違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

USB

ITの違い

USB2.0とUSB3.0の違いをわかりやすく解説!転送速度と見分け方を紹介

投稿日:

パソコンやスマホなどの機器をつなぐために利用されているUSB。

『USB2.0』と『USB3.0』の2種類があることを知っていますか?

 

はなこ
この間、外付けのハードディスクを買ったんだけど、『USB3.0』対応って書いてあったの。

『USB2.0』と何が違うのかな?

やっぱり、『USB3.0』の方が新しいだろうから、いろいろと優れてるんだろうね。
たろう
はなこ
転送速度とか、やっぱり違うのかな?

 

今回は、『USB2.0』と『USB3.0』の違いについて調べ、その見分け方について解説します。

スポンサーリンク

『USB2.0』と『USB3.0』の違い!転送速度はどれくらい違う?

まずは、『USB』の概要について調べてみましょう。

『USB』とは?

Universal Serial Busの略で、コンピュータ等の情報機器に周辺機器を接続するためのシリアルバス規格の1つ

のことです。

USBが誕生したのは1996年になります。

それまでは、モデムなどをつなぐための『RS232C』やキーボード・マウスをつなぐための『PS/2』などが広く使われていました。

それらに、置き換わる新しいシリアルバスとして、USBの仕様が策定されたのです。

 

当時、仕様の策定には、CPUの製造・販売を行うインテルやWindowsで有名なマイクロソフト、パソコン製造メーカーのコンパック(現ヒューレット・パッカード)など、IT産業の大手が多く参加していました。

そのため、現在ではUSBが様々な周辺機器を接続するための主要なインターフェイスとなっています。

 

『USB2.0』と『USB3.0』の最も大きな違いは、仕様が策定された時期です。

『USB2.0』は、『USB1.0』の後継として2000年に発表されました。

そして、『USB3.0』はさらに新しい規格として2008年に発表されています。

つい最近、2019年9月に、最新の規格である『USB4』が発表されました。

普及するのはこれからですが、『USB4』を使った製品も誕生することでしょう。

 

はなこ
『USB3.0』の方が『USB2.0』よりも新しいことはだいたい分かるわよね。
気になるのは性能の方だよね。
たろう

 

『USB2.0』と『USB3.0』の性能差!転送速度の違いは?

『USB2.0』と『USB3.0』の性能は主に次のようになります。

『USB2.0』と『USB3.0』の性能

策定時期 最大データ転送速度 最大伝送距離 給電能力
USB2.0 2000年4月 480Mbps 5m 500mA
USB3.0 2008年11月 5Gbps 3m 900mA

最大データ転送速度を比べると、『USB2.0』が480Mbpsなのに対し、『USB3.0』は5Gbpsと10倍以上の性能差があります。

 

『USB2.0』に対して『USB3.0』は、

データの読み込みや書き込みの時間が最大1/10に短縮される

ということになります。

 

ちなみに、『USB3.0』のマイナー・バージョンアップ版として『USB3.1』『USB3.2』があります。

『USB3.1』ではデータ転送時間が倍の10Gbpsに、『USB3.2』ではさらに倍の20Gbpsになります。

そして、『USB4』のデータ転送速度は更に速く、40Gbpsとなっています。

『USB4』は『USB3.0』の実に8倍ですから、大幅にデータ転送時間が短くなりますね。

 

はなこ
10倍の性能差があるんだから、『USB3.0』対応の周辺機器を買ったほうが断然お得よね。
でも、気をつけなければいけないのはパソコン側が『USB3.0』に対応しているかどうかだよね。
たろう

 

『USB2.0』と『USB3.0』の見分け方

『USB2.0』と『USB3.0』は、どうやって見分ければいいのでしょうか?

 

実は、USBの端子をみれば、すぐに見分けることが可能です。

USB3.0

USB3.0

『USB3.0』の場合、端子の中が青くなっています。

『USB2.0』の場合は、端子の中は色がついていません。

これですぐに見分けることができますね。

 

では、『USB3.0』対応の機器を『USB2.0』用の差し込み口につないだり、『USB2.0』対応の機器を『USB3.0』用の差し込み口につなぐことはできないのでしょうか?

 

『USB2.0』と『USB3.0』の間には互換性があります。

なので、異なるバージョン同士を接続して使うことは可能です。

しかし、片側が『USB2.0』の場合、『USB3.0』が持つ性能を発揮することはできなくなります。

なので、『USB3.0』対応の機器をパソコンに接続する場合は、できるだけ『USB3.0』専用の差し込み口につなぐようにしましょう。

スポンサーリンク

まとめ

今回の違いのポイントについて、まとめていきましょう。

ポイント

  • 『USB2.0』と『USB3.0』では、仕様の策定時期が異なる。『USB2.0』は2000年、『USB3.0』は2008年である。
  • 『USB2.0』のデータ転送速度は最大480Mbpsなのに対し、『USB3.0』のデータ転送速度は最大5Gbpsで、10倍以上の性能差がある。
  • 『USB3.0』は端子の中が青いため、『USB2.0』とすぐに見分けることができる。
  • 『USB2.0』と『USB3.0』は互換性があるため、異なるバージョン同士で接続することができるが、その場合は『USB3.0』本来の性能が発揮できない。

USBは、これからも周辺機器用のインターフェイスとして広く利用されることになります。

周辺機器やパソコン・スマホなどを新たに購入するときは、最新のUSB規格に対応しているかもチェックするとよいでしょう。

関連記事

-ITの違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.