違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

認定こども園と保育園の違い

その他の違い

認定こども園と保育園の違いをわかりやすく解説!費用を比較チェック

投稿日:

子供を保育する施設には、

認定こども園

保育園

こちらの2つがあります。

どちらも未就学の子供を預かってくれますが、それぞれどういった施設なのかわからないと、選ぶ時に困りますね。

 

また、保育園にいれたけど、認定こども園はどんなところだろうと、考えている人もいます。

認定こども園と保育園の違いを知っていれば、家庭環境と子供にあった選択がしやすいですね。

 

そこで今回は、

『認定こども園と保育園の違い』

をわかりやすく解説していきます。

それぞれ保育にかかる費用もチェックしていきましょう。

スポンサーリンク

認定こども園と保育園の違い

認定こども園と保育園の違い

認定こども園と保育園の違い

認定こども園とは

『保育と教育を一体的に行う施設』

であり、すべての子育て家庭が対象。

幼稚園と保育園の両方の特徴をあわせもっています。

保育園は

『児童福祉法に基づく児童福祉施設』

です。

仕事や病気などで、子供の保育ができない場合に利用します。

認定こども園は、幼稚園や保育園に入りたくても入れない、待機児童の増加問題をきっかけに、新しく誕生した背景があります。

また、親の働き方の多様化に合わせて、ニーズの多様化もあり、複合型施設である認定こども園が増えています。

 

認定こども園は4種類に分類される

認定こども園は4種類に分類され、それぞれ以下のような特徴があります。

種類 特徴
幼保連携型 保育園と幼稚園の2つの特徴を備える施設。小学校との交流もあり。
幼稚園型 公立と私立の幼稚園が、保育園のような機能をもつ。保育が必要な子供にあわせて0歳から保育してくれる場合もある。
保育所型 認可保育所が、幼稚園のような機能を持つ。仕事に就いていない保護者の子供も受け入れてくれる。
地方裁量型 認可外保育または教育施設が、地域の決まりや実際の状態にあわせて、認定こども園として必要な機能を持つ。

保育園と幼稚園の、良いところをあわせ持っていることが特徴ですね。

 

保育園の特徴

保育園は、文部科学省が管轄する

『児童福祉法に基づく児童福祉施設』

です。

児童福祉施設のため、福祉要因がなければ仕事に就いていない保護者が、子供を預けることができません。

福祉要因とは、仕事や病気などで保護者が子供を保育できないなどの原因を指します。

 

認定こども園と保育園比較表

認定こども園と保育園を比較すると、以下の点が挙げられます。

認定こども園 保育園
管轄 内閣府 厚生労働省
対象者 すべての子育て家庭 仕事や病気など、福祉要因がある家庭
対象年齢 0歳~就学前まで 0歳~就学前まで
保育時間 4時間~11時間 原則8時間
保育内容の基準 保育所保育指針に基づく保育と、幼稚園教育要領に基づく教育 保育所保育指針に基づく
根拠法令 就学前の子供に関する教育、保育等の総合的な提供の推進に関する法律 児童福祉法に基づく児童福祉施設

認定こども園の管轄は内閣府ですが、文部科学省や厚生労働省とも連携しています。

認定こども園は、幼保連携型の場合、幼稚園教諭と保育士の両方の資格が必要です。

幼保連携型ではない認定こども園は、担当する子供の年齢によって、必要な資格が異なります。

 

認定こども園と保育園の費用の比較

費用比較

費用比較

認定こども園は認定区分により保育料が変わります。

国の定めた上限の基準は以下のとおりです。

認定こども園の費用

支給認定区分 内容 保育料
1号認定 満3歳以上で教育のみ希望する場合 0円~25,700円
2号認定 満3歳以上で教育と保育を希望する場合 0円~101,000円
3号認定 満3歳以上で保育のみを希望する場合 0円~104,000円

世帯収入により保育料が決まるので、同じ認定こども園に通っている子供同士でも、保育料金が異なる場合があります。

保育園の費用

1世帯における児童1人あたりの保育料(平均値) 20,491円
児童が1人の世帯 22,381円
児童が2人の世帯 15,606円

*平成24年地域児童福祉事業等調査結果の概況

 

認定こども園と保育園では、支給認定区分によって費用に大きな違いがあります。

1号認定だと、認定こども園と保育園では、費用に大きな違いはありません。

しかし、2号認定と3号認定では大きな違いがあります。

また、住んでいる自治体や保護者の所得によっても、保育料は異なってきます。

スポンサーリンク

まとめ

認定こども園と保育園の違いとして、

  • 『保育と教育を一体的に行う施設』
  • 『児童福祉法に基づく児童福祉施設』

という違いがあります。

認定こども園では、受け入れ対象が、すべての子育て家庭です。

保育園では、福祉要因がなければ、仕事に就いていない保護者が子供を預けることができません。

 

認定こども園と保育園の費用の違いについては、

  • 支給認定によって費用の違いがある
  • 1号認定以外だと費用に大きな違いがある

ということがわかります。

 

また、住んでいる自治体や、保護者の所得で保育料が異なることを覚えておきましょう。

親の働き方が多様化することで、子供の預け方のニーズも多様化しています。

子供を、どの保育施設に預けるか悩まれている人は、認定こども園と保育園の違いを知っておくと選びやすくなります。

働き方や家庭環境にあわせて、家族と相談してみてくださいね。

関連記事
保育園と保育所と託児所
保育園と保育所と託児所の違いをわかりやすく解説!定義をチェック

小さい子供を預かってくれる施設として 保育園 保育所 託児所 と呼ばれる施設があります。 子供を預けて仕事をする時に、どこに預けるか迷う人も多いです。 どの施設も子供を預かってくれる場所ではありますが ...

続きを見る

関連記事

-その他の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.