわたるサービスをおこなうことです。

抽象的な言葉であり、『運ぶ』という活動自体には使われません。

なので、動詞として「運輸する」とは言いません。

みさと
運輸業で働いています、と使うのね。

『運送』の意味

乗り物で、ある場所から目的の場所まで、旅客や貨物を運ぶこと。

ただし、運ぶ手段は限られます。

基本的に乗り物はトラックで、人によって物を運ぶこと

を『運送』といいます。

電車や飛行機、船で、人や物を運ぶ時に『運送』の言葉は使用されません。

⭕️ トラックで、品物を運送する。

✖️ 飛行機で、品物を運送する。

『輸送』の意味

乗り物で、ある場所から目的の場所まで、人や物資を運ぶこと

物資とは、人間の生活や活動のために必要な品物や資材、また、資材のこと。

 

車やトラック以外にも、船や飛行機などを使って人や物を運ぶこと

長距離の移動によって、大量の物を運ぶ時に、『運送』の対比する言葉として『輸送』が使われたりします。

みさと
〇〇輸送株式会社は、トラックや船、飛行機などを利用して、物を運ぶ会社ということね。

モノを運ぶのに、使われる乗り物といえば?

国内において、乗り物といえば、車やトラックの他に、鉄道や船舶、飛行機など、様々な『運ぶ』手段があります。

その中で、国内において、『モノを運ぶ』メインの乗り物といえば、トラックです

それは、コンパクトな店内で、様々な物を販売する小売業のお店が多いこと、細い道が多いことなど、日本特有の狭い土地柄が関係しています。

トラックであれば、お店のそばまで品物を運ぶこともでき、運ぶ費用も、飛行機や鉄道、船舶に比べると安くなります。

このことから、『運ぶ』乗り物として、トラックが支持されていることがわかります。

ひろし
確かに、トラックは、小型から大型まで、見かけない日はないかも。

 

『運輸』『運送』『輸送』の使い分け方をチェック!

『運輸』と『運送』と『輸送』、この3つの言葉には、共に『人や物を運ぶこと』の意味があるとわかりましたね。

次に、使い分け方の例文を見ていきましょう。

『運輸』を使った例文

  • 厚生労働省は、建設や運輸、農業やITなどの業界団体と連携して、資格取得から就職までを支援する事業を始める方針です。
  • ジャンボ機墜落事故について、運輸安全委員会へ、事故調査資料の公開請求を行った。
  • 一昨日の、運輸・交通情報の記事について、インターネットで検索した。

『運送』を使った例文

  • 伐採した木を、トラックにのせて、山から製材所へ運送する
  • 〇〇運送会社に、大型トラックでの引越し作業を依頼した。
  • 魚の鮮度を保つために、市場から近くのスーパーへ、迅速にトラックで運送する
ひろし
引越しは、『運送』か!

『輸送』を使った例文

  • 被災地へ、すぐに救援物資を輸送した
  • 天然ガスや原油などを、安全に、また経済的な輸送手段として、海底のパイプラインが利用されている。
  • 地震の影響により、空港に被害がでているため、代替輸送として、フェリーや船による海上輸送が利用できます。
  • 片道300キロを超える、長距離輸送トラックの、ドライバーになった。

スポンサーリンク

まとめ

最後に、『運輸』、『運送』、『輸送』について、まとめてみましょう。

運輸

  • 乗り物によって、人や貨物を運ぶ産業の総称、また、それに係わる仕事のこと。
  • 使い分け方として、総称や職業名として使われる言葉なので、動詞で『〜する』として使わない。

運送

  • 運ぶための乗り物は、主にトラックで、陸路で品物を運ぶこと。
  • 使い分け方として、鉄道・船舶・航空機などによる物の移動には、『運送』とは使わない。

輸送

  • 車や航空機、船舶や鉄道によって、人や物資を運ぶ時に使う言葉。
  • 使い分け方として、トラック以外の乗り物も利用し、長距離の移動を伴って運ぶ場合に、『輸送』の言葉が使われる。

このように、『運輸』と『運送』、そして『輸送』の言葉は、似ているようで、意味や言葉の使い分け方が違います。

使い分け方が混乱しないように、本記事を参考にして、活用してみましょう。

関連記事

-その他の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.