違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

食べ物の違い

『おしるこ』と『ぜんざい』の違いをわかりやすく解説!地域で違う?

投稿日:

美味しい和のスイーツは沢山ありますが、中でも古くから親しまれているのが

『おしるこ』と『ぜんざい』。

特に

冬の寒い日に、ホカホカのおしるこやぜんざいを食べる

なんて、最高ですよね。

 

ところで、

『おしるこ』と『ぜんざい』って、どっちがどっちだか分からなくなったりしませんか?

どちらも

『あんこと、お餅か白玉』

なんですよね。

この2つ、何がどう違うんでしょうね。

 

ということで、今回は

『おしるこ』と『ぜんざい』の違いについて調べました。

呼び方の違いだけでなく、個性的なおしるこやぜんざいも紹介していきますよ!

スポンサーリンク

『おしるこ』と『ぜんざい』の違いとは?

これは『おしるこ』?『ぜんざい』?

『おしるこ』も『ぜんざい』も

小豆を使った餡

餅や白玉団子

というのが基本です。

メモ

栗の甘露煮などが入ることもあります。

 

餡は、こしあんを使うことも、粒あんを使うこともあり、さらに水分が多く汁っぽいものも、水分がほとんどないものもあります。

 

そして、

『おしるこ』と『ぜんざい』は地域によって呼び方や区別の仕方が違います。

ですから、ちょっと複雑です。

 

では、違いを見ていきましょう。

『おしるこ』と『ぜんざい』の違いは地域による

『おしるこ』と『ぜんざい』は、地域によって呼び方が変わります。

どう違うのか、表でまとめてみたので、見てみましょう。

 

区別の仕方 おしるこ ぜんざい
関東 汁気があるかないか こしあんでも粒あんでも、汁気のある餡に餅や白玉を入れたもの 汁気がない餡を餅や白玉に添えたもの
関西

(四国、九州含む)

こしあんか、粒あんか こしあんを使った汁気のあるもの。

『こしあんのぜんざい』と呼ぶ人もいる。

粒あんを使った汁気のあるもの
九州の一部地域 白玉団子が入っているか、餅が入っているか 白玉団子が入っているものを『おしるこ』、餅が入っているものを『ぜんざい』と呼ぶ地域も、その逆の地域もある

 

沖縄 こしあんや粒あんで呼び分けることはない。 かき氷に金時、佐藤や黒糖で煮た豆、白玉などが乗っている

 

以上のように、

同じものでも地域によっては『おしるこ』だったり『ぜんざい』だったりするのです。

なんだか、ややこしいですね…。

関東の『おしるこ』と『ぜんざい』の違い

関東での『おしるこ』と『ぜんざい』の違いを、写真で見てみましょう。

関東の『おしるこ』と『ぜんざい』

関東の『おしるこ』と『ぜんざい』

関東では、『汁気があるかどうか』で区別しています。

汁気がある…『おしるこ』

汁気がない…『ぜんざい』

という分け方をしているのです。

 

そして、

餅は角餅

を使うことが多いのが、関東流です。

関東の『おしるこ』

関東では、使っているのがこしあんでも粒あんでも、

汁気のある餡の中に、餅や白玉団子を入れたものを『おしるこ』と呼びます。

 

さらに関東では『おしるこ』の中にも種類があります。

関東のおしるこの種類

  • 『御膳しるこ』…こしあんを使う
  • 『田舎しるこ』…粒あんを使う
  • 『小倉しるこ』…砂糖で煮た小豆に、こしあんを添えたもの、もしくは粒あんを使ったおしるこ

と呼ぶこともあります。

粒あんだと、『田舎しるこ』と言ったり『小倉しるこ』と言ったりする

ということですね。

関東の『ぜんざい』

関東で言う『ぜんざい』は、

汁気がない餡を、お餅に添えたりまぶしたりしたもの

のことです。

 

ぜんざいに関しては、粒あんとこしあんで呼び名が変わることは、ないようです。

関西の『おしるこ』と『ぜんざい』の違い

関西地方では、汁気のあるものを『おしるこ』または『ぜんざい』と呼び、

こしあんを使う…『おしるこ』

粒あんを使う…『ぜんざい』

と呼び分けています。

写真で見ると、このようになります。

関西の『おしるこ』と『ぜんざい』

関西の『おしるこ』と『ぜんざい』

つまり関西では、

こしあんか、つぶあんか

で違いを区別しているのです。

 

そして関西では、

お餅は丸餅

を使うことが多いです。

 

関西の『おしるこ』

関西で『おしるこ』と呼んでいるのは、

汁気のあるこし餡に、お餅や白玉をいれたものです。

 

中には、これを『こしあんのぜんざい』と呼ぶ人もいます。

ちょっと混乱しちゃいそうですね。

 

関西の『ぜんざい』

関西で『ぜんざい』と呼ばれるのは、汁気のある粒あんに、お餅や白玉団子を入れたものです。

 

