違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

ZEROウイルスセキュリティ・ZEROスーパーセキュリティ 自分に合ったものを選ぶ

ITの違い

GoogleとChromeの違いをわかりやすく解説!同じアプリじゃないの?

投稿日:

Androidの搭載されたスマホを見ると、『Google』と『Chrome』というアプリが入っていますよね。

 

はなこ
『Google』と『Chrome』って、どうやって使い分ければいいのかな?
僕はいつも『Google』しか使わないよ。

検索して、そのまま情報を読めるからね。

たろう
はなこ
じゃあ、『Chrome』って必要ないんじゃないの?

 

ということで、今回は『Google』と『Chrome』2つのアプリについて調べ、その違いについて解説します。

スポンサーリンク

『Google』と『Chrome』2つのアプリの特徴

『Google』と『Chrome』、それぞれのアプリについて、どんなものかお話しましょう。

『Google』とは?

インターネット上で検索を行うためのアプリケーション

のことです。

検索窓に、検索したい言葉を入力すると、関連するサイトを候補として出力してくれます。

その他にも、例えば『天気』と入力すると、地域の天気に関する情報を表示したり、『レストラン』と入力すると、近所にあるレストランの候補を出したりと、様々な機能があります。

たいてい、検索窓がホーム画面上に表示されているので、知らないうちに誰もが利用しているアプリケーションですね。

『Chrome』とは?

インターネット上のサイトを閲覧するためのブラウザ

のことです。

パソコンでは『Internet Explorer』や『Firefox』などが有名ですが、『Chrome』もその仲間になります。

Android端末を利用しているユーザの大半は、ブラウザとして『Chrome』を使っているのではないでしょうか。

 

『Google』と『Chrome』の違い

検索

検索

Android端末上にある『Google』と『Chrome』は、

全く別のもの

になります。

 

『Google』を使ってサイトを開くと、『Chrome』と同じようにページを開いて閲覧することができます。

なので、『Google』と『Chrome』は、同じアプリのように思えてしまいますが、実際には違うのです。

 

『Google』からメニューを開くと『Chromeで開く』という項目があり、それを使って『Chrome』でページを表示することができます。

また、『Google』の場合はページを表示するだけで、ブックマークに追加するようなことはできません。

ブックマークを管理して、見たいページを登録しておきたければ、『Chrome』を使う必要があります。

 

『Google』と『Chrome』の違いは、パソコンを考えると、もう少しわかりやすくなるでしょう。

パソコン上では、

『Google』はインターネット上のサイトのひとつ

です。

『Google』は、『Internet Explorer』や『Firefox』そして『Chrome』上で開くことができます。

検索の他に、メール機能(Gmail)やオフィス機能(Googleドキュメント)、ネットワーク・ストレージ(ドライブ)、翻訳機能など、様々な『Google』のWebアプリを利用することができます。

それに対して、

『Chrome』はアプリケーションのひとつであり、ブラウザの仲間

です。

複数のサイトをブックマークで管理し、よく使うページに、すぐにアクセスすることができるようになっています。

もちろん、リンクをたどって、いろいろなサイトを調べる、いわゆるネットサーフィンも可能です。

 

Android端末で『Chrome』を使い、『Google』のサイトにアクセスして検索することももちろん可能です。

『Google』アプリは、検索をすぐにできるように作られた専用のアプリ

と考えることもできますね。

 

はなこ
『Google』は、検索用途に特化したアプリケーションで、『Chrome』は『Internet Explorer』や『Firefox』と同じブラウザということか。
両方ともページを閲覧することができるから紛らわしいけど、アプリとしては別物なんだね。

その証拠に、『Google』でアクセスしたページは『Chrome』の履歴には残らないみたいだね。

たろう

 

どちらの方が便利なのかは、使い方によって変わります。

調べ物をすることだけに使うのなら、断然『Google』の方が便利です。

しかし、

複数のサイトを閲覧することが目的であれば、『Chrome』の方がおすすめです。

スポンサーリンク

まとめ

今回のポイントについて、まとめていきましょう。

ポイント

  • 『Google』は、インターネット上で検索を行うためのアプリケーションのことである。
  • 『Chrome』は、インターネット上のサイトを閲覧するためのブラウザのことである。
  • 『Google』でもサイトを閲覧することはできるが、必ずしも『Chrome』を利用してページを表示しているわけではない。
  • 調べ物をするだけに使うのなら、『Google』のほうが便利である。
  • 複数のサイトを閲覧することが目的であれば、『Chrome』が便利である。

『Google』も『Chrome』も、それぞれに得手・不得手があります。

利用するスタイルに合わせて、使い分けるようにしましょう。

関連記事

-ITの違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.