違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

チャート

ITの違い

MT4とMT5の違いをわかりやすく解説!メタトレーダーの機能を比較!

『MT4』とか『MT5』という言葉を知っていますか?

どちらも、『FX』にはよく利用されるものです。

 

はなこ
友達に『FX』取引をしている人がいるんだけど、『MT4』だとか『MT5』だとか、わからない言葉をよく使うのよね。
『メタトレーダー』のことだね。

僕も、言葉は知っているけど、中身についてはあまり知らないな。

たろう
はなこ
『メタトレーダー』って何のこと?

 

今回は、FX取引でよく利用されている『MT4』と『MT5』について、その違いを解説します。

スポンサーリンク

メタトレーダー!『MT4』と『MT5』の機能の違い

『MT4』と『MT5』は『メタトレーダー』という『FX』専用のソフトウェアです。

ロシアのメタクォーツ社が開発したソフトウェアで、パソコン上でFX取引ができます。

 

特徴的なのが『EA(Expert Advisor)』と呼ばれる自動売買ソフトで、

自分で作ったり、他から持ってきたプログラムを『メタトレーダー』に組み込むことで、自動的に売買を行うようなことができます。

 

それでは、『メタトレーダー』の中にある『MT4』と『MT5』では何が違うのでしょうか?

まずは、『MT4』と『MT5』の主な違いを比較してみましょう。

『MT4』と『MT5』の機能比較

MT4 MT5
動作速度 普通 高速
チャート時間足 9種類 21種類
カスタム・インディケーターの種類 豊富 普通
EAの種類 豊富 少ない
アップデート回数(2018年) 0回 8回

まずは『MT5』の優れている点を見てみましょう。

動作速度は、『MT5』のほうが、『MT4』よりも速くなっています。

『MT5』は、『MT4』よりも多くのメモリを消費することで、高速化を実現しました。

逆に言えば、古いパソコンなどでメモリが少ない場合、『MT5』のほうが不利になる場合もあります。

具体的には、

『MT5』のほうが、『MT4』よりも1GB程度メモリを多く消費します。

 

チャート時間足とは、簡単に言えばチャートを更新する頻度のことです。

最も頻度が細かいのは『MT4』も『MT5』も同じで1分足です。

ただ、

『MT5』のほうが『MT4』よりも種類が多く、2分足や3分足など、より細かく頻度を変更することが可能

になっています。

 

逆に『MT5』よりも『MT4』が優れている点を解説しましょう。

『カスタム・インディケーター』とは、簡単に言えば自分でデザインしたチャートの種類を表します。

Excelなどで様々なグラフが表示できますが、あれに似たものと考えると分かりやすいでしょう。

現在、『MT4』用の様々な『カスタム・インディケーター』が利用できますが、これらは『MT5』では使うことができません。

『MT5』用の『カスタム・インディケーター』もありますが、

現在でも『MT4』専用の『カスタム・インディケーター』のほうが圧倒的に多いです。

また、

先に紹介した『EA』の種類も、『MT4』に比べて『MT5』のほうは少ないのが現状です。

 

しかし、アップデート回数を見ると、『MT5』が2018年に8回も行われているのに対し、『MT4』は一度もアップデートされていません。

それだけ安定して動作している証拠なのかもしれませんが、

メーカーであるメタクォーツ社は、今後は『MT5』だけに注力する

という意味でもあるでしょう。

 

『MT4』と『MT5』おすすめはどっち?

強制決済で頭を抱える男性

強制決済で頭を抱える男性

それでは、『MT4』と『MT5』では、どちらを使うのがおすすめなのでしょうか?

結論を言うと…

『MT5』は『MT4』の後継ですが、現在のところはまだ『MT4』を使うべきです。

 

『MT5』は、『MT4』に比べて処理速度が向上し、チャートの更新頻度も細かく設定できるようになっています。

しかし、様々な形式のグラフが表示できる『カスタム・インディケーター』は、今でも『MT4』のほうが数が多く、『メタトレーダー』の一番の目玉である『EA』も、『MT5』は、まだ数少ないです。

今までに作成されてきた豊富な機能を活用したい場合、まだ『MT4』を使い続けたほうがいいでしょう。

もちろん、『MT4』のアップデートが行われていないことから、すでに『MT4』は過去のバージョンという位置づけになっています。

いずれ、『MT5』が主流になっていくことは間違いありません。

だとしても、特に『EA』を活用したいのであれば、現状では『MT4』を使うことをおすすめします。

スポンサーリンク

まとめ

今回の違いのポイントについて、まとめていきましょう。

ポイント

  • 『メタトレーダー』とは、FX取引を行うためのソフトウェアのことである。
  • 『MT4』と『MT5』は、どちらも『メタトレーダー』のことを指していて、『MT5』は『MT4』の後継である。
  • 『MT5』は『MT4』に比べて、動作が速く、チャートの時間足も細かく指定できるという利点がある。
  • 『カスタム・インディケーター』や『EA』の種類は、『MT4』の方が『MT5』よりも多い。
  • 現状は、『MT4』の方を利用したほうがよい。

『FX』は、少ない資金で大きな投資ができるという特徴があります。

しかし、大きな利益が得られる反面、逆に言えば大きな損失を被る可能性もあります。

『FX』取引を行う場合は、その点に注意するようにしましょう。

関連記事

-ITの違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.