違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

Bluetooth

ITの違い 音楽の違い

【拡張子】mp3とmp4の違いをわかりやすく解説!音質はどっちが良い?

音楽や動画などを再生するときに使われる『mp3』や『mp4』について、明確な違いを知っていますか?

 

はなこ
『mp3』とか『mp4』って拡張子のファイルがあるじゃない。

あれって、どちらも音楽や動画のファイルよね。

いったい、何が違うのかな?

僕もよく知らないんだ。

『mp4』の方が新しい形式のような気がするけどな。

たろう
はなこ
どこに違いがあるのか、気になるわね。

 

今回は、『mp3』と『mp4』の違いについて調べ、その音質に差があるのか解説します。

スポンサーリンク

『mp3』と『mp4』2つの拡張子の違い

まずは、『mp3』と『mp4』それぞれの拡張子の意味について調べてみましょう。

『mp3』とは?

音響データを圧縮する技術の1つであり、それから作られる音声ファイルフォーマット

のことです。

MPEG-1/2 Audio Layer-3の略称であり、動画フォーマット用のMPEG-1の中の音声部分の規格にあたります。

簡単に言えば、

人間の耳の特性を利用して目立たない音を間引くことで音楽データを圧縮したファイルの拡張子

が『mp3』となります。

 

mp3の詳細については、以下の記事で解説しています。

関連記事
イヤホン
wavとmp3の違いをわかりやすく解説!音質の劣化はわからない?

スマホやパソコンなどで聞くことのできる音楽には、『wav』だとか『mp3』といった形式で保存されていますよね。   はなこ音楽を保存する時、『wav』だとか『mp3』って形式があるじゃない。 ...

続きを見る

『mp4』とは?

動画や音声を圧縮する技術の1つであり、それから作られる動画・音声ファイルフォーマット

のことです。

MPEG-4 Part14(正式にはISO/IEC 14496-14:2003)

という名称の規格として標準化され、動画や音楽の保存に利用されています。

 

『mp3』と『mp4』の主要な違いは次のようになります。

『mp3』と『mp4』の違い

mp3 mp4
フォーマット 音声用ファイルフォーマット 動画用ファイルフォーマット
定義 MPEG-1 Audio Layer 3 MPEG-4 Part 14
リリース時期 1994年 2002年

最も大きな違いは、

『mp3』が音声のみに対応した規格なのに対して、『mp4』は動画までを対象としている点です。

実は、『mp3』もMPEG-1という動画用のフォーマットの中の音声部分に関する規格を表します。

音楽用に、MPEG-1の一部の規格だけが利用されていることになりますね。

また、

リリース時期は、MPEG-1の規格の一部である『mp3』のほうが古い

ということが分かります。

 

はなこ
要するに、『mp3』は音楽だけに対応できるのに対して、『mp4』は動画の圧縮にも使えるということね。
『mp3』は、MPEG-1規格の中の音楽用のフォーマットだけを利用していることになるね。

MPEG-4の方が新しい技術だから、当然、『mp4』の方が音質は優れているということになるのかな?

たろう

 

『mp3』と『mp4』の音質の違いは?

イヤホン

イヤホン

では、『mp3』と『mp4』では音質に違いはあるのでしょうか?

実は、話はそんなに単純ではありません。

 

まず、MPEG-4は、

『それまでに定義されたファイル・フォーマットであるMPEG-1やMPEG-2などにも対応している』

という特徴があります。

つまり、

今まで定義されたフォーマットを使って動画や音声を変換することができる

わけです。

音声部分について、MPEG-4が対応しているフォーマットは次のようになります。

MPEG-4が対応している音声フォーマット

  • AAC
  • HE-AAC
  • MP3
  • MP2
  • MP1
  • MPEG-4 ALS
  • TwinVQ

これが全てではなく、他にも対応しているフォーマットがあります。

 

中でも『AAC』や『HE-AAC』は、

『mp3』に比べ、同程度のビットレートに対しては音質がよい

とされています。

 

また、『MPEG-4 ALS』は、

劣化のない変換

を行うことができます。

『mp3』は、音を間引くことで高い圧縮率を実現することができます。

間引き処理は、人間の耳には分かりにくい部分に対して行われますが、ビットレートが低くなると、人間の耳にもわかるくらいに音質は低下します。

それに対して『MPEG-4 ALS』の場合は音質の劣化は発生しません。

なので、音質をキープしたままファイル保存することができることになりますね。

『TwinVQ』は、低ビットレートでの音質改善を目標に作られたフォーマットで、

低ビットレートでは『MP3』より音質がよい

という特徴があります。

 

『mp4』形式で音声をファイル保存する時、どの変換方法を使うかは自由に選択することができます。

動画や音声を『mp4』に変換する時、たいていのアプリでは、オプションで音声の形式を選べることを知っているでしょうか?

そのときに『mp3』を選択していれば、『mp4』形式で保存したとしても、『mp3』形式で変換した場合と、全く同じ音質になることを意味します。

もし、音質を重視して『mp4』で保存したい場合は、『mp3』より音質がよいとされている『AAC』や『HE-AAC』、また劣化のない『MPEG-4 ALS』を選択しなければなりません。

 

はなこ
なんだかややこしい話ね。

『mp4』で保存しても、中身は『mp3』と同じにできるなんて知らなかったわ。

動画の方も過去のフォーマットが使えるようになっていて、選択できるみたいだね。

だから、動画や音声のファイル作成の操作はあんなに複雑なんだね。

たろう

スポンサーリンク

まとめ

今回の違いのポイントについて、まとめていきましょう。

ポイント

  • 『mp3』とは、音響データを圧縮する技術の1つであり、それから作られる音声ファイルフォーマットのことである。
  • 『mp4』とは、動画や音声を圧縮する技術の1つであり、それから作られる動画・音声ファイルフォーマットのことである。
  • 『mp4』では、音声用のフォーマットとして複数の規格から選ぶことが可能で、その中に『mp3』のフォーマットも含まれる。
  • 『mp4』を使って『mp3』よりも音質のよい形式で保存したい場合は、『AAC』『HE-AAC』『MPEG-4 ALS』をフォーマットに選択しなければならない。

適切なビットレートで変換していれば、『mp3』と『mp4』で音質の違いに気づくことはほとんどないでしょう。

音質にこだわるあまり、様々なフォーマットを使うと、プレーヤーが対応していないなど問題が発生する場合があります。

フォーマットを決めたら、なるべくひとつに統一して使うことをおすすめします。

関連記事

-ITの違い, 音楽の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.