違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

ファッションの違い

ヘアカラーとヘアマニキュアの違いをわかりやすく解説!その定義は?

投稿日:

髪を綺麗に染めて、イメージチェンジしたい!

白髪が気になるので目立たなくしたい!

 

髪の色も、現在ではオシャレには欠かせないポイントであり、こういう悩みはよく出るもの。

もちろん、解決のためには、実際に染めるのが一番です。

 

ただ、そこでポイントになるのが

『ヘアカラー』と『ヘアマニキュア』の違いを知っているかどうかとなります。

ここを深く考えずに髪を染めると、自分の理想と合わずに失敗することも…。

逆に違いをわかると、希望通りの髪色を手に入れられます。

この記事では、

ヘアカラーとヘアマニキュアの違いをわかりやすく解説

していくので、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

ヘアカラーとヘアマニキュアの定義の違い

美容院の一コマ

それではまずそれぞれの定義からみていきましょう。

ヘアカラーの定義

ヘアカラーとは、

髪の内部の構造を変えて染めることです。

髪の色を決めるのは

メラニン色素

ですが、ヘアカラーは、このメラニン色素を分解して脱色します。

同時に髪の内部から染め上げていきます

ヘアマニキュアの定義

ヘアマニキュアとは、髪の表面を染めていくものです。

中のメラニン色素を分解することはありません。

 

つまり、

髪の内部から染めるのが『ヘアカラー』

髪の表面のみを染めるのが『ヘアマニキュア』

ということです。

 

では、その違いによってどんなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

次はそれを紹介します。

 

ヘアカラーのメリット・デメリット

内部から染めていくヘアカラー。

その性質は、どんなメリット・デメリットをもたらすのでしょうか。

ヘアカラーのメリット

まず、中から染めていくのでヘアマニキュアと比べて発色がいいです。

また、一度染めると、2カ月ほどは色が持ちます

なので、特に明るい色へ変化させたい場合や、白髪をしっかりと染めたい場合は、ヘアカラーが好ましいですよ。

ヘアカラーのデメリット

まず、

髪にダメージを与える可能性

があります。

髪は、『キューティクル』が表面をおおうことで、健康を保っています。

ですが、

ヘアカラーは、キューティクルをめくって染めていく

ため、ダメージにつながりやすいのです。

もっとも、髪に優しいヘアカラーもあります。

ヘアカラーを選ぶときに注意すれば、ダメージを減らすことはできます。

 

また、発色がいいぶん、

髪が伸びてくると、根元が目立ってきます

なので、また根元だけ染めるなど、こまめなケアもヘアカラーには必要です。

 

ヘアマニキュアのメリット・デメリット

続いて、表面のみを染めるヘアマニキュアのメリット・デメリットを紹介しましょう。

ヘアマニキュアのメリット

髪に、

ダメージを与えることが、まずない

ことが、ヘアマニキュアの大きなメリットです。

むしろ表面をコーティングしてくれるので、

髪にツヤやハリ

が生まれますよ。

紫外線からのガードも期待できます。

 

発色が、ヘアカラーほど出せないぶん、

自然な仕上がり

となります。

髪が伸びても、根元が目立つことはありません。

また、かぶれなどの心配が、ほとんどなく安心して使えます。

ヘアマニキュアのデメリット

ヘアカラーほどの明るい発色が出せない

ことが、デメリットの1つです。

なので、一気に髪色を明るくしたい場合には、ヘアマニキュアは不向きです。

 

また、

髪を洗うたびにヘアマニキュアは色落ち

していきます。

そのため、

長くても1カ月ほどしか色が持ちません

他にも、ヘアマニキュアから、すぐにヘアカラーに変更はできません。

というのも、ヘアマニキュアのコーティング作用が、ヘアカラーが内部に入り込むのを邪魔するからです。

 

ヘアカラーはこんな人におすすめ

  • 黒髪から一気に明るく染めたい
  • 白髪を完全に隠したい

以上の場合においては、確実にヘアカラーです。

発色も良いので、希望通りの色に染めたい場合も、ヘアカラーがおすすめです。

イメージの一新に、もってこいですね。

ただし、ヘアカラーを使用すると、かぶれなどの症状が出る人もいます。

その場合は、残念ですが、使用を中断しましょう。

 

ヘアマニキュアはこんな人におすすめ

黒髪からでも、白髪からでも、極端に変えるのではなく、

自然な感じで染めたい場合

には、ヘアマニキュアです。

また、

髪へダメージを与えたくない人

は、ヘアマニキュアが好ましいです。

ダメージどころか、髪にハリやツヤが生まれるので、

オシャレと髪の健康の両立

をヘアマニキュアは実現できますよ。

 

色落ちがしやすい半面、短期間でいろいろ試せるので、

  • どういう色が、自分の髪に合うのか試したい場合
  • 初心者

には、ヘアマニキュアがおすすめです。

スポンサーリンク

まとめ

定義としての違い

  • 髪の内部から染めるのが『ヘアカラー』
  • 髪の表面のみを染めるのが『ヘアマニキュア』

ヘアカラーのメリットと、デメリットからみるおすすめタイプ

メリット

  • 発色がいい
  • 色持ちがする

デメリット

  • 髪にダメージを与える可能性がある
  • 伸びてくると根元が目立つ

こういう人におすすめ

  • 一気に、髪色を明るく染めたい
  • 白髪を完全に隠したい
  • 髪色でイメージを一新したい

ヘアマニキュアのメリットとデメリットからみるおすすめタイプ

メリット

  • 髪を自然な感じで染められる
  • 髪にダメージがほとんどなく、かぶれなどの心配もない。
  • 髪にハリやツヤが出る

デメリット

  • 明るい発色は難しい
  • 色落ちしやすい

こういう人におすすめ

  • 自然な感じに染めたい
  • 髪にダメージを与えたくない
  • 短期間で、いろいろ試したい人や初心者

ぜひ、髪を染めるときの参考にしてください。

関連記事

-ファッションの違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.