違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

その他の違い

機器と器具の違いをわかりやすく解説!意味と正しい使い分け方を紹介

投稿日:

昔と比べると、現代は、様々な機能を持った製品で、あふれかえっています。

例えば、家電量販店に行くと、パソコンの本体だけでも、大きさや形、重さや機能が豊富で、何種類も販売されていますね。

みさと
パソコンといえば、周辺機器って言うじゃない?
みさと
パソコンに詳しくないと、機器って何のこと?と思うのよね。
ひろし
確かに、それは思う。
それに、パソコンの使用に関係するものなら、調理器具みたいに、周辺器具とは言わないのかしら?
みさと

 

このように、ふと疑問に思った時の、言葉の使い分け方は難しいですね。

そこで今回は、『機器』と『器具』の違いについて、解説していきましょう!

スポンサーリンク

『機器』と『器具』の違いとは?意味をチェック!

機器か器具か

機器か器具か

『機器』と『器具』は、似ているようですが、やはり意味が違います。

そして、違いのポイントは、構造や大きさに関係があります。

 

機械とは?

機械の定義は、どんどん新しい機械が発明されることから、時代とともに変化しています。

例えば昔は、エンジンなどの、動力で動く大型のものを、機械としていました。

最近は、機械の意味が広範囲となり、ほとんど動く部分がないとされる、コンピューター、電話機、テレビ受信機なども、機械とされています。

『機器』と『器具』の意味を比較してみよう!

『機器』の意味

機械・器械・器具をまとめていう言葉

機械という言葉が、大きな装置に使われることに対し、機器は、

機械よりも比較的規模が小さいが、複雑な構造で組み立てられた道具や装置のこと。

総称であるため、

人間が直接操作するような、小型の装置や道具の意味も含まれます

『機器』を使用する言葉の例:

周辺機器

  • コンピューターに接続する、あらゆる機器のこと
  • ハードディスク、キーボードやマウス、プリンター、ルーター、DVDドライブなどのこと

測定機器

  • 製品の適合性を検証するために、検査や試験で使用する機器のこと
  • 電圧測定器、温度測定器、騒音測定器、振動測定器などのこと

医療機器

  • 人もしくは動物の疫病の診断、治療もしくは予防に使用される機器のこと
  • 人もしくは動物の身体の構造、もしくは機能に影響を及ぼすことが目的とされている機械器具のこと
  • メス、ピンセット、ペースメーカー、人工透析器、補聴器、血圧計、家庭用マッサージ器などのこと

事務用機器

  • 事務全般で用いられる家具、文房具、情報機器などのこと
  • デスクトップパソコン、パソコンの部分品、シュレッダー、タイムレコーダーなどのこと
たろう
『機器』は、機械の機と、器具の器の漢字があることからも、広い範囲の意味を含んでいるのがわかるね。

 

『器具』の意味

器(うつわ)や道具、かんたんな器械のこと。

構造がシンプルでわかりやすい機械や、あつかいが比較的簡単な道具の総称

 

器械とは?

人間によって動かす装置のこと。

なので、人間が使用を停止すると、装置も止まります。

『器具』を使用した言葉の例:

実験器具

  • 科学の実験に用いられる器具のこと
  • ビーカー、フラスコ、メスシリンダーなどのこと

電気器具

  • 電気を熱源や動力源などとして利用する器具のこと
  • アイロン、洗濯機、炊飯器、電気ポット、電気掃除機などのこと

健康器具

  • 使用することにより、健康に役立つ器具のこと
  • 万歩計、エアロバイク、ダンベル、ぶらさがり健康器具などのこと

計量器具

  • 計量に用いる器具のこと
  • 電子天秤(デジタルスケール)、計量皿、計量スプーン、計量カップなどのこと
みさと
コンピューターに関連するものは、複雑な構造だから、『機器』の言葉がよく使われるのね。

 

『機器』と『器具』の使い分け方の違いは?

使い分け方として、

機器』は機械器具の総称

『器具』は人の力によって動き、『機器』よりは小型の器械や道具の総称

となります。

ひろし
どちらも、まとめる言葉なんだ。

 

では、『機器』と『器具』の違いを、活用例で確認していきましょう。

『機器』の活用例

  • 天文台の観測機器で取得したデータを、解析していたら、新たな惑星を発見した。
  • 米航空防衛機器大手の企業は、製造した戦闘機を、他国へ売却しようと検討している。
  • ETC機器の更新工事を行うため、関越自動車道の下り線の料金所は、夜間に閉鎖される。
  • 駅前にある大きな病院は、高精度の医療機器を導入している。

『器具』の活用例

  • 本格的に暑くなる前に、エアコンや冷房器具の手入れをする。
  • 災害時のために、LED光源タイプのランタンなど、照明器具があると安心です。
  • 出番の多い包丁やまな板、フライ返しや計量カップなどの調理器具は、コンロの付近を定位置にしたり、吊しておくと、片付けもしやすいです。
  • 今度の週末、コーヒー器具専門店に、ドリップケトルを買いに行く。

スポンサーリンク

まとめ

今回の違いのポイントは、

機器>器具

です。

そして、

どちらの言葉も『総称』となります。

機器

  • 意味は広く、機械器具の総称。
  • 大型で、据え置き型や、動力で動く機械や装置のこと。
  • 器具の意味も含む。
  • 構造が複雑である。

器具

  • 『手に取る、手を用いる』というような、人間の動作がともなう装置や道具。
  • 機器に比べると、小型の道具や装置などのこと。
  • 構造がわかりやすい。
たろう
『器具』は、手で扱いやすいもの、と覚えるとわかりやすいよ。

関連記事

-その他の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.