違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

公立保育園と私立保育園の違い

その他の違い

保育園の公立と私立の違いをわかりやすく解説!料金を比較チェック

投稿日:

子供を保育する施設である保育園には、

公立

私立

の2種類があります。

同じ保育園でも、料金やサービスなどが異なることから、保育園を選ぶ時に悩む人も多いことでしょう。

家庭環境にあった保育園を選ぶうえで、2つの違いを理解しておけば、大きな判断基準になるのではないでしょうか。

 

そこで今回は

『保育園の公立と私立の違い』

をわかりやすく解説していきます。

保育にかかる料金の比較もしていきますよ。

スポンサーリンク

保育園の公立と私立の違い

公立保育園と私立保育園の違い

公立保育園と私立保育園の違い

運営している団体が違う

保育園の公立と私立の一番の違いは

『運営している団体の違い』

です。

 

公立保育園は、

『自治体』

が運営しています。

そのため、教育内容や保育目標が、同じ内容になるのが基本です。

 

私立保育園は、

『学校法人や、NPO法人などの団体』

が運営しています。

運営団体や園長の教育方針によって、それぞれの保育園に個性の違いが生まれるのが、私立保育園の特徴と言えるでしょう。

 

公立保育園の特徴

保育内容の標準化

公立保育園は、自治体が運営していることで、

保育内容が標準化され、その内容がほぼ同じ

という特徴があります。

すべての公立保育園で、同じ保育内容が受けられるのがメリットと言えるでしょう。

しかし、自治体で決められた規定通りに運営されるので、状況などの変化に応じて、適切な対応ができない場合もあります。

保育士は公務員

公立保育園で働いている保育士は、その自治体で働く公務員です。

ベテランの保育士も多く、信頼できる保育士と出会える機会も多いでしょう。

保育士の異動がある

自治体内で人事異動、転勤があります。

人事異動の発表日は自治体で決まっているため、突然の担任が異動するというケースも。

 

私立保育園の特徴

園ごとの個性が出やすい

私立保育園は学校法人や、NPO法人などの団体が運営しています。

そのため、

運営団体の教育方針や園長によって、園ごとの個性がでやすい

というのが特徴です。

例えば、外国人教師を招いての英語教育や、食育、体操や水泳など、公立保育園にはないカリキュラムがあったりもします。

 

また、親子遠足など親子参加の行事も多く、子供の成長を間近で感じられる機会も用意されています。

他にも、園ごとに保育内容は様々なので、保護者が望む条件の満たした保育園も見つかりやすいでしょう。

延長保育がある

私立保育園は、公立保育園に比べて、保育時間が長いという特徴があります。

朝7時から夜は20時まで

という時間帯で預かってもらえるところもありますよ。

保育士の異動がない

私立保育園は、公立保育園とは違い、

基本的に保育士の異動がない

という特徴があります。

子供のことをよく知っている保育士が、保育園に長く滞在することになるので、保護者も頼りやすく安心感が生まれるでしょう。

子供が保育園から卒園しても、弟や妹が再度お世話になる可能性もありますね。

そんな時、保育士に異動がないことは大きなメリットです。

 

公立保育園と私立保育園の特徴比較表

上記に挙げた特徴を、表にまとめてみました。

特徴 公立保育園 私立保育園
運営団体 自治体 学校法人や、NPO法人など
保育内容 自治体が決められたルールのもと標準化されている 保育園ごとに、個性がある
保育時間 原則8時間 延長保育がある保育園もある。
中には、7時から20時まで預かってもらえるところも。
勤務する保育士 自治体で働く公務員であり、異動する可能性がある 基本的に異動がなく、長期にわたって常駐している

気になる点としては、

『公立保育園と私立保育園の料金の違い』

ですね。

それでは、続いて2つの保育園にかかる料金を比較していきます。

 

公立保育園と私立保育園の料金の違い

費用の違い

公立も私立も認可保育園なら保育料は同じ

基本的に公立でも私立でも

認可保育園

なら保育料は同じです。

世帯収入や子供の年齢、地域によってばらつきあり。

目安としては、以下の表になります。

1世帯における児童1人あたりの保育料(平均値) 20,491円
児童が1人の世帯 22,381円
児童が2人の世帯 15,606円

*平成24年地域児童福祉事業等調査結果の概況

無認可の保育園の料金

無認可の保育園は、すべて私立保育園となります。

基本的に、国や自治体からの補助金が出ないため、保育料は高くなる傾向があります。

 

無認可の保育園は、園ごとに独自に保育料を設定しているため、一概にいくらかは決まっていません。

おおよその目安になりますが、

月額で50,000円~70,000円の保育料

に設定している保育園が多いです。

スポンサーリンク

まとめ

公立保育園と私立保育園の違いを比較すると、一番の違いは

『運営している団体の違い』

です。

運営している団体の違いから、変わってくるのは決まり事となります。

 

公立保育園では、自治体の決まり事をもとに、

保育内容が標準化

されているのです。

それに対して、私立保育園では、運営団体の教育方針や園長によって、

それぞれ個性ある保育内容

が特徴といえるでしょう。

 

働いている保育士にも違いがあります。

公立保育園では、自治体の公務員が保育士をしていることから、

異動

があります。

一方の私立保育園では、基本的に異動がありません。

そのため、同じ保育士に長期的に接することができることが、私立保育園の大きなメリットといえるでしょう。

 

また、私立保育園には

延長保育

という制度があります。

公立に比べて、一日で長い時間、子供を預けることができます。

 

気になる料金の違いですが、

認可保育園であれば、公立も私立も保育料は同じです。

世帯収入や子供の年齢、住んでいる地域によって、ばらつきがありますが、平均すると20,000円ほどでしょう。

 

それぞれの特徴を把握した上で、家族と相談し、より家庭環境と子供にあった保育園を選んでいきたいものですね。

関連記事
認定こども園と保育園の違い
認定こども園と保育園の違いをわかりやすく解説!費用を比較チェック

子供を保育する施設には、 認定こども園 保育園 こちらの2つがあります。 どちらも未就学の子供を預かってくれますが、それぞれどういった施設なのかわからないと、選ぶ時に困りますね。   また、 ...

続きを見る

関連記事

-その他の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.