違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

ファッションの違い

礼服とスーツの違いをわかりやすく解説!着分け方をチェック!

投稿日:

『きちんとした場に着ていく服』

といえば、

  • 冠婚葬祭などの改まった場に着ていく『礼服』
  • 仕事などでも着るような、いわゆる『スーツ』

がありますよね。

 

でも

「どんな時に礼服が良くて、どういう時だとスーツが良いのか、よくわからない」

「スーツと礼服って、何がどう違うの?」

と思うこともあるでしょう。

 

そんな時のために、

  • 『礼服』と『スーツ』の違い
  • 礼服の着分け方
  • スーツの着分け方

について調べてみました。

 

こういう服装のマナーって、ややこしい印象があるかもしれませんね。

でも、わかってしまうとそんなに難しくありません。

ぜひ読んで、その場に相応しい服を選ぶ参考にしてくださいね!

 

なお、礼服の中には和装も含まれますが、今回はスーツとの違いについてなので、和装については割愛しています。

また、男性向けの衣装に焦点を当てて書いていますので、その点もご了承ください。

スポンサーリンク

『礼服』と『スーツ』の違いとは?

礼服とスーツってどう違う?

そもそも『礼服』『スーツ』とは?

結婚式や式典などでも、スーツを着ることはありますよね。

となると、『礼服』と『スーツ』はどう区別されているのでしょうか?

 

ざっくり図で説明すると、こういうことです。

礼服とスーツの区別

礼服とスーツの区別

 

このように、『スーツ』と『礼服』は、一部重なるところがあります。

では、スーツと礼服はそれぞれどのようなものか、お話ししましょう。

 

『スーツ』とは

まず『スーツ』とは

『上下そろいの布で作った一揃いの服』

のことで、一般的には

『背広とパンツ』、もしくは『背広とパンツとチョッキ』の組み合わせ

という服装のことを指します。

 

ビジネススーツやリクルートスーツだけでなく、一揃いの布で作られていて、背広とパンツ(とチョッキ)の組み合わせであれば、『スーツ』なのです。

ですから、

『礼服』の中には『スーツ』に含まれるものもあります。

 

なお、この記事では『スーツ』だと紛らわしいので

  • 仕事向けのスーツ…『ビジネススーツ』
  • 冠婚葬祭向けのスーツ…『フォーマルスーツ』『ブラックスーツ』など

というように書き分けています。

 

『礼服』とは

礼服とは

冠婚葬祭などの特別な場面で着る服

のこと。

具体的には

  • タキシード
  • 燕尾服
  • ディレクターズスーツ
  • ブラックスーツ(喪服のスーツ)

などのことです。

 

バーテンダーなどの仕事であれば、タキシードなどを着たりすることもあるでしょう。

ただ一般的には、日常的にこのような服を着る人は、多くないですよね。

そういう意味では、

非日常のシチュエーションで着る服

とも言えます。

『礼服』と『日常的に着るスーツ』はどう違うのか

では、『礼服』と『日常的に着るスーツ』はどう違うかというと

  • 着る場面
  • デザイン
  • 素材

が違います。

具体的にどう違うのか、説明しましょう。

 

なお、スーツに関しては、ここではビジネススーツを主に取り上げます。

 

着る場面の違い

『礼服』についての説明と重なりますが、ビジネススーツと礼服では

  • ビジネススーツ…仕事など
  • 礼服…冠婚葬祭などの特別な場

というように違います。

 

ビジネススーツは、仕事の時などに着ますよね。

一方、礼服は、冠婚葬祭の時に着ます。

冠婚葬祭というのは

  • 成人式やお宮参りなどのお祝い事
  • 結婚式や披露宴
  • 葬式や法事
  • 式典や祭典、授賞式

といったものです。

 

ですから、普段の仕事では、特別な仕事でない限り、礼服を着ることはありません。

逆に冠婚葬祭の場面でビジネススーツを着るのも、やむを得ない場合以外は避けた方が良いです。

 

デザインの違い

礼服とビジネススーツでは、デザインも違います。

礼服のスーツ(略礼装と言われるもの)と、ビジネススーツを比べてみましょう。

 

ビジネススーツ 略礼装のスーツ
ベント(ジャケットの裾の切れ込み) 入っている 入っていない
襟のステッチ 入っている 入っていない
パンツの裾 シングルまたはダブル シングルまたは『モーニングカット』

 

ビジネススーツは、割と動きやすく作られています。

普段の仕事で使うものですですからね。

 

一方、略礼装のスーツでは、

動きやすさより特別な場に相応しい装いになること

が重視されています。

もちろん、デザイン重視といっても喪服の場合は華やかではなく、お悔やみに相応しいデザインに作られているのです。

 

素材の違い

礼服とビジネススーツでは、使われる素材も違います。

 

ビジネススーツは、

ポリエステルなどの合成繊維

がよく使われます。

ビジネススーツは、日常的に着るもの。

となれば、丈夫さや扱いやすさなども大切ですよね。

 

一方、礼服には

上質なウールなど、質の良い生地

が使われることが多いです。

特別な場で着る特別な服ですから、素材の質も大切なのです。

 

『黒の礼服』と『黒のビジネススーツ』はどう違う?

