違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

メールを受け取ったOL

ITの違い

メルカリとヤフオクの違いをわかりやすく解説!高く売るおすすめは?

最近は、

使わなくなったモノを、手軽に売ることのできるサイトやアプリ

が人気ですよね。

 

はなこ
家にある不用品を売りに出そうと思ってるんだけど、『メルカリ』と『ヤフオク』ではどっちの方がいいのかな?
どうだろうね。

違いがわからないから、どっちの方がいいのか見当がつかないな。

たろう
はなこ
できれば、お得な方を使いたいわよねえ。

 

今回は、『メルカリ』と『ヤフオク』の違いを調べ、モノを高く売るにはどちらがおすすめなのかを解説していきます。

スポンサーリンク

『メルカリ』と『ヤフオク』の違い

まずは、『メルカリ』と『ヤフオク』のそれぞれを調べてみましょう。

『メルカリ』とは?

日本の企業にて提供されている『フリマアプリ』のサービス

のことです。

サービスを提供する企業の名前も『メルカリ』であり、2013年に設立されました。

『フリマアプリ』とは、主に個人間で物の売買ができるアプリケーションのことです。

いわば、

『オンライン版のフリーマーケット』

といってよいでしょう。

『ヤフオク』とは?

Yahoo! Japanが提供するインターネット・オークション・サービス

のことです。

インターネット・オークションとは、インターネット上で行われる競売(オークション)のことです。

 

『メルカリ』と『ヤフオク』の違いとは?

『メルカリ』と『ヤフオク』の大きな違いのひとつが、

購入までの流れ

となります。

 

『メルカリ』の場合、

出品された品物に対して、提示された価格

で、すぐに購入できます。

また、購入に際して、

出品者と購入者の間で値下げ交渉

をすることができます。

 

『ヤフオク』の場合、オークションなので、

入札者が購入希望価格を提示して、最も高い価格を提示した入札者が落札

します。

つまり『ヤフオク』の場合、価格が上がっていくことになりますね。

しかし、『ヤフオク』の場合も、出品者の設定次第ではフリーマーケットと同じように、提示価格で即購入することができます。

また、『ヤフオク』には、値下げ交渉ができるようにする設定もあります。

 

はなこ
『メルカリ』は基本的に、提示した金額でしか売ることができないということね。

しかも、値下げ交渉の結果次第では安く売ることにもなるわけね。

『ヤフオク』の場合、オークションなわけだから、できるだけ高く売りたいのであればこちらのほうが得かもしれないね。
たろう

 

『メルカリ』と『ヤフオク』売るならどちらがおすすめ?

ネットオークション

ネットオークション

『メルカリ』と『ヤフオク』では、オークション形式の『ヤフオク』のほうが高くモノが売れそうに見えます。

では、本当に『ヤフオク』のほうが『メリカリ』よりもお得なのでしょうか?

 

ここで『メルカリ』と『ヤフオク』の基本ルールについて、調べてみましょう。

『メルカリ』と『ヤフオク』の基本ルール

メルカリ ヤフオク
販売手数料 10% 8.64%(会員登録なしの場合は10%)
月額利用料 なし 498円(会員登録しない場合はなし)
送料 出品者負担 落札者負担

販売手数料や月額利用料は、『ヤフオク』で会員登録をしない場合は、『メルカリ』との違いはありません。

大きな違いは、送料のところです。

『メルカリ』の場合、

送料は出品者が負担

します。

品物が同じ値段で売れた場合、『メルカリ』のほうが送料分だけ損します。

また、品物にもよりますが、『ヤフオク』はオークションによって、価格が上がる可能性があります。

『メルカリ』は、値下げ交渉の結果次第で、思ったよりも安くなるかもしれません。

こうして比較してみると、

不用品を売る場合は『メルカリ』よりも『ヤフオク』

のほうが、お得になるでしょう。

 

はなこ
比較してみると、『ヤフオク』の方が高く売れそうね。
でも、そうすると『メルカリ』を使うメリットはないということかな?
たろう

 

『メルカリ』の場合、

出品までの流れが非常にシンプルで、手軽に始められる

という大きな特徴があります。

それに利用しているユーザーが多いため、

すぐに購入希望者が見つかる

というメリットもあります。

 

『ヤフオク』の場合、オークション形式なため、

落札者が決まるまで時間がかかるデメリットがあるのです。

なので、不要なものをいち早く売ってしまいたい場合は、『メルカリ』のほうが良いでしょう。

 

また、『ヤフオク』で、オークションをしても必ず高く売れるとは限りません。

そもそも入札してくれる人が少なければ、希望よりも安い価格で落札されるかもしれません。

『メルカリ』の場合、最初に出品者が値段を決めるので、お互いが納得した上で品物を売ることができます。

 

『ヤフオク』のもう一つの特徴に、

『業者が買い付ける場合が多い』

ことがあります。

『メルカリ』の場合は、基本的には個人間での売買です。

個人どうしのやり取りの楽しさを味わいたいならば、『メルカリ』のほうが良いでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

今回の違いのポイントについて、まとめていきましょう。

ポイント

  • 『メルカリ』とは、日本の企業にて提供されている『フリマアプリ』のサービスである。
  • 『ヤフオク』とは、Yahoo! Japanが提供するインターネット・オークション・サービスである。
  • 送料は、『メルカリ』が出品者負担、『ヤフオク』が落札者負担である。
  • 『メルカリ』の場合、値下げ交渉によって希望価格よりも安く売れる場合がある。
  • 『ヤフオク』の場合、レア品であれば予想以上に高額な値段がつく場合もある。

『メルカリ』『ヤフオク』のどちらを使う場合でも、お互いに納得ができるような売買がしたいですよね。

楽しく売買ができるように、それぞれのルールに従って、利用するようにしましょう。

関連記事

-ITの違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.