「関西では、関東で言う『ぜんざい』のような、汁気のない餡のものはないの?」

と思うかもしれませんが、ちゃんとあります。

関西では、汁気のない餡のものは、『亀山』『金時』などと呼ばれているのです。

九州の一部の地域ではどうか

関西での『おしるこ』と『ぜんざい』の区別の仕方は、四国、九州に至るまでと、広く西日本で使われています。

 

でも九州の一部では

  • 白玉団子が入っているものが『おしるこ』
  • 餅が入っているのが『ぜんざい』

と呼んでいる地域もあります。

逆に、

  • 餅が入っているのが『おしるこ』
  • 白玉団子が入っているのが『ぜんざい』

と呼んでいる地域もあるのです。

九州で、初めてのお店で注文する時は、どっちがどう呼ばれているか、確認したほうが良さそうですね。

 

関東や関西では、汁気のあるなしや餡の種類で呼び分けていました。

でもこのように、場所によっては『白玉団子か餅か』で、違いを区別しているところもあるのです。

 

地域によっては個性的な『おしるこ』や『ぜんざい』も

個性的なおしるこやぜんざいもある

『おしるこ』も『ぜんざい』も、全国で親しまれていますね。

地域によっては個性的な『おしるこ』や『ぜんざい』もあるんですよ!

沖縄の『おしるこ』と『ぜんざい』

沖縄で言う『おしるこ』は、

汁っぽい餡にお餅や白玉団子を入れたもの。

こしあんか粒あんかで呼び分けることはないようです。

 

温かいおしるこは『ホットぜんざい』と呼ばれることもあるとのこと。

わざわざ『ホット』と付くところが、冬でも温かい沖縄らしい感じがしますね。

 

一方、沖縄で『ぜんざい』と言っているのは、

かき氷に、

  • 砂糖、黒糖などで煮た、金時豆やそのほかの豆
  • 白玉団子
  • 押し麦

などがトッピングされたもののことです。

 

実際には、お店によってさまざまですが、たとえばこんな感じです。

沖縄の『ぜんざい』

沖縄の『ぜんざい』

 

他の地域と全く違います。

そのため、このぜんざいは

『沖縄ぜんざい』『沖縄風ぜんざい』

などと呼ばれることもあります。

 

沖縄の『ぜんざい』で使われる豆は、元々は緑豆でした。

緑豆は体にも良く、昔は

食欲がない時などに涼を呼ぶ食べ物

として使われていたのです。

それが、戦後米軍が沖縄を占領した時に、金時豆が持ち込まれ、金時豆は煮崩れしにくく使いやすかったため、だんだんと緑豆から金時豆に変わっていったとのこと。

そして、その後、冷蔵庫が普及すると、氷も手に入りやすくなり、かき氷も普及しました。

そのことによって、

『かき氷にトッピングする』

という現在のスタイルになったのです。

北海道の『かぼちゃしるこ』『かぼちゃぜんざい』

北海道には、

おしるこやぜんざいに、白玉団子や餅ではなく、カボチャを入れる地域もあります。

これは、

『かぼちゃしるこ』『かぼちゃぜんざい』

と呼ばれています。

北海道の『かぼちゃぜんざい』

北海道の『かぼちゃぜんざい』

昔は、北海道ではもち米が取れませんでした。

今でこそ北海道産のお米もありますが、昔は寒い北海道での稲作は難しく、お米は

『買わないと食べられない、貴重なもの』

だったのです。

となれば、一般人は、お餅なんてなかなか食べられませんよね。

でも、おしるこやぜんざいは食べたい。

そこで

餅の代わりに、北海道でよく取れるカボチャを使った

とのことです。

 

地方独特の料理には、その土地の歴史も絡んでいるんですね。

 

ちなみに『かぼちゃぜんざい』と似たようなものに、かぼちゃと小豆などの豆を煮た『いとこ煮』という料理があります。

これもなかなかおいしいですよ!

 

『おしるこ』『ぜんざい』の名前の由来と起源

おしるこやぜんざいの起源は?

ところで、『おしるこ』や『ぜんざい』って、なぜこのような名前になったのでしょうね。

それに、どのようにして生まれたのでしょうか?

ここで名前の由来や、起源を簡単に見てみましょう。

『おしるこ』の名前の由来

『おしるこ』の名前の由来には、有力な説が2つあります。

その1 『具の入った汁』説

まず1つ目の説です。

 

元々、『しるこ』とは

  • 『つゆもの』という意味の『しる(汁)』
  • 『実』や『具』を表す『こ(粉)』

この2つが合わさった言葉で、

『具の入った汁』の総称だった

という説があります。

 

寛永時代(1624~1644年)に書かれた書物には

「芋の子も くふやしるこの もち月夜」

という言葉が記されています。

この言葉の中の『しるこ』は、

芋を汁に入れたもの

とのこと。

この時代の『しるこ』は、『具の入った汁』という意味で使われていたのですね。

 

ただ、その後どういうわけで『しるこ』が『餡の汁と餅や白玉団子』に限定されていったかは不明です。

 