ブラックスーツ(黒の略礼装のスーツ)と黒のビジネススーツって、同じような気もしますよね。

でも、違うんです。

 

先ほどお話ししたように、ステッチやベントなど、デザインも違いますが、

黒の色合いが違います。

 

ビジネススーツだと、黒であっても割とグレーに近い黒だったり、深みがなかったりします。

それに比べて、

礼服の黒は、『漆黒』というような、深い黒です。

 

また、礼服の場合は、

  • 深い黒にするために、何度も染める
  • 黒に染まりやすい素材を使う
  • 生地の織り方も、黒が濃く見える織り方をしている

というように、『漆黒』の色を出すためにいろいろな工夫をしているのです。

 

同じ『黒』であっても、やはり特別な場での『黒』は違う、ということですね。

 

礼服について知っておきたいこと

礼服の着分け方に入る前に、礼服についてちょっと知っておきたいことがあります。

それは

  • 礼服を選ぶ時の、基本的な考え方
  • 礼服の種類

についてです。

礼服を選ぶ時の基本的な考え方

礼服の着分け方の基本的な考え方というのは

  • ドレスコードがある場合は、それに従う
  • 『どんな席に、どんな立場で』出席するのかを考え、相応しい装いにする
  • 自分が主役でない場合は、主役より目立たない

ということです。

 

案内状などにドレスコードが書いてある場合は、それに従ってください。

ドレスコードがあるということは、それなりの格式が求められる場だということです。

ですから、あえて外れた装いをするのは、失礼になってしまいますよね。

 

ただし、ドレスコードに合っていても、その場に相応しい衣装かどうか、よく見極めましょう。

たとえば、2019年10月の天皇の即位礼正殿の儀の時に、首相夫人の衣装が話題になりました。

その時の首相夫人の衣装は、ドレスコードに合ったものでした。

でも、個性的なデザインで、丈も短かったのために、

『場に合わないのでは?』

と違和感を抱く人も多かったのです。

このように、ドレスコードに合っていても、周りが違和感を覚えてしまうこともあります。

 

それから、『どんな場に、どんな立場で出席するか』を考えて衣装を選ぶことが大切です。

『どんな場に』というのは、結婚式なのか、授賞式なのか、お葬式なのかといったこと。

『どんな立場で』というのは、主役なのか、準主役なのか、一般の参加者なのか、ということです。

 

結婚式で言うなら、

  • 新郎新婦
  • 新郎新婦の親族
  • 乾杯の音頭やスピーチを頼まれている
  • 友人や同僚などとして出席する

といった役割や立場で、服装は違ってくる、ということです。

 

そして、友人や部下の結婚式など、自分以外の人をお祝いする場では特に

『主役より目立たないこと』

が大切です。

お祝いの席だと華やかな服を着たくなりますが、目立ちすぎないように気を付けてくださいね。

礼服には種類がある

着分けについて考える時にもう1つ抑えておきたいのが、

『礼服には種類がある』

ということ。

場面や立場に応じて、礼服の種類を使い分けるのです。

 

礼服の種類とは、

  • 正礼装
  • 準礼装
  • 略礼装

の3つ。

 

一番格式が高いのが『正礼装』。

その後は、順に『準礼装』、『略礼装』となっています。

 

さらに、昼用と夜用というように、時間帯でも種類があります。

時間帯の分かれ目は、18時ですが、冬は17時です。

 

この礼装には

3つのランクがあり、時間帯で服装が違う

ことがあることを、ちょっと頭において、続きを読んでくださいね。

 

結婚式などお祝い事での礼服の着分け方

お祝い事にどんな礼服で行く?

