違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

iPad

ITの違い

iPadとiPadProの違いをわかりやすく解説!重さ/サイズ/機能を比較!

投稿日:

タブレット端末として人気のiPadですが、あなたは持っていますか?

 

はなこ
『iPad』を買おうと思っているんだけど、『iPad』の他に『iPad Pro』ってあるじゃない?

いったい何が違うのかな?

値段は『iPad Pro』の方が高いから、やっぱり機能もそっちの方が充実してるんじゃないかな?
たろう
はなこ
どちらを変えばいいのか、迷うわね。

 

今回は、『iPad』と『iPad Pro』の重さやサイズ、機能などを調べて違いを解説します。

スポンサーリンク

『iPad』と『iPad Pro』の重さとサイズの違い

まずは、『iPad』と『iPad Pro』、両方の重さとサイズを比較してみましょう。

実は、『iPad Pro』には、ディスプレイサイズが12.9インチのものと、11インチの2種類あります。

『iPad』と『iPad Pro』の重さとサイズ

iPad Pro(12.9インチ)
iPad Pro(11インチ)
iPad
重さ 631g(Wi-Fiモデル)

633g(Wi-Fi + Cellularモデル)

468g(Wi-Fiモデル)

468g(Wi-Fi + Cellularモデル)

483g(Wi-Fiモデル)

493g(Wi-Fi + Cellularモデル)

サイズ 高さ280.6mm

幅214.9mm

厚さ5.9mm

高さ247.6mm

幅178.5mm

厚さ5.9mm

高さ250.6mm

幅174.1mm

厚さ7.5mm

『iPad Pro』の12.9インチモデルは、ディスプレイが広い分サイズも大きくなり、重さも増えますね。

『iPad』はディスプレイサイズが10.2インチと、『iPad Pro』の11インチモデルよりも少し小さめです。

ですが、

全体のサイズは『iPad Pro』の11インチモデルのほうが小さく、しかも軽いですね。

なお、Wi-FiモデルはWi-Fiだけが使えるのに対し、Wi-Fi + Cellularモデルは4G LTEも使うことができます。

携帯電話として活用できる

ということですね。

 

はなこ
サイズや重さは、若干『iPad Pro』の方がコンパクトでいいわね。

ディスプレイサイズも広めだし。

そうだね。

あとは機能がどれくらい違うかだね。

たろう

 

『iPad』と『iPad Pro』の機能の違い

次に、『iPad』と『iPad Pro』の機能の違いについて見てみましょう。

『iPad』と『iPad Pro』の主な機能

iPad Pro iPad
ディスプレイ Liquid Retinaディスプレイ、ProMotionテクノロジーとTrue Tone Retinaディスプレイ
CPU Apple A12(Neural Engine) Apple A10
Apple Pencil 第2世代 第1世代
キーボード Smart Keyboard Folio Smart Keyboard
カメラ 12Mピクセル(バックカメラ) 7Mピクセル(フロントカメラ) 8Mピクセル(バックカメラ) 1.2Mピクセル(フロントカメラ)
ビデオ撮影 4Kビデオ撮影(30/60fps) 1080p HDビデオ撮影(30fps)
オーディオ 4スピーカーオーディオ 2スピーカーオーディオ
セキュリティ Face ID(顔認証) Touch ID(指紋認証)
Bluetooth Bluetooth5.0 Bluetooth4.2

『Retinaディスプレイ』とは、iPhone4から導入された高精細ディスプレイのことで、現在のiPhoneやiPadには必ず使われています。

『iPad Pro』の場合、さらに正確な色を表示することのできる『Liquid Retinaディスプレイ』が使われています。

『ProMotionテクノロジー』とは、Apple Pencilでの入力が滑らかになる新しい技術のことです。

 

また、True Toneは

『周囲の環境に合わせて、ディスプレイの発色や明るさが自動的に変化して、どんな環境でも同じ画面が見られる』

という機能のことです。

これらの機能は『iPad Pro』しか持っていません。

 

CPUの違いは、

グラフィックスに関してはスペック的にApple A12の方がApple A10の約3倍

と、かなり速くなっていますね。

 

カメラのピクセル数は画素数を表すので、値が大きいほど高画質ということになります。

また、ビデオ撮影も『iPad Pro』は

4Kビデオが撮影できる

ということで、かなりの高スペックです。

『iPad Pro』の場合、セキュリティは顔認証になります。

『iPad』では指紋認証

で、これは好みが分かれるかもしれませんね。

 

はなこ
こうしてみると、スペックは『iPad Pro』の方がかなり高いわね。
処理速度も速いし、画面もきれいで『iPad』よりも『iPad Pro』の方がいいんじゃないかな?
たろう

 

スペックには、かなりの差がある『iPad』と『iPad Pro』。

もちろん値段にも差があります。

メモリのサイズによって値段が異なりますが、『iPad Pro』11インチモデルでメモリ64GB(最もメモリ容量の小さいモデル)で89,800円になります。

それに対して、『iPad』でメモリ128GB(最もメモリ容量の大きいモデル)の場合、44,800円と、

『iPad Pro』は倍の値段になります。

スポンサーリンク

まとめ

今回の違いのポイントについて、まとめていきましょう。

ポイント

  • 同等のディスプレイサイズの場合、『iPad』より『iPad Pro』のほうが、サイズは小さく軽い。
  • スペックは、『iPad Pro』の方が『iPad』より高く、最新のディスプレイやCPU、高精細なカメラ・ビデオ撮影などが楽しめる。
  • 値段は、『iPad Pro』のほうが『iPad』の倍以上に高い。

値段は『iPad Pro』のほうが高いですが、それだけのスペックを持った製品です。

しかし、用途によっては、無駄に高スペックな製品となる可能性もあります。

動画編集やレンダリングなど、負荷の高い作業をメインで行うなら『iPad Pro』がおすすめです。

しかし、ネットサーフィンなどが目的であるならば、『iPad』でも十分なスペックを持っています。

用途と予算に合わせて、最適な製品を選ぶようにしましょう。

関連記事

-ITの違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.