違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

LANケーブル

ITの違い

IPv4とIPv6の違いとメリットをわかりやすく解説!どっちがいい?

投稿日:

『IPv4』と『IPv6』という言葉を知っていますか?

 

はなこ
インターネットを『IPv6』にすると、通信速度が速くなるって聞いたことがあるんだけど、本当なのかな?
どうなのかな。

『IPv6』に切り替えたって、回線が速くなるとは思えないんだけどな。

たろう
はなこ
そもそも、『IPv4』だとか『IPv6』ってどんな意味なの?

 

ということで、今回は『IPv4』と『IPv6』について違いを調べ、そのメリットについて解説します。

スポンサーリンク

『IPv4』と『IPv6』の違い

LANケーブル

LANケーブル

そもそも『IPv4』『IPv6』とは、いったい何のことを意味するのでしょうか?

それを知るためには、まず『IPアドレス』について理解する必要があります。

現在、インターネットで使われているネットワークは、『TCP/IP』と呼ばれる通信形式が用いられています。

 

『TCP/IP』の中に、IPという言葉があります。

これは簡単に言えば、ネットワーク機器に『IPアドレス』という番号を割り振って、その番号で相手先を決めるような仕組みになっています。

いわば、『IPアドレス』は郵便物を送るときの住所のようなものです。

住所が、それぞれの家で異なるように、『IPアドレス』もそれぞれのネットワーク機器で異なっています。

 

『IPv4』も『IPv6』も、この『IPアドレス』の仲間です。

それでは、いったい何が違うのでしょうか?

 

『IPv4』は、4という数字があることからわかるように、

4バイト(32ビット)で構成される番号です。

それぞれのバイトで区切って、次のように表されます。

192.168.0.1

 

それに対して『IPv6』は、6バイトではなく

16バイト(128ビット)で構成される番号です。

それぞれ2バイトずつで区切って、次のように表されます。

2001:db8:20:3:1000:100:20:3

あなたも、このような番号を、どこかで見たことがあるかもしれませんね。

 

『IPv4』『IPv6』のメリット!どっちがいい?

ネットワークが誕生した時、利用されていた『IPアドレス』は『IPv4』の方です。

そして、『IPv4』は現在でも利用され続けていますが、これからは『IPv6』へ切り替えようとしています。

それでは、なぜ切り替える必要があるのでしょうか?

通信速度が速くなるからでしょうか?

 

実は、『IPv4』を『IPv6』に変更しても、通信速度に違いはありません。

『IPv4』を『IPv6』に切り替える理由は、

利用できる『IPv4』の番号が少なくなってきたためです。

ネットワークにつながっている機器は、現在もどんどんと増え続けています。

全世界にある様々な機器に番号を付けなければならないわけですが、その数が多すぎて、

いずれ『IPv4』として使える番号はなくなる

と言われています。

『IPv4』で表現できる番号は、約43億です。

それだけでは、全世界の機器をまかなうことができなくなってきているわけですね。

 

そこで新たに登場したのが『IPv6』です。

『IPv6』の場合、表現できる番号は約3.4x1038です。

43億=4.3x109なので、桁違いに多いということになりますね。

これだけあれば、番号が足りなくなることは、まず発生しないでしょう。

 

はなこ
『IPv6』は、『IPアドレス』が不足するのを防ぐための対策であるということね。
じゃあ、通信速度が速くなるというのは嘘ということかな?
たろう

 

『IPv6』を導入することで通信速度が速くなるのは、別の理由によります。

まずは、『IPv4』が不足していることへの対策として、現在どのような手法が用いられているかを理解する必要があります。

『IPアドレス』には、『プライベートアドレス』と呼ばれる特別な番号があります。

インターネット上にあるネットワーク機器は、必ず他の機器とは異なる『IPアドレス』を持たなければいけません。

しかし、インターネット上には現れないネットワーク(例えば、プロバイダと接続している家庭内のネットワークや、会社内にあるLAN)に対しては、『プライベートアドレス』を使うことで重複することが許されています。

あなたが利用しているインターネット回線も、おそらくは『プライベートアドレス』が使われているでしょう。

こうすることで、『IPアドレス』が不足することを防いでいるわけです。

ところが、『プライベートアドレス』を使っているネットワークからインターネットへと通信を送る時には、

インターネット用の『IPアドレス』に変換する処理が必要になります。

これは『NAT』とか『IPマスカレード』と呼ばれる手法です。

変換が必要になるので、余計な処理が入るわけですね。

『IPv6』を利用する場合、アドレスは十分に足りるようになるので、このような対策をする必要がなくなります。

各家庭にあるコンピュータから、直接インターネットへと通信すればいいので、余計な処理が必要なくなる分、通信速度が速くなることになります。

 

はなこ
なんだか難しい話だけど、要するに余計な処理がいらなくなるから速くなるということね。
『IPv4』の場合でも、『グローバルアドレス』を取得すれば変換処理がなくなるから、通信速度は速くなるみたいだね。

その代わり、『グローバルアドレス』を取得するためにお金がかかる場合が多いし、インターネットと直接つながるわけだからセキュリティの心配もしなくちゃならなくなるんだ。

たろう

スポンサーリンク

まとめ

今回の違いのポイントについて、まとめていきましょう。

ポイント

  • 『IPv4』も『IPv6』も『IPアドレス』の一種であり、『IPv4』は4バイト、『IPv6』は16バイトで構成されている。
  • 『IPv6』が誕生したのは、『IPv4』だけでは『IPアドレス』が足りなくなってきているからである。
  • 現在は、『IPv4』の不足を解消するため『プライベートアドレス』を使い、『NAT』『IPマスカレード』によって変換を行うことで対策している。
  • 『IPv6』では十分な数の『IPアドレス』を利用する事ができるので、『NAT』『IPマスカレード』を使う必要がなくなり、その分だけ通信速度が速くなる。

インターネット回線を使うときは、たいていの場合『DHCP』という仕組みによって、自動的に『IPアドレス』が割り当てられています。

ですから、『IPv4』『IPv6』どちらが利用されているかを気にすることなく、インターネットを使うことができます。

関連記事

-ITの違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.