違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

リクルートスーツ ビジネススーツ 違い

ITの違い

GooglePayとおサイフケータイの違いをわかりやすく解説!仕組みをチェック

投稿日:

最近では、スマホだけで買い物をする人が、かなり増えてきました。

 

はなこ
スマホだけで支払いができる仕組みがあるじゃない?

『Google Pay』だとか『Apple Pay』とかいろいろあるけど、いったい何が違うのかな?

日本だと『おサイフケータイ』がよく利用されているよね。

でも、僕も違いはよく知らないんだ。

たろう
はなこ
いったい、どれを使えばいいのか迷うわね。

 

今回は、『Google Pay』と『おサイフケータイ』の仕組みを調べ、その違いについて解説していきます。

スポンサーリンク

『Google Pay』と『おサイフケータイ』の仕組み

『Google Pay』も『おサイフケータイ』も、どちらも電子マネーなどのサービスを提供するアプリケーションのことです。

それぞれの仕組みについて、まずは確認してみましょう。

『Google Pay』とは?

Googleが開発・提供するAndroid端末向けのオンラインショッピング・非接触型決済用アプリケーション

のことです。

Google Payに利用する電子マネーを登録しておけば、

クレジットカードを使って電子マネーにチャージすることができます。

もちろん、お店で利用する電子マネーを伝えれば、

リーダーにスマホをかざすだけで、買い物ができます。

Suicaにも対応しているので、

『Google Pay』で電車やバスに利用することも可能です。

『おサイフケータイ』とは?

NTTドコモが開発した、FeliCaチップ対応の非接触型決済用アプリケーション

のことです。

できることは、『Google Pay』と、ほぼ同等です。

 

はなこ
どちらも電子マネーで買い物をしたり、オンラインショッピングなどに使うことができるみたいね。
電車やバスでも利用できるみたいだけど、カードを持っているなら別にいらないと思うけどな。
たろう
はなこ
そのカードが複数あると面倒でしょ。

スマホだけで全部管理できるなら楽よね。

 

『Google Pay』と『おサイフケータイ』の違い

Webマネー

Webマネー

それでは、『Google Pay』と『おサイフケータイ』の違いはどこにあるでしょうか?

 

両者の違いは次のようになります。

『Google Pay』と『おサイフケータイ』の違い

  • 『Google Pay』の場合、ひとつのアプリで複数の電子マネーのチャージができる。
  • 『Google Pay』の場合、モバイルSuicaに必要な年会費が不要になる。
  • 『Google Pay』では、オンラインでのクレジットカードによる決済に対応している。
  • 『おサイフケータイ』のほうが、対応している電子マネーは多い。

 

『おサイフケータイ』の場合、

利用する電子マネーごとにアプリケーションをインストールしないとチャージはできません。

チャージの時に、それぞれのアプリを起動してから行う手間も発生します。

電子マネーの残高を確認することは、『おサイフケータイ』だけでも可能です。

 

『Google Pay』なら、

チャージもひとつのアプリケーション内で行うことができます。

電子マネーのアプリケーションは使う必要がありません。

 

『おサイフケータイ』でSuicaを利用する場合、『モバイルSuica』というアプリケーションを利用することになりますが、

『モバイルSuica』の利用には、年会費1,050円が必要になります。

ところが、

『Google Pay』で利用する場合は、『モバイルSuica』の年会費は不要

になるのです。

これは大きな違いですよね。

 

さらに『Google Pay』は、

オンラインでのクレジットカード決済にも対応している

という特徴があります。

『Google Pay』のクレジットカード決済は、現在、以下のWebサイトで利用可能となっています。

対応できるサイトは今後も増えていくでしょう。

『Google Pay』でクレジットカード決済が利用できるサイト

  • Vanilla Air
  • BookLive
  • SPACEMARKET
  • Japan Taxi
  • Creema
  • 美食日本
  • えこよみ
  • minne

 

ただ、対応している電子マネーは『おサイフケータイ』のほうが多いです。

『Google Pay』の場合、対応している電子マネーは、以下のみとなっています。

『Google Pay』が対応している電子マネー

  • Suica
  • nanaco
  • 楽天Edy
  • WAON
  • QUICPay
  • iD

『おサイフケータイ』の場合、例えば電子マネーとして『モバイル スターバックスカード』にも対応しています。

また、ビックカメラ・ヨドバシカメラなどのポイントや、楽天アプリ・Tポイントアプリなどの会員証にも利用することができます。

 

はなこ
こうしてみると、『Google Pay』の方が便利そうに見えるわね。
少ないとはいえ、主要な電子マネーはすべて対応しているね。

チャージがまとめてできるなら、『Google Pay』のほうがいいかな?

たろう

 

『おサイフケータイ』や『Google Pay』を利用する上で注意しなければならないことがひとつあります。

それは、

『おサイフケータイ』に対応したスマホ(Felica搭載のもの)でなければ利用ができない

という点です。

リーダーに読ませるためには、スマホにFelicaが搭載されている必要があります。

ところが、Felicaは日本のみで普及しているICカードで、外国ではNFCという異なる通信形式が利用されています。

つまり、

海外製のスマホでは電子マネーとして利用することはできない

ということになります。

 

はなこ
どうして、日本でもNFCを普及させないのかしらね。
日本でもNFCを少しずつ取り入れようとしているみたいだけど、まだ数は少ないみたいだね。

電子マネーとしてスマホを利用したい場合は、『おサイフケータイ』に対応しているかどうかを確認する必要があるね。

たろう

スポンサーリンク

まとめ

今回の違いのポイントについて、まとめていきましょう。

ポイント

Google Pay おサイフケータイ
メーカー Google NTTドコモ
対応スマホやOS Felica搭載の日本製のAndroid端末 Felica搭載の日本製のAndroid端末
チャージ 単独で可能 不可(各電子マネー専用アプリで行う)
電子マネー Suicaやnanacoなど主要な電子マネーのみ

(おサイフケータイよりも対応は少ない)

主要な電子マネーに加えて、スタバカードや家電量販店のポイントなどにも対応

(Google Payよりも多く対応している)

Suicaの年会費 不要 必要(1050円)
オンラインショッピング クレジットカードでの決済が可能 不可

『おサイフケータイ』も『Google Pay』も、これから利用する人は増えていきます。

電子マネーが、あたりまえの世の中になるのも、そう遠くはなさそうです。

関連記事

-ITの違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.