違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

アロマディフューザー

その他の違い

アロマディフューザーと加湿器の違いと正しい使い方をわかりやすく解説

更新日:

これからアロマテラピーを楽しもうと思っている人の中には、

「『アロマディフューザー』を購入しよう!」

と考えている人も多いでしょう。

また、すでにアロマディフューザーを使っている人の中には、

「アロマディフューザーって、ミストが出てるけど加湿器との違いは何?」

「アロマディフューザーは加湿器の代わりになるの?」

「アロマディフューザーを買ったけど加湿効果があまりない気がする…」

こんな疑問はありませんか?

 

乾燥が気になる季節に、一家に一台は置いておきたい『加湿器』。

もしも、アロマテラピーを楽しみながら、乾燥も防ぐことができたら、嬉しいですよね。

そこで、当記事では、

アロマディフューザーと加湿器の違いと正しい使い方

こちらを解説していきましょう。

スポンサーリンク

アロマディフューザーと加湿器の効果の違い

さて、さっそくアロマディフューザーと加湿器の違いをチェックしていきましょう。

アロマディフューザーと加湿器の、効果の特徴や主な使い方を見ていきます。

アロマディフューザーの効果

アロマディフューザーとは、アロマテラピーで芳香浴をする際に使用する機材です。

主に、精油の香りを部屋に広げて楽しんだり、精油の効能を取り入れるために使います。

 

アロマディフューザーには、

ライト式:別名『アロマランプ』とも呼ばれ、コンセントに差した電球の熱で香りを広げる

キャンドル式:キャンドルの熱で、上の受け皿の精油の香りを広げる

超音波式:超音波で香りのミストを出し、精油の香りを広げる

ファン式:フィルターに染み込ませた精油の香りを、ファンの風で広げる

これらの種類があります。

中でも、加湿器の効果とよく間違われるのが、ミストを出すことで香りを広げる

『超音波式アロマディフューザー』

です。

超音波式アロマディフューザーから出るミストに、

「これなら加湿器の代わりになりそう!」

なんて思って購入したり、デスク回りに設置している人もいるようです。

加湿器の効果

一方、加湿器の効果は、『湿度の調整』です。

お部屋の湿度を、快適な状態で保ってくれます。

とくに、乾燥している時期には、湿度の調整することで、

インフルエンザ予防

ウイルスの増殖予防

静電気予防

などの効果が期待できます。

そのため、最近では学校や会社でも設置しているところが、増えてきています。

 

そして、加湿器にも、いくつか種類があります。

スチーム式:蒸気を出すことで加湿する

気化式:送風で水を蒸発させて加湿する

超音波式:超音波で水蒸気を出して加湿する

ハイブリッド式:スチーム式と超音波式を組み合わせて加湿する

中でも、超音波式加湿器は、小ぶりなものも多く、デスク回りや一人暮らしの部屋で使用する人が増えていますね。

 

アロマディフューザーに加湿効果はないの?

さて、アロマディフューザーと加湿器の、主な効果が分かりましたね。

アロマディフューザーは、精油の香りを広げて楽しむ『アロマテラピー』がメインです。

一方、加湿器は、『湿度の調整』が目的です。

 

しかし、よく加湿器との効果が間違われる、『超音波式アロマディフューザー』では、ミストが広がるため、

加湿器の代わりにならないの?

と、ここが一番気になるところでしょう。

 

たしかに、ミストが出るからには、『加湿効果が全くないこと』は、ないでしょう。

しかし、アロマディフューザーと加湿器の大きな違いは、使用する『水の量』という点にもあります。

もともと、使用する目的が違うため、ミストの量も違います。

そのため、アロマディフューザーと加湿器では、見た目の大きさも違いますよね。

アロマディフューザーのミスト量では、部屋の湿度を調節するほどの効果はあまり期待できません。

 

アロマディフューザーと加湿器正しい使い方

アロマディフューザーと加湿器では、使用目的が違うため、効果も違います。

もちろん使い方にも違いがあります。

設置場所

部屋の湿度を調節する加湿器とは違い、精油の香りを拡散させるアロマディフューザーには、設置場所に注意が必要です。

アロマディフューザーは、あまり至近距離での使用は、避けた方が良いでしょう。

アロマディフューザーは、精油を使用します。

精油は、天然の植物から抽出したものなので、それぞれに効能があります。

その効能が、至近距離では体に強く影響を及ぼしてしまう可能性があるからです。

 

また、アロマディフューザーと加湿器どちらも、

  • 家電製品の付近
  • 木製家具にミストが当たる場所
  • 窓際

といった箇所には、設置しないようにしましょう。

ミストによって、結露やカビの原因になったり、家電製品の故障・火災の原因となることがあるからです。

アロマディフューザーはペットや子供も注意が必要

アロマディフューザーでは、精油の香りを広げるため、その精油の効能にも期待する事ができます。

しかし、

ペットや小さな子供は、その影響を受けやすい

ため、注意が必要なのです。

 

迷ったらアロマ加湿器もおすすめ

加湿効果も欲しいけどアロマテラピーも楽しみたい!

こんな人も多いはず。

最近では、

アロマ加湿器

という製品があります。

こちらは、メインの機能の『加湿』に加えて、アロマディフューザーのように精油の香りを楽しむことができます。

もし、しっかりとした加湿効果が欲しいのであれば、アロマディフューザーよりも『アロマ加湿器』がおすすめです。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、アロマディフューザーと加湿器の違いと正しい使い方について、チェックしました。

アロマディフューザーと加湿器では、目的となる効果が違いましたね。

アロマディフューザーは、精油の香りを広げて楽しむもの

加湿器は『湿度の調整』がメイン

ですから、アロマディフューザーは加湿器の代わりには、ほとんどなりません。

 

もともと、目的が違うため、アロマディフューザーと加湿器では、使用する水の量や、出てくるミスト量が違います。

アロマディフューザーのミスト量では、十分に加湿をすることができないのです。

また、アロマディフューザーでは、天然の成分である精油を使用するため、設置場所にも注意が必要です。

 

アロマ機能のついた加湿器も、魅力的です。

加湿もしながら、アロマテラピーを楽しめたら、心も体もリラックスできそうですよね。

関連記事
アロマと香水の違い
アロマと香水の違いをわかりやすく解説!その目的と効果をチェック

香りのある生活は、豊かな気持ちになりますよね。 香りを楽しむアイテムは、様々ありますが、その中でも アロマ 香水 この二つの違いについて、悩むことってありませんか? 「アロマテラピーに香水は使ってもい ...

続きを見る

-その他の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.