違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

イヤホン

ITの違い

m4aとmp3の拡張子の違いをわかりやすく解説!音質が良いのは?

投稿日:

スマホや携帯電話、パソコンなどで音楽を聞く時、あなたはどのタイプの音源を使っていますか?

 

はなこ
音楽を録音できるファイルに『m4a』とか『mp3』とかあるじゃない。

あれって、いったい何が違うのかしらね?

僕はそんなの意識したことがないな。

どちらでも音楽は聞けるから問題ないんじゃないの?

たろう
はなこ
でも、どちらの方が音質がいいのか気になるじゃない。

 

今回は、『m4a』と『mp3』の違いについて調べ、どちらの方が音質がよいのか解説します。

スポンサーリンク

『m4a』と『mp3』2つの拡張子の意味は?

まずは、『m4a』と『mp3』の2つの拡張子の意味を調べてみましょう。

先に『mp3』について解説します。

『mp3』とは?

音響データを圧縮する技術の1つであり、それから作られる音声ファイルフォーマット

のことです。

簡単に言えば、

人間の耳の特性を利用して目立たない音を間引くことで音楽データを圧縮したファイルの拡張子

が『mp3』となるのです。

『MPEG-1 Audio Layer-3』が正式名称であり、その名が示すとおり、その前の規格として『mp1』『mp2』もあります。

ただ音楽再生用に広く用いられたのは、『mp3』からでした。

 

mp3の詳細については、以下の記事で解説しています。

関連記事
イヤホン
wavとmp3の違いをわかりやすく解説!音質の劣化はわからない?

スマホやパソコンなどで聞くことのできる音楽には、『wav』だとか『mp3』といった形式で保存されていますよね。   はなこ音楽を保存する時、『wav』だとか『mp3』って形式があるじゃない。 ...

続きを見る

 

『m4a』とは?

MPEG-4で定められた規格に対してApple社が独自の拡張を行った音声ファイルフォーマット

のことです。

MPEG-4とは、音声だけではなく動画や静止画についても定められた規格です。

しかし、『m4a』の拡張子を持つファイルは、その中の

音声部分だけを対象

としています。

 

MPEG-4ファイルの拡張子は『mp4』です。

通常は動画のファイルフォーマットとして使われていることから、これまでに見たことがあるかもしれませんね。

MPEG-4という名前が付いていることから分かるように、『mp3』よりも新しい規格になります。

 

はなこ
『mp3』と『m4a』の意味は分かったわ。
じゃあ、どちらの方が音質がいいんだろうね?
たろう

 

『m4a』と『mp3』の音質の違い

Bluetooth

Bluetooth

『m4a』と『mp3』では使われている技術に違いがあるため、音質にも差がありそうですね。

それを解説する前に、2つのファイルフォーマットで重要なパラメータである『ビットレート』について解説します。

『ビットレート』とは?

圧縮時に収めるべき1秒間のデータのサイズ

のことです。

『128kbps』『160kbps』という言葉を聞いたことはないでしょうか?

これらは、

『1秒間の音のデータをそれぞれ128kbit以下、160kbit以下に収めなければならない』

ということを意味しています。

当然、『ビットレート』が低くなるほどデータは小さくできます。

しかし、その分、間引かれるデータ量も増えることになるので、音質は劣化します。

つまり、『m4a』と『mp3』のファイルフォーマットの違いだけでなく、『ビットレート』によっても音質が変わることになりますね。

音質の劣化が抑えられ、ファイルの圧縮率もよい『ビットレート』の目安は、だいたい128kbpsから160kbpsの間くらいです。

 

『m4a』と『mp3』の音質の違い

128kbpsから160kbps程度の『ビットレート』の場合、

『m4a』と『mp3』の間で大きな音質の違いはありません。

しかし、

同じ『ビットレート』であれば、『m4a』のほうが規格が新しいこともあり、『mp3』よりも圧縮率が高い傾向にあります。

また、

低ビットレートに対しては、『m4a』のほうが『mp3』よりも音質は上になります。

なので、ビットレートをできるだけ低くして保存したい場合には『m4a』が有効でしょう。

 

『m4a』は、Apple社が独自の拡張を行ったファイルフォーマットです。

そのため、

『iPhoneやiPad、Macなどでしか聞けないのではないか?』

と心配する人もいるかもしれません。

現在は、スマホや携帯電話、パソコンなどで使える、たいていのオーディオプレイヤーは『m4a』に対応しています。

また、『m4a』から『mp3』へ変換するソフトもあり、『mp3』へ統一してしまう手段も良いでしょう。

 

はなこ
『m4a』か『mp3』かを気にするだけでなく、『ビットレート』の値についても確認しないといけないということね。
それにしても、動画にしろ音楽にしろ、ファイルフォーマットがありすぎてよく分からなくなるね。

音楽の方はまだマシかも知れないけど、動画の方はいったい何のフォーマットが使われているのか訳がわからないよね。

たろう

スポンサーリンク

まとめ

今回の違いのポイントについて、まとめていきましょう。

ポイント

  • 『mp3』とは、音響データを圧縮する技術の1つであり、それから作られる音声ファイルフォーマットのことである。
  • 『m4a』とは、MPEG-4で定められた規格に対して、Apple社が独自の拡張を行った音声ファイルフォーマットのことである。
  • 同じビットレートを使った場合、『m4a』の方が『mp3』よりも圧縮率は高い。
  • 低ビットレートで圧縮した場合、『m4a』の方が『mp3』よりも音質はよい。

音楽ファイルが『m4a』か『mp3』か、あまり気にする必要はないでしょう。

さらに音質のいい音を楽しみたいのであれば、音の劣化のない『wav』や『FLAC』などもおすすめです。

関連記事

-ITの違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.