違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

考える女性

その他の違い

作業療法士と理学療法士の違いを解説!資格や仕事内容をチェック

医療の分野や福祉の分野の中でよく耳にする『作業療法士』と『理学療法士』。

リハビリという面では同じですが、

得意分野に違い

がある専門職です。

 

作業療法士も、理学療法士も国家資格である点は、同じです。

そのために、それぞれ必要な知識を専門の学校や、大学などで3~4年の勉強が必要です。

作業療法士と理学療法士の特長、仕事の内容や、どんな仕事先なのかを、それぞれを理解していきながら違いも知っていきましょう。

スポンサーリンク

『作業療法士』と『理学療法士』の違い

 

高齢者

作業療法士と理学療法士は違います。

運動能力の回復をサポートするのが、『理学療法士』です。

一方で、生活動作や精神的な回復をサポートするのが『作業療法士』になります。

理学療法士 作業療法士
目的
  • 基本動作の回復
  • 基本動作の維持
  • 悪化予防
  • 応用動作の機能回復
  • 社会生活適応のための能力回復
内容
  • 起き上がり
  • 立つ
  • 歩く
  • 座るなど
  • 食事
  • 料理
  • スポーツ
  • 手芸
  • 工作など
活動の場所
  • 一般病院
  • 総合病院
  • 老人保健施設
  • スポーツ関連新設
  • 一般病院
  • 総合病院
  • 精神病院
  • 障害者福祉施設

 

理学療法士とは

理学療法士は、

  • 怪我や病気がきっかけで体に障害が起きた人
  • 高齢で身体機能の衰えた人

に、体の基本的な身体機能全般(起きる、歩く、寝返りなど)を、その人にあったリハビリ計画を練り、回復することをサポートします。

 

理学療法士は、

『Physical therapist』を略して『PT』

と呼ばれます。

理学療法士が、おこなう主な治療法は『運動療法』と『物理療法』の2つがあります。

運動療法

⇒実際に運動をしながら関節の動きを滑らかにしたり、筋力の回復を目指す方法です。

物理療法

⇒温熱、水、赤外線、電気刺激など機械を用いて、運動能力の回復や痛みの軽減を目的とする方法です。

基本動作を行うためのポイントを伝えることや、訓練を指導していくことも。理学療法士の仕事です。

また、

身体機能の衰えや怪我を防ぎ、パフォーマンスを向上するための指導を行うこと

も理学療法士の役割のひとつになります。

 

理学療法士になるには

理学療法士は、国家資格です。

試験は毎年2月に開催され、それに向けて準備を進めます。

どのような方法があるのか見ていきましょう。

資格取得方法
  • 大学(4年間)
  • 短大・専門学校など(3~4年)
内容

 

  • 解剖学
  • 生理学
  • リハビリテーション概論
  • 整形外科学
  • 運動内科学
  • 病理
  • 物理療法
  • 運動療法
実習
  • 臨床実習を最低でも810時間

理学療法士になるためには、

国家試験に合格後、理学療法士免許を取得するために登録の申請

を行います。

免許取得手続きを完了して、はじめて『理学療法士』として働くことができるのです。

 

作業療法士とは

作業療法士は、病気やケガなどが原因で失った

日常生活に必要な能力を取り戻すこと

を身体的、精神的な点から訓練、指導する仕事です。

 

作業療法士は、

『Occupational therapis』を略して『OS』

と呼ばれます。

作業療法士は、リハビリテーションを中でも唯一、

精神的部分でも専門的なアプローチができる職種

でもあるので、活動の場が多く、今後も活躍が期待される点がポイントです。

病気やケガで入院したリハビリ
  • 医師の治療と並行して進めていきます
  • 日常生活に早くもどれるようなプログラムの組み立て
  • 病室での寝たきりによる体力低下の防止
  • 退院時に地域の病院との連携を取りながら退院にむけてのリハビリをサポートする
病気やケガの回復中の家庭への復帰を目的としたリハビリ
  • 脳や心臓の病気、大きなけがや骨折の場合、日常生活に戻ることを目標にするリハビリ
  • 退院の前に家族の面談や自宅での生活環境を整えるための方法やサポートを提案していきます
寝たきりを防止するためのリハビリ
  • 起きる
  • 座る
  • 食事をする
  • トイレに行く
  • 自立した日常を過ごせること
  • 相手に合わせた生活能力を向上させるプログラムの提案、サポートなど
外来リハビリ・訪問リハビリ(退院後)
  • 退院後の自宅での生活に対しての不安へのフォロー
  • 退院後の経過の確認
  • 退院後に自宅へ訪問しリハビリを指導しながら自宅の環境や必要な用具などの提案や指導をする

 

作業療法士になるには

作業療法士になるためには、国家資格の取得が必須です。

資格取得方法や受験内容などを把握しておきましょう。

資格取得方法
  • 大学(4年)
  • 短大 専門学校(3~4年)
内容
  • 解剖学
  • 生理学
  • 運動内科学
  • リハビリテーション概論
  • 病理
  • 整形外科学
  • 発達障害治療
  • 精神障害治療
実習
  • 臨床実習を最低でも810時間

受験資格を得るためには、

所定の過程を終了していること

が必要です。

スポンサーリンク

まとめ

作業療法士と理学療法士は、リハビリテーションの中のひとつです。

しかし、内容に違いがあります。

 

理学療法士は、基本的な体の動きを回復させるために、

運動療法や物理療法などから相手にあったアプローチの方法

を考えて、進めていく仕事です。

 

作業療法士は、

リハビリの中で、唯一精神的なアプローチが可能なリハビリ

ができます。

相手にあった日常生活への向上、改善、回復などを進める提案、サポートをする仕事です。

両方とも国家資格が必要になります。

また、受験資格までに必要な過程を終了していることは似ていますね。

関連記事

-その他の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.