違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

ハードディスク

ITの違い

【PC】回復ドライブとリカバリディスクの違いをわかりやすく解説

投稿日:

パソコンを新たに購入した時、

『回復ドライブ』や『リカバリディスク』を新たに作成した

という経験はありませんか?

 

はなこ
この間、パソコンをWindows10にアップグレードしたんだけど、『回復ドライブ』を作成するように言われたのよね。

『回復ドライブ』っていったい何なの?

僕もよく知らないな。

『リカバリディスク』なら聞いたことあるけど。

たろう
はなこ
後でいいかと思って作らなかったけど、早めに用意したほうがいいのかな?

 

今回は、『回復ドライブ』と『リカバリディスク』について、その違いを解説します。

スポンサーリンク

『リカバリ』とは?

そもそも、『リカバリ』とは何のことなのでしょうか?

簡単に言えば、

インストールされたオペレーティング・システム(OS)を初期状態に復元すること

を指します。

 

例えば、新しく何かのアプリケーションやゲームをインストールしたり、アップグレードした時、オペレーティング・システム(OS)の動作が不安定になったとします。

その場合、たいていの人は、新しくインストールしたりアップグレードしたソフトが原因だと考えて、アンインストールするなどで対処しますよね。

しかし、それでも元に戻らなかったり、よけいに動作が不安定になってしまうと、それ以上、対処することができなくなってしまうことがあります。

 

このように、

原因がはっきり分からずに動作が不安定になった時、最後の手段としてまっさらな状態、つまり初期状態に戻すこと

になります。

『リカバリ』とは、パソコンが工場から出荷されたばかりの初期状態に戻す作業のことを意味します。

そして、

『リカバリ』を行うために使用されるディスクが『回復ドライブ』や『リカバリディスク』

になるわけですね。

 

ところで、最近のパソコンでは、OSの入ったディスクの中にリカバリ用のデータが入った領域が作られている場合が多いです。

OSがおかしくなっても、そのリカバリ用データを使って初期状態に戻すことができます。

しかし、ディスク自体が故障したような場合は、リカバリ用データも使うことができなくなります。

なので、パソコンを正常に戻すための最後の砦が『回復ドライブ』や『リカバリディスク』というわけです。

 

もちろん、それまでインストールしたアプリケーションやゲームなどは、もう一度インストールし直さなければなりません。

普通は、インストールやアップグレードを行った前の状態に復元する機能を、さきに利用します。

『リカバリ』は、

どうにもならなくなった時の最後の手段

であることに注意しましょう。

 

はなこ
『リカバリ』なんて、やったことないけどな。
『リカバリ』は最後の手段だから、やった事がないというのは悪いことじゃないと思うよ。

普通なら、元に戻すときはOSの入ったメディアを使って再インストールをするわけだけど、今は最初からパソコンにプリインストールされている場合があるでしょ?

その場合、インストール用のメディアはないから、代わりに『回復ドライブ』や『リカバリディスク』を作って元の状態に戻せるようにしておくわけだね。

たろう

 

『回復ドライブ』と『リカバリディスク』の違い

Windows

Windows

それでは、『回復ドライブ』と『リカバリディスク』の違いは何でしょうか?

実は、

『回復ドライブ』も『リカバリディスク』も目的は同じです。

どちらも、『リカバリ』を行うために使われるディスクになります。

Windows7までは、『リカバリ』をするためのディスクは『リカバリディスク』と呼んでいました。

Windows8から名称が変わり、『回復ドライブ』という言葉が使われるようになっています。

よって、

『回復ドライブ』も『リカバリディスク』も、『リカバリ』を行うために使われるディスクである

という点は全く同じなのです。

 

少し補足すると、

他にも『システム修復ディスク』と呼ばれるディスクがあります。

これも、工場から出荷されたときの状態にOSを『リカバリ』するという点は変わりません。

しかし、『回復ドライブ』や『リカバリディスク』と大きく違うのは、『リカバリ』のときに既存のシステムのデータを利用するという点です。

なので、ディスクに異常があってデータが破壊されていると、正常に『リカバリ』することはできません。

その代わり、必要なデータが非常に少なくなるので、CD-Rなどでも用意できるという利点もあります。

 

はなこ
『回復ドライブ』と『リカバリディスク』は、どちらも目的は同じだということね。
Windowsの種類によって名前が違うんだね。

しかし、どうして名前を変える必要があったんだろうね?

たろう

スポンサーリンク

まとめ

今回の違いのポイントについて、まとめていきましょう。

ポイント

  • 『リカバリ』とは、インストールされたオペレーティング・システム(OS)を工場から出荷された時の初期状態に復元することを意味する。
  • 『リカバリ』を行うために必要なディスクが『回復ドライブ』や『リカバリディスク』である。
  • 『回復ドライブ』は、Windows8から付けられた名前で、Windows7以前は『リカバリディスク』という名前だった。よって、両者に違いはない。

『回復ドライブ』や『リカバリディスク』は、もしもの時のために必要となる大事なものです。

パソコンを新しくしたときは、必ず作成して用意するようにしましょう。

関連記事

-ITの違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.