違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

食べ物の違い

中落ちカルビと普通のカルビの違いをわかりやすく解説!味をチェック

焼肉と聞いて、どんな肉を思い浮かべますか?

焼肉で好きな部位を調査すると、カルビは、

脂のうま味を楽しめる肉

として、必ず上位にはいります。

ひろし
焼肉でカルビは、はずせないよね。
みさと
お店に行くと、いつも何種類か肉を注文するけれど、カルビはジューシーで、美味しいわよね。
れいか
私は、中落ちカルビが好き。
ひろし
中落ちカルビ?普通のカルビと何が違うの?

 

中落ちカルビも、普通のカルビも、いわゆるバラ肉とよばれる肉のことです。

そして、中落ちカルビは、カルビと呼ばれる肉の部位の中で、ある部分の肉のことをいいます。

それでは、中落ちカルビと普通のカルビの違いについて、わかりやすく解説していきましょう。

スポンサーリンク

中落ちカルビと普通のカルビ、部位の違いをチェック!

ひろし
カルビは、牛のお腹あたりの肉のことだよね。
みさと
じゃあ、どこからどこまでが、中落ちカルビなの?

中落ちカルビの部位

中落ちカルビとは、

牛のろっ骨とろっ骨の間、いわゆるアバラにある肉の部位

を指します。

その部位は、カルビとよばれるバラ肉の部位の中で、

『ナカバラ』

とよばれる部位であり、

牛1頭から少量しかとれない、貴重な肉の部位

の1つとなります。

また、中落ちカルビは、ろっ骨からはずした時の肉の表面が、

デコボコした下駄の形状に似ていることから、『下駄カルビ』

ともよばれています。

カルビの部位

カルビとは、バラ肉のことであり、

牛のろっ骨周辺のお腹全体の肉のこと

を指します。

そして、バラ肉はいくつかの部位に分けられ、それぞれの部位には名前がついています。

まずは、肩バラとトモバラにわけられます。

肩バラは、バラ肉の中で、牛の肩に近い部分の肉のこと。

トモバラは、

肩バラ以外のバラ肉

のことです。

私たちが、よく食べる普通のカルビは、この部位の肉になります。

メモ

トモバラを細かくわけると、

  • 外側の肉を外バラ
  • 内側の肉を中バラ

と分けられます。

けれども、外バラと中バラ、どちらが普通のカルビなのか、厳密に分けられているわけではありません。

 

ひろし
トモバラ全体がよく食べる普通のカルビなんだね。

カルビについては、以下の記事でも詳しく解説しています。

関連記事
カルビとハラミの違いをわかりやすく解説!味や部位をチェック!

ひろし焼き肉いこ~! れいか肉といえば、私は、やっぱりカルビ! みさと私は、ハラミも好き。どっちも美味しいよね。 ところで、なんとなくカルビとかハラミって言っちゃうけど、違いは何?ひろし みさと味が違 ...

続きを見る

味を比較!中落ちカルビと普通のカルビの違いとは?

れいか
カルビっていうぐらいだから、どちらも脂の量が多そうね。

中落ちカルビの特徴

中落ちカルビの肉質

  • やわらかさもあるが、ろっ骨付近の肉は、呼吸に使われ、常に動いている部位であるため、肉質はやや固めで、歯ごたえを感じる。
  • 良質な赤身と脂肪の部分が折り重なって層になっており、きめが細かく、脂肪の量がカルビよりも多い。

中落ちカルビの味

  • 中落ちカルビは、骨に接している肉であるため、骨から出る旨味を、たっぷりと感じられる。
  • 普通のカルビに比べて脂肪の量が多いが、骨のうま味も感じられるため、口に入れた時の肉のうま味が、カルビよりもしっかりしている。
ひろし
肉本来の味が、かなり濃く感じるんだね。

骨の髄のうま味が、お肉のうま味となるので、

『中落ちの肉質で、牛の質がわかる』

と言われる部位です。

また、筋もある部位なので、

下処理が丁寧にほどこされているかどうか

でも、美味しさが変わってきます。

 

みさと
中落ちカルビの良し悪しで、良い牛肉を仕入れているかがわかるのね。

お店としては、下処理で肉の食感が変わるので、

ごまかしがきかない部位

ともいえますね。

普通のカルビの特徴

カルビの肉質

  • カルビは、他の肉に比べると、脂の量が多い。
  • 脂の入り方も、赤身の肉の中に『霜降り』と呼ばれる、きれいな網目状で脂がはいっている。
  • 肉の赤身と脂の量が、適度にバランスよくはいっており、歯ごたえもあるが、やわらかい食感。

カルビの味の特徴

  • 脂の量が多いので、肉を焼いた時に、脂のうま味、甘みや香りをたっぷりと感じられる。
  • 肉の赤身もあるので、とろ~っとした脂のうま味の中にも、ほどよく肉のうま味が感じられる。

肉自体のうま味と、脂のうま味がバランスよく味わえることから、カルビは、子供から大人まで人気の肉です。

れいか
カルビは、脂の甘みやうま味がバランスよく味わえて、中落ちカルビよりは、こってりしすぎないっていうことね。

スポンサーリンク

まとめ

中落ちカルビも、普通のカルビも、

他の肉と比べると、脂の量が多いこと

が特徴です。

脂の量で比べると、

中落ちカルビ>カルビ

となります。

カルビよりも、もっと濃厚さを味わいたい時には、中落ちカルビを選択すると良いでしょう。

中落ちカルビ

  • ろっ骨とろっ骨の間にある、骨に接している肉のこと。
  • やや歯ごたえのある食感。
  • 肉自体のうま味がカルビよりしっかりしており、脂の量もカルビよい多いので、かなりこってりとした味である。
  • 筋が多いので、きちんとした下処理が必要。

普通のカルビ

  • お腹全体のバラ肉とよばれる部位で、普通のカルビは、その中でもトモバラとよばれる部位にある肉のこと。
  • 脂の量が、他の肉よりも多い部位である。
  • 霜降りとよばれる、肉にたいしての脂のはいり方のバランスがよく、脂のうま味や香りが感じられ、口に入れるととろけそうな食感である。

 

みさと
美味しい中落ちカルビのあるお店は、下処理が丁寧で、良い牛肉を仕入れていると覚えておくといいわね。

関連記事

-食べ物の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.