礼服は、冠婚葬祭で着るものですが、その中でも着分け方があります。

まず、結婚式などのお祝い事での、礼服の着分けについてお話しします。

こんな場合は『正礼装』で

お祝い事などで『正礼装』の礼服を着るのは

  • 新郎新婦
  • 新郎新婦の両親
  • 媒酌人
  • 仲人
  • 主賓
  • 記念パーティーなどの主催者
  • 公的な式典に出る

と、このような立場の人です。

 

では、どんな服装が『正礼装』かというと、

  • モーニングコート
  • テールコート(燕尾服)・タキシード

です。

 

さらに、先ほど触れたように、時間帯によって服が変わります。

通常は18時、冬は17時を境として

日中…モーニングコート

夜間…テールコート

とされています。

 

なお、タキシードは夜の準礼装とされてきましたが、最近では正礼装としても使われています。

ただし、ドレスコードがある場合は

『ホワイトタイ』…テールコート

『ブラックタイ』…タキシード

と決まっています。

『準礼装』はこのような時に

準礼装は『セミフォーマル』と言われるもので、

  • 主賓として式典などに招待されている
  • 新郎新婦の親族として結婚式に出席
  • 結婚式で乾杯の音頭取りやスピーチをする

という時の装いです。

 

どんな服装かというと

昼間の準礼装…ディレクターズスーツ・ブラックスーツ

夜の準礼装…タキシード・スペンサースーツ

 

なお、先ほども書きましたが、タキシードは正礼装として着ることも多くなっています。

また、

  • ディレクターズスーツは、準礼装と略礼装の間
  • ブラックスーツは、略礼装

と考える人もいます。

 

服装のマナーや基準は、時代や状況によって変化するものです。

最近は、準礼装と略礼装の間が柔軟になってきているのかもしれませんね。

 

もし何を着るか迷う場合は、同じ立場で一緒に行く人と相談したり、買うならお店の人に

どんな式典や式に出るか

どういう立場で出るか

ということを伝えて、相談してみてください。

『略礼装』はどんな時に着るか

略礼装で出席するのは、

  • 結婚式や披露宴に、新郎新婦の同僚、友人として出席する
  • 式典に一般参列者として出席する

という場合です。

 

略礼装はどんな服装かというと、男性の場合は

ブラックスーツ

濃いネーブルやチャコールグレーなどのダークスーツ

です。

ブラックスーツをお祝い事で着るなら、ネクタイをシルバーグレイにするなど、小物で華やかさを演出してみましょう。

すべて黒にすると、喪服になってしまいますからね。

 

なお、入学式などの式典の場合は、一般の保護者はブラックスーツでないことが多いです。

これについては、次で少し詳しくお話ししましょう。

子どもの入学式・卒業式の場合

入学式や卒業式も、『式典』です。

ならば礼装で、と思うところですが、

一般の保護者としての出席なら、『お洒落めのスーツ』あたりがちょうど良いです。

 

卒業式や入学式の主役は、あくまでも子ども本人ですよね。

なので、子どもより格上になる服や、子どもより目立つ服装は避けましょう。

 

また、両親そろって出席する場合は、夫婦で品格をそろえることも大切。

極端に格が違ってしまわないように、相談して服を決めてくださいね。

 

なお、礼装で入学式や卒業式に行っても、『マナー違反』ではありません。

でも、礼装で出席する一般の保護者はとても少なく、ブラックスーツやダークスーツの人も、あまりいません。

礼装で来るのは、来賓や保護者代表挨拶をする人くらいです。

ですから礼装で行くと、かえって目立ってしまうかもしれません。

『平服で』と言われたら?

お祝いでもお悔やみ事でも、

『平服でお越しください』

と知らされると

「平服って何だろう?何を着よう?」

って迷ってしまいますよね。

 

こんな時どう判断するかというと、

『かしこまった場でも浮かなくて、堅苦しくもない服装』

と考えて選びましょう。

 

具体的にはどんな服かというと、

ビジネススーツ(目上の人が多い場合はフォーマル寄りの装い)

が多くの場合『平服』とされています。

 

『平服』は、辞書では『普段着』というような意味になっています。

でも、もちろんジーパンやTシャツ、パーカーなどで良いわけではありません。

カジュアルなパーティーでも、少しきちんとした感じにまとめましょう。

明るい色のシャツとコットンパンツに、ブレザーなどを合わせるのも良いですね。

 

なお、友人にお祝いの席に呼ばれて

普段遊びに行くのと同じような気軽な服で来てね。

ジーンズでもOKだよ!

などと言われた場合でも、

  • ダメージジーンズに着古したTシャツ
  • 短パンにタンクトップ

など、あまりにラフすぎるのは考えものです。

 

『遊びに行くのと同じように』などと言われた時は、

『ちょっと上品な所に遊びに行く』時をイメージして服を決める

と良いでしょう。

 

弔事での礼服の着分け方

弔事ではどんな礼服が良いんだろう?

