違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

スポーツの違い

人工芝と天然芝の違いをわかりやすく解説!サッカーへの影響とは?

投稿日:

お庭の景観アップに一役買うのが『芝生』です。

「ゆくゆくは、庭に芝生を植えたい」

なんて考えている人もいるでしょう。

そこで気になるのは

人工芝と天然芝ではどう違うのか。どちらがいいのか

ということでしょう。

そんな人のために今回は、

人工芝と天然芝の違い

をわかりやすく解説していきます。

また、

人工芝・天然芝がサッカーに与える影響

も合わせて紹介していきますよ。

スポンサーリンク

人工芝と天然芝の材質の違い

人工芝の画像

人工芝は

ポリエチレンやウレタンなどの合成樹脂

でつくられます。

天然芝は『芝草』という植物を利用します。

 

日本では、高温多湿の環境でも耐えられる

日本芝

を使うことが多いです。

他には、寒さに強い

西洋芝

という種類もあります。

 

人工芝と天然芝の費用の違い

芝生を敷こうと考えた場合、まず気になるのは費用でしょう。

もちろん、お庭の状態や業者によって、価格にばらつきは出ます。

なので、あくまで目安ですが、芝生を1㎡あたりに植える時の相場は

人工芝:10,000円~20,000円程度

天然芝:3,000円~5,000円程度

ぐらいです。

ただし、植えた後のメンテナンスとなると

人工芝:ほとんどメンテナンスフリー。ただし、10年程度で交換の必要あり。

天然芝:定期的な芝刈り、肥料やり、除草などの管理費用がかかる。

という違いがあります。

なので、

初期費用を抑えたければ天然芝

お手入れに時間を割けないなら人工芝

という選び方が良いでしょう。

人工芝と天然芝の景観の違い

人工芝は、冬場でも常に青々としているので、

季節感に欠ける時

があります。

また、何年かたつと芝が寝てしまうことも。

そのため、人工芝だと、目で楽しむにはやや不向きといえます。

 

天然芝は、冬場は枯れますが、そこも含めて、季節感を味わえます

手入れをしっかりすれば、年中いい景観を楽しめるでしょう。

 

人工芝・天然芝それぞれの向き・不向き

人工芝は、コンクリートの上でも施工できるので、

ベランダなどでも楽しめます

ただし、燃えやすいのでバーベキューや花火は厳禁です。

天然芝は、バーベキューや花火をやっても特に問題ありません。

ただし、

日当たりが悪い場所では育たない

ので、そういう場所に天然芝を植えるのは不向きです。

もちろんベランダ等での設置もできません。

 

人工芝に向く人と天然芝に向く人の違い

上記のことから考えると

人工芝にした方がいいのは

  • 普段手入れをする時間がなかなか取れない
  • 設置したい場所の日当たりが悪い
  • ベランダなどに設置したい

といった状況にある人でしょう。

一方、天然芝は

  • 初期費用を抑えたい。
  • いい景観を手に入れたい。
  • バーベキューや花火を楽しみたい。

といった希望がある人に向いています。

 

人工芝と天然芝がサッカーに与える影響の違い

サッカーボールと芝生

お庭以外で、芝生を目にする場所といえば、サッカーなどのグラウンドです。

お庭とはまた異なった視点で、人工芝と天然芝の違いを見られるので、紹介していきます。

足腰への負担の違い

人工芝は、コンクリートの上に敷いていきます。

そのため、そのままでは、

天然芝と比べるとクッション性が弱いです。

ゴムチップなどを入れ込んで、クッション性を高めるようにはしていますが、それでも

足腰への負担は天然芝よりも、人工芝の方が大きい

といえます。

ボールの弾み方・転がり方の違い

ボールの弾み方は、人工芝の方が天然芝よりも弾み方が大きいです。

これも、人工芝の方がクッション性が弱いためです。

転がり方に関しては、

天然芝の方が変則的になることが多い

でしょう。

自然に育つものなので、

長さに差が出て凸凹になったり

芝が途中でえぐれたりすることがあるためです。

この点、

人工芝は人工的に平面さを保てる

ので、転がるボールに変則的な動きは少なくなります。

摩擦の違い

ポリウレタンなどで作られた人工芝は、天然芝と比べると摩擦力が高いです。

また、夏場ともなれば人工芝は、より熱を持ちます。

このため、

人工芝はスライディングなどの摩擦でヤケドをする可能性が高い

といえるでしょう。

汚れ方の違い

天然芝は、土に植えて施工するため、どうしても土汚れがつきます

雨が降れば、ドロとなって衣服を汚すことになります。

その点、人工芝は土汚れの心配はありません

 

以上をまとめると…

 

人工芝

  • クッション性が弱く、足腰への負担が大きい
  • ボールはよく弾み、変則的に転がることがない
  • 摩擦力が高く、ヤケドの可能性が高くなる
  • 土汚れの心配はない

天然芝

  • クッション性が高く、足腰への負担が少ない
  • ボールが変則的に転がることが多い
  • スライディングなどででのヤケドの可能性は低い
  • 土汚れがつきやすい

 

となることがわかりますね。

 

なお、導入費用やランニングコストに関しては、お庭向けの芝生と一緒です。

導入費用は人工芝が高くランニングコストは天然芝の方が高コスト

となります。

スポンサーリンク

おわりに

人工芝と天然芝の違いについて、お庭での利用、グラウンドでの利用という側面から見てきました。

どちらで利用するにしても、それぞれに良いところもあれば、不向きな点もあります。

ただ、どちらの芝生を取り入れるにしても、

施工後は長きにわたって利用する点

は共通しているものです。

なので、芝生を導入する際には、

先々のことを見通した上で、それをメインで利用する人の意向をしっかりと考える

必要がありますね。

関連記事

-スポーツの違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.