違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

Macintosh

ITの違い

MacとWindowsの違いをわかりやすく解説!用途別の使い分け方を紹介

投稿日:

『Mac』も『Windows』も、パソコンには欠かせないものですね。

しかし、この2つにはどんな違いがあるのでしょうか?

 

はなこ
私は家では『Mac』を使っているけど、仕事では『Windows』ね。
僕は家でも仕事でも『Windows』だな。

両方使っていると、操作とか間違わない?

たろう
はなこ
たまに、訳がわからなくなることはあるわね。

やっぱり、どちらかに統一したほうが楽なんだけどね。

 

今回は、『Mac』と『Windows』について調べ、その違いについて解説します。

スポンサーリンク

『Mac』と『Windows』の違い

まずは、『Mac』と『Windows』について調べてみましょう。

『Mac』とは?

『Macintosh』の略で、Apple社が開発・製造・販売を行っているパーソナルコンピュータ

のことです。

Apple社といえば、『iPhone』や『iPad』などで、日本ではおなじみのメーカーですよね。

このApple社は、元々は、パーソナルコンピュータを製造・販売していました。

初代Macintoshが販売されたのは1984年のことで、

『マウスで画面をクリックして操作する』

という、現在ではよく知られた方式が広まったのは『Mac』からでしょう。

『Windows』とは?

Microsoftが開発・販売しているIBM PC/AT互換機専用のオペレーティング・システム

のことです。

Microsoft社は、『Microsoft Office』で非常に有名なメーカーですよね。

IBM PC/AT互換機とは、

現在のパーソナルコンピュータ全て

のことです。

かつては、Apple社のMacintoshは独自のハード構成でした。

しかし、今では路線を変更して『Mac』も、IBM PC/AT互換機となっています。

 

全世界のパーソナルコンピュータ上で動作することのできるオペレーティング・システム(OS)として、

『Windows』は今でもトップシェアを誇っています。

 

はなこ
『Mac』の場合は、ハードも含めてのものになるのね。
『Windows』の場合はソフトウェア部分だけを指すわけだね。

Microsoftはハード自体は製造していないからね。

たろう

 

『Mac』と『Windows』の違いとしては何があるでしょうか?

大きく、次のようなものが挙げられます。

『Mac』と『Windows』の違い

  • 製造・販売元が異なる。
  • OSが異なる。
  • 利用できるソフトウェアが異なる。

製造・販売元が異なるのは、先ほど見てきたとおりですね。

『Mac』の場合、OSは『Windows』ではなく、Apple社の開発した『mac OS』が利用されています。

OSが異なるために、利用できるソフトウェアにも違いがあります。

 

『Mac』と『Windows』の使い分け方

Windows

Windows

『Mac』と『Windows』は、どのような用途に適しているのでしょうか?

現在、

会社の職場で利用されているOSのほとんどは『Windows』

といえるでしょう。

『Mac』を利用している職場は、かなり特殊といえます。

事務処理や資料の作成など、あらゆる作業で『Windows』の入ったパーソナルコンピュータが使われています。

会社だけではなく、個人でも『Windows』を利用している人は多くいます。

様々なアプリケーションやゲームなどが『Windows』上で動作するからです。

会社でも個人でも、これほど『Windows』が使われるようになった理由は、いろいろありますが、これだけ高いシェアがあれば、アプリケーションやゲームを開発する企業も『Windows』対応のものを作ったほうがたくさん売れます。

なので、

『Windows』上で、たいていのことはできる

ようになっています。

インターネットを使って、いろいろなサイトを見たり、メールのやり取りをしたり、文書や資料の作成に絵描き、動画編集など、様々なことができます。

 

では、一方で『Mac』では、どんな事ができるでしょうか?

『Mac』でも、もちろんネットサーフィンやメールなど、たいていのことはできます。

しかし『Windows』に比べると、

『Mac』は残念ながら、対応しているアプリケーションの数は少なくなります。

 

ですが、

『Mac』は元々、『デスクトップパブリッシング(DTP)』の分野に強みがありました。

『デスクトップパブリッシング(DTP)』とは、簡単に言えば書籍などのレイアウトを編集することです。

『Mac』は、誕生した当初から『WYSIWYG』の実現を意識してきました。

WYSIWYGとは、

What You See Is What You Getの略で、『モニター画面上にある画像がそのまま紙に出力される』

という意味です。

今でも、『DTP』の分野では『Mac』が広く使われています。

そのため、『DTP』を専門としている会社などは、『Windows』ではなく『Mac』を利用していることがあるでしょう。

 

また、

絵画や音楽などの作品を作るクリエイターたちには、『Mac』の人気があります。

クリエイターたちが利用するための専用のアプリケーションも高機能なものがあるので、

絵や音楽などの作品を作るための道具にしたい人には『Mac』が向いている

と言えるでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

今回の違いのポイントについて、まとめていきましょう。

ポイント

  • 『Mac』とは、『Macintosh』の略で、Apple社が開発・製造・販売を行っているパーソナルコンピュータのことである。
  • 『Windows』とは、Microsoftが開発・販売しているIBM PC/AT互換機専用のオペレーティング・システムのことである。
  • 『Mac』の場合はハードウェアとソフトウェア(OS)の両方を指すのに対し、『Windows』はOSだけのことを指す。
  • 『Windows』は豊富なアプリケーションがそろっているので、たいていのことはできる。
  • 『Mac』はDTPの分野に強みがあり、クリエイターたちに人気が高い。

『Mac』と『Windows』の両方をそろえることは、お金の問題もあって難しいですよね。

最終的には、自分がどんな用途に使うのかで、どちらを選べばいいか決まることになります。

迷った場合は、何の目的でパソコンを利用するのか、よく考えるようにしましょう。

関連記事

-ITの違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.