弔事での礼装も種類がある

弔事で着る礼装にも

  • 正礼装(正喪服)
  • 準礼装(準喪服)
  • 略礼装(略喪服)

と、3つの種類があります。

弔事も、その場の格式や自分の立場に合わせた装いで出席しましょう。

 

ただし、弔事の場合、宗教や地方によっては独特のマナーがある場合もあります。

年長の人に、服装やその土地でのマナーがあるかどうかなど、相談しておくと安心ですよ。

弔事での正礼装

告別式や法要で正礼装をするのは、

  • 格式のある告別式や法要などの喪主や親族
  • 高い立場にいる人や、葬儀をまとめる人

です。

 

弔事での正礼装は、『モーニングコート』

モーニングコートというと、お祝いの席で着るイメージがあるかもしれませんが、告別式などでも着ることがあるのです。

 

ただし、

  • 黒のベストにする
  • 白襟を外す
  • ネクタイも黒にする
  • チーフや手袋、カフス、ソックスなども黒にする

というように、お悔やみの場に合わせた装いにします。

 

それから、お通夜の場合は、モーニングコートは着ません。

お通夜でモーニングコートを着ることに対して、

まるで予め用意していたかのような印象

を持つ人もいるからです。

弔事の準礼装

弔事の準礼装は、『ブラックスーツ』です。

ブラックスーツは、一般的な告別式や法要などの弔事で、遺族や親族から一般参列者まで、幅広く着ることができる礼装です。

ですから、

『お葬式や法要の時には、基本的にブラックスーツ』

と思って差し支えありません。

 

お通夜の場合は

「急な訃報に駆け付けるという意味があるので、ブラックスーツは相応しくない」

「お通夜もブラックスーツで良い」

両方の考え方があります。

判断に迷う時は、一緒に行く人や上司、先輩などに相談すると良いでしょう。

ちなみに

筆者は、これまで出席したお通夜はすべて喪服で出ています。

周りの参列者も喪服が多かったです。

ただ、これも地方によることもあるでしょう。

 

弔事での略礼装

弔事での略礼装は、『ダークスーツ』です。

 

略礼装は

  • お通夜や突然の訃報で弔問に駆け付ける
  • お葬式が終わった後の訪問
  • 三回忌以降の法事

などの時に着ます。

 

ただし、なるべく光沢が少ない地味なスーツにしましょう。

ダークスーツであってもあまり光沢があると、華やかな印象になってしまいかねません。

弔事での『平服』とは?

お悔やみ事で『平服でお越しください』と言われた場合は、

黒のダークスーツ、もしくは黒に近い色のダークスーツ

が『平服』にあたります。

黒以外のダークスーツで行く場合も、靴やネクタイなどは黒でそろえましょう。

 

ただし、訃報を聞いて駆けつけるなどの場合は、文字通りの『平服』の場合もあります。

筆者が住んでいる地域でも、ご近所の訃報であれば、ジーパンもありの、文字通りの『普段着』でお線香をあげに行きます。

とはいえ、仕事関係の相手などの場合は、あまりラフでない服装の方が良いでしょう。

これも、わからない場合は周りの人に確認することをおすすめします。

 

黒のビジネススーツでお葬式に行くのはあり?

「黒のビジネススーツで弔事に出るのはどうなんだろう?」

と思うこともあるでしょう。

 

結論から言うと、

やはりお葬式はブラックスーツで出席するのが基本です。

 

先に書いたように、黒のビジネススーツとブラックスーツでは、

  • 素材
  • デザイン
  • 染め方
  • 黒の色の深さ

などが違います。

ですから、同じ黒を着ているようでも、喪服の人と並ぶとやはり違いは見えてしまうでしょう。

ビジネススーツとブラックスーツでは、黒は黒でも別物なのです。

 

また、建物の中ではそんなに違いが目立たなくても、

外に出て自然光で見ると、黒のビジネススーツとブラックスーツの黒の違いは、より目立ちます。

 

「やっぱり喪服にすればよかった…。」

ということにならないためにも、お葬式にはブラックスーツを着て行ったほうが良いですね。

 

でも、お通夜の場合に関しては、

『仕事が終わってからお通夜に駆け付けるなら、黒のビジネススーツも許容される』

と考える人もいます。

また、急な知らせでブラックスーツを用意できない時は、黒のビジネススーツでの参列もやむを得ないでしょう。

 

ちなみに、逆のパターンで『ブラックスーツで職場へ行く』のはどうかというと、

ブラックスーツは礼服なので『失礼』にはなりませんが、職場に着ていくのはおすすめしません。

なぜかというと、職場の人などに

「ご不幸があったの?」

などと心配されてしまうことがあるからです。

 

また、服が変わると、気持ちも切り替わりますよね。

その意味でも、なるべく仕事に戻る前にどこかで着替えたほうが良いでしょう。

 

冠婚葬祭以外でのスーツの着分け方

礼装以外のスーツはどう着分ける?