その2 『粉のあんで作った汁』説

もう1つの説は、

『粉』の状態のこしあんや、晒しあんを溶かした『汁』に、餅や白玉などを入れるので、『しるこ』と言われるようになった

という説です。

 

晒しあんとは、

こしあんを乾燥させて粉末

にしたものです。

この晒しあんに水と砂糖を加えて汁にし、餅などを入れることから

『汁』と『粉』で『しるこ』

となったのでしょう。

『ぜんざい』の名前の由来

『ぜんざい』の名前の由来には、3つの説があります。

 

その1 出雲大社で振舞ったお餅が由来という説

出雲大社では、

旧暦の10月に全国から神様が集まる

と言われていますよね。

そのため、通常は10月のことを『神無月』と言いますが、出雲では『神在月』と呼ぶとのこと。

 

出雲では、神在月に『神在祭』という神事が行われます。

この神事の時に振舞われるのが『神在餅(じんざいもち)』。

 

もう想像が付くかもしれませんね。

『じんざいもち』が『ずんざいもち』となり、『ぜんざい』となった、という説です。

 

『祇園物語』など、江戸初期の複数の文献によれば、

『ぜんざい』は、出雲が発祥だ

と書いてあります。

ですから、おそらくこの説が最も有力と言えるでしょう。

 

その2 お正月の食べ物が由来という説

今でもお正月には、お餅を食べますよね。

お正月に餅を食べるのは、昔、餅が神聖な食べ物と考えられていたからです。

 

ところで、仏教の言葉には『善哉(ぜんざい)』という言葉があります。

これは『喜び祝う』という意味。

そのことから、昔の人は、

新年を喜び祝う時に食べる餅を『善哉餅』

と呼びました。

 

そして、後に関西では、この『善哉餅』を小豆の汁にいれたものを『ぜんざい』と呼ぶようになったとのことです。

 

その3 一休さんが叫んだという説

『一休さん』こと一休禅師は、室町時代のお坊さん。

とても有名ですよね。

 

この一休さんが、ぜんざいを食べた時に、あまりのおいしさに

「よきかな!」

と叫んだことから『ぜんざい』になった、という説もあります。

 

『よきかな』が、なぜ『ぜんざい』に?

と思うかもしれませんが、『よきかな』は、漢字で『善哉』と書くのです。

そこから『ぜんざい』と読むようになったのでしょう。

 

ちなみに、ぜんざいを最初に食べたのは、一休さんだと言われています。

『おしるこ』や『ぜんざい』はいつから食べられるようになった?

おしるこやぜんざいが食べられるようになったのは、いつ頃からなのでしょうか。

 

おしるこの起源は?

おしるこの起源は、

江戸時代に生まれた『すすり団子』が元

だということが、文献に残っています。

 

当時のすすり団子は、小豆を粉にした汁で餅を煮た塩味のものだった

とのこと。

また、今のように甘いものとして食べるのではなく、もっぱらお酒のアテだったようです。

 

甘いおしるこが当たり前の私達には、しょっぱいおしるこって、ちょっと想像しにくいですね。

 

それがどのように、今現在の甘いおしるこになったのかは、確かなことはわかりません。

でも、最初に甘いしるこを作った人は、もしかしたらとてもチャレンジャーな人だったかもしれませんね。

 

ぜんざいの起源は?

現在分かっている範囲では、

  • 一休禅師が「善哉此汁(ぜんざいこのしる)」と言った
  • 室町時代の公家の一条兼良(いちじょうかねよし)が「善哉は修正の祝い着」と言った

ということから、

室町時代あたりから、ぜんざいが食べられるようになったのではないか

と考えられています。

 

でも、当時の日本では、砂糖は輸入でしか手に入らない、かなりの貴重品。

ですから、室町時代のぜんざいに、砂糖が入っていたのかどうかはわかりません。

ぜんざいが当初から甘かったとしたら、ぜんざいを食べられたのは、限られた人だったかもしれませんね。

スポンサーリンク

まとめ

『おしるこ』と『ぜんざい』の呼び方は、地方によって違います。

大まかには、

  • 東日本では、汁気があるのが『おしるこ』で、汁気がないのが『ぜんざい』
  • 西日本では、汁気のあるうち、こしあんが『おしるこ』、粒あんが『ぜんざい』で、汁気のないものは『亀山』『金時』などと呼ぶ

という違いで分かれています。

 

でも、九州の一部では

『入っているのが白玉団子か、餅か』

で違いを区別することもあります。

同じような料理でも呼び方が違ったり、区別の仕方が違ったりするんですね。

 

そして、地域によって食べ方や入れる物が違うことも、よくあること。

関東では角餅、関西では丸餅を使うだけでなく、場所によっては個性的な『おしるこ』や『ぜんざい』があったりします。

 

土地によって、食べ物の違いがあり、その背景にはその土地の歴史があるのです。

旅行に行ったら、その土地のおしるこや、ぜんざいを食べてみるのも、楽しい旅の醍醐味ではないでしょうか。

関連記事

-食べ物の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.