違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

ガソリンスタンド

その他の違い

【ガソリン】ハイオクとレギュラーと軽油の違いをわかりやすく解説

投稿日:

ガソリンスタンドで給油する時、『ハイオク』『レギュラー』『軽油』と、いろんな種類がありますよね。

これらの違いについて知っていますか?

 

はなこ
ガソリンスタンドで『ハイオク』満タンでとか頼むじゃない。

『ハイオク』とか『レギュラー』とか、いったい何が違うのかしらね?

軽油を入れる場合もあるよね。

それぞれの違いについては、考えたことがなかったな。

たろう

 

ということで、今回は『ハイオク』『レギュラー』『軽油』の違いについて解説します。

スポンサーリンク

『ハイオク』『レギュラー』と『軽油』の違い

ガソリンメーター

ガソリンメーター

そもそも『ハイオク』『レギュラー』『軽油』とは何でしょうか?

『ハイオク』『レギュラー』『軽油』の原料が、石油である

ということは、多くの人が知っているでしょう。

石油は、加熱炉で350℃に加熱され、分留という方法によって、いくつかの種類に分けられます。

30~180℃の沸点のものは『ガソリン』、170~250℃の沸点のものは『灯油』、

そして240~350℃の沸点のものは『軽油』になります。

 

そして、最後に残ったものは『重油』や『アスファルト』になるわけです。

つまり、

『軽油』は、石油の中では沸点の高い成分である

ということになりますね。

『ハイオク』と『レギュラー』は、どちらも沸点の低い成分である『ガソリン』の仲間になります。

 

『ハイオク』と『レギュラー』の違い

それでは、同じ『ガソリン』の仲間である『ハイオク』と『レギュラー』は何が違うのでしょうか?

それを理解するためには、『オクタン価』という数値について、理解する必要があります。

 

ガソリンは、『ノルマルヘプタン』と『イソオクタン』の混合物です。

『ノルマルヘプタン』は自己着火しやすい性質を持ちます。

つまり、自然に発火しやすいということですね。

それに対して『イソオクタン』は着火しにくい性質を持ちます。

この

『イソオクタン』の含まれている比率のことを『オクタン価』

というのです。

『イソオクタン』の比率が低い(つまり『オクタン価』が低い)と、車のエンジンの中で『ノッキング』と呼ばれる現象が発生しやすくなります。

 

ノッキングとは、エンジン内部で意図したタイミング以外で爆発を起こし、エンジン内部のピストンがぶつかる現象のことです。

ドアをノックするように「カンカン」「キンキン」といった音が聞こえることから、ノッキングと呼ばれています。

 

『ノッキング』が発生すると、エンジンの持つ本来の性能が発揮できなくなります。

そのため、『ノッキング』が発生しにくい、『オクタン価』が高い『ガソリン』のほうが、エンジンにとっては都合がいいわけです。

しかし、『オクタン価』を高くするためには、手間がかかるため、値段も割高になります。

 

『オクタン価』が96以上の『ガソリン』のことを『ハイオク』といいます。

ハイ(高い)+オクタン価

ということで『ハイオク』と呼ばれるわけですね。

それに対して、

『オクタン価』が89以上の『ガソリン』を『レギュラー』といいます。

 

はなこ
『ハイオク』『レギュラー』『軽油』の違いはなんとなく分かったわ。
あとは、どのように使い分けられているのか知りたいな。
たろう

 

『ハイオク』『レギュラー』『軽油』の使い分け

『ハイオク』『レギュラー』『軽油』は、どのように使い分けられているのでしょうか?

まず、

『ハイオク』は、ハイオク仕様車に使われるガソリンになります。

ハイオク仕様車としては、国産高級車やスポーツカーなどが該当します。

それに対して、

『レギュラー』は軽自動車や普通車に使われるガソリンになります。

そして、

『軽油』はディーゼル車に使われます。

トラックやバスなどの公共車などで利用されることが多いですね。

 

では、それぞれに適したガソリンや軽油を使わないとどうなるのでしょうか?

ハイオク仕様車でも『レギュラー』を使うことはできます。

しかし、

『オクタン価』が低いことから、エンジンが本来の性能を発揮できなくなります。

また、

普通の車に『ハイオク』を使うことも可能です。

値段が割高にはなりますが、

『ハイオク』には清掃剤などが含まれているためエンジン内部を清浄

してくれます。

よって、内部の汚れが少なくなり、燃費が上がることが期待できます。

 

では、ガソリン車に『軽油』を入れてしまったらどうなるのでしょうか。

ガソリン車に『軽油』を入れて走ると、エンジンの出力が下がり、加速がしづらくなります。

最後には『軽油』が不完全燃焼を起こし、黒煙を出すようになります。

最悪、

エンジンが壊れてしまい、全て交換しなければならなくなるでしょう。

また、

ディーゼル車にガソリンを入れると、白煙を上げてエンジンが止まり、やはり部品の交換が必要になってしまいます。

ですから、ガソリン車に軽油を入れたり、ディーゼル車にガソリンを入れることは極力避けなければいけません。

スポンサーリンク

まとめ

今回の違いのポイントについて、まとめていきましょう。

ポイント

  • 石油は、分留によって『ガソリン』『灯油』『軽油』『重油』『アスファルト』に分けられる。
  • 『オクタン価』とは、自己着火しにくい『イソオクタン』の含有率のことであり、『オクタン価』が96以上の『ガソリン』を『ハイオク』、89以上の『ガソリン』を『レギュラー』という。
  • ガソリン車に『軽油』を入れたり、ディーゼル車に『ガソリン』を入れると、故障の原因となる。

最近では、セルフ給油可能なガソリンスタンドが増えてきました。

しかし、誤ったものを入れてしまうと、本来の性能が発揮できないばかりか、故障の原因となることもあります。

入れる前に、必ず確認をするようにしましょう。

関連記事

-その他の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.