最後に、冠婚葬祭以外でのスーツの着分け方について、お話しします。

仕事に関わる場面で着るスーツ

仕事がらみでスーツを着るといえば

  • 就職・転職活動の時
  • 仕事をする時

ですよね。

 

この2つについて、まず説明しましょう。

 

就職・転職活動の時のスーツ

就職・転職活動でスーツを着るなら

20代前半まで…リクルートスーツ

20代後半以降…ビジネススーツ

と使い分けるのがお勧めです。

 

リクルートスーツは、その名の通り、就職活動向けのスーツです。

きちんとした印象を与えることができるので、学校を出て就職活動をする時には、やはりリクルートスーツが無難です。

 

リクルートスーツの色と言えば、やはり黒ですよね。

でも、

「みんなと同じなのがいやで、できれば他の色にしたい」

「逆に個性がないと思われそう」

という時は、濃いグレーやネイビーなどのものもあるので、色を選んでみると良いでしょう。

 

ただし、

『リクルートスーツを着るのは20代前半くらいまで』

と考えておいた方が良いです。

というのも、30代、40代になってリクルートスーツを着ていると、

頼りなく見えてしまうこと

もあるからです。

20代後半やそれ以降の就職・転職活動なら、ビジネススーツの方が良いでしょう。

 

20代後半以降で就職・転職活動のスーツを選ぶ時には

『万が一、急に取引先などに連れていかれても慌てないで済む装い』

と考えて選ぶのがお勧めです。

 

もちろん、面接の途中で

「じゃあ、今から取引先へ行きましょう。」

なんてことはないですけどね。

でも、そのくらいのことがあっても大丈夫なくらい、きちんとしたスーツで行くと、安心ですよ。

 

日常の仕事で着るスーツ

日常の中でビジネススーツを着ると言えば、やはり仕事ですよね。

 

どんなビジネススーツが良いかは、職場それぞれですから、

職場や仕事の内容に合う色合いや柄のもの

を選ぶことが大切です。

 

基本的に多くの企業や職場で安全なのは、

  • ダークグレーやネイビーの無地
  • ストライプが入っていても、落ち着いた色合い、風合いのもの

というように、あまり派手でないものです。

ただ、職場の雰囲気などもあるので、細かい所は上司や先輩に聞いてみると良いでしょう。

 

ちなみに、リクルートスーツで就活をして働き始めた場合は、しばらくはリクルートスーツを着ていても大丈夫なことも多いです。

採用が決まってすぐにスーツを買うのも、大変ですしね。

ビジネススーツを買う時期やどんな色が良いかなどは、これも上司や先輩に聞いてみてくださいね。

プライベートで着るスーツ

プライベートでのお出かけや遊びなどできるスーツは、もちろん

『お好きなものを、お好きなように』

ということになります。

 

  • 赤系やパステルカラーなど、華やかな色のスーツ
  • ノースリーブのスーツ
  • ボタニカル柄
  • マオカラーのスーツ

など、鮮やかな色合いのものはもちろん、個性的なスタイルのもの、大きな柄の入ったものなど、いろいろなスーツがあります。

時にはちょっと思い切ったデザインのものを着てみるのも、楽しいかもしれませんよ!

スポンサーリンク

まとめ

礼服とスーツの違いは、

礼服…

冠婚葬祭で着る服(喪服も含む)

スーツ…

一揃いの布で作った服のことで、礼服のスーツもビジネススーツも含まれる

という違いがあります。

 

ビジネススーツは、あくまでもビジネススーツ。

ですから、黒だからと言って礼服代わりにするのは、おすすめしません。

冠婚葬祭には『平服で』と書かれていない限り、礼服で出席しましょう。

 

礼服には、

  • 正礼装
  • 準礼装
  • 略礼装

というランクがあります。

これらは、

『どんな場にどんな立場で行くのか』

によって、使い分けてください。

 

もちろん、礼服以外のスーツも、立場や状況に合ったものを選ぶことが大切です。

就職や転職活動の時、普段の仕事の時、プライベートの時など、その場に合わせてスーツを着分けてくださいね。

 

礼服やスーツというと、ちょっと堅苦しく感じるかもしれません。

でも、服装が変わると気分も変わるもの。

いつもとちょっと違う装いや、オンとオフの気分の違いも、ぜひ味わってみてください。

関連記事

-ファッションの違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.