違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

その他の違い

特定記録郵便と簡易書留の違いを解説!正しい使い分け方をチェック

社会人になると、会社の書類を郵便局で送る仕事もあるでしょう。

初めてだと、意外と苦労しますよね。

 

はなこ
この書類を送りたいのだけど、特定記録郵便と簡易書留って何が違うの?
簡易書留は使ったことあるけど、特定記録郵便は聞いたことないな
たろう

 

このように『簡易書留』は知ってるけど、『特定記録郵便』を知らない人は多いのではないでしょうか。

この2つは似ているものですが、

郵便物によって正しい使い分け

が必要になるのです。

それぞれの特徴を把握しておかないと、

  • 大切な時に郵便物が届かない
  • 料金を必要以上に払ってしまった

などの失敗に繋がります。

そこで、この記事では、特定記録郵便と簡易書留の違い、また正しい使い分けについて解説していきます。

スポンサーリンク

特定記録郵便と簡易書留の違い

特定記録郵便とは

郵便局でのみ受け付け可能で、配達方法は普通郵便と変わりません。

受け取り方法は、郵便受けに投函するため、サインなどは必要ありません

最大の特徴は、

郵便物追跡サービス

があることです。

郵便局で受領書がもらえますので、この追跡番号を使い、荷物の所在を確認することが可能です。

特定記録郵便のオプション料金として、160円が加算されます。

簡易書留とは

郵便局のみ受け付け可能で、配達方法が少々異なります。

受け取り方法は、

対面での手渡しのみ

となっていて、

本人もしくは同居人のサイン

が必要となります。

不在の場合には、不在通知票が入ります。

最大の特徴は、

  • 日曜日・祝日も配達される(年中無休)
  • 最大5万円までの損害補償が受けられる

という点です。

注意ポイント

大きな郵便局以外は、郵便局自体がお休みになる可能性があります。

よって郵便物の配送依頼は、最寄りの郵便局の営業時間をチェックしたほうが良いでしょう。

簡易書留には、特定記録郵便と同様の郵便物追跡サービスも付いています。

簡易書留のオプション料金として、320円が加算されます。

特定記録郵便と簡易書留の特徴の違いを比較

特定記録郵便と簡易書留の比較表

特定記録郵便 簡易書留
料金 160円 320円
受け取り方法 郵便受けに投函 対面での手渡し
郵便物追跡サービス 有り 有り
配達日 平日・土曜日 年中無休で配達
損害補償 無し 最大5万円まで補償

それぞれの特徴を比較すると、以上の表のようになります。

詳細を解説していきましょう。

料金は特定記録郵便の方が安い

オプションの料金になりますが、

特定記録郵便のほうが160円ほど安く

なっています。

サービス内容を考えると妥当な料金差といえるでしょう。

受け渡し方法は郵便受け投函と対面手渡し

郵便物の中身にもよって使い分けましょう。

不在時でも、郵便受けに投函してもらえれば、わざわざ不在通知の電話をする必要がありません。

しかし、確実に相手に受け取ってもらいたい場合は、対面手渡しがベストでしょう。

追跡サービスは両方あり

普通郵便との大きな違いとなります。

郵便局で受領書をしっかりもらっておけば、もしもの場合に荷物が今どこにあるのかを確認できます。

自分が配送をお願いした証明にもなります。

補償金は簡易書留にのみ付与

簡易書留では、

最大で5万円の補償

が受けられます。

この点が

特定記録郵便と簡易書留の最も大きな違い

と言えるでしょう。

補償があることから、高価な郵便物でも安心して郵送することが出来ます。

 

ただし、注意点として、

宝石や貴金属の類は簡易書留では送れません。

これらは、一般書留で送ることが義務付けられています。

その点は留意しておきましょう。

簡易書留は日曜祝日も配達

配達日も大きな違いかもしれません。

最近では、暦の関係で3連休以上の休みが多くなりました。

そんな時、郵便物が届かないと困ることもあるでしょう。

ですが、簡易書留であれば、休みは関係ありません。

重要な郵便物であれば、簡易書留を選択しましょう。

 

はなこ
特徴はわかったけど、どうやって使い分けたらいいのかな
そうだね。ケースによって使い分けないと損することもありそうだ
たろう

 

特定記録郵便と簡易書留の使い分け

では、どのような郵便物の場合に、特定記録郵便と簡易書留を選ぶのか。

その使い分け方を解説していきます。

簡易書留を利用すべき郵便物

  • 高価なモノ
  • 重要な書類
  • 日曜日でも届いて欲しいもの

高価なモノを、特定記録郵便で送ると、郵便受けに投函という形になります。

セキュリティーに自信がある郵便受けは別として、盗難などの危険性があれば、対面手渡しの簡易書留で送りましょう。

重要な書類も同様です。

また高価なものが、配達中に破損した場合には簡易書留ならば補償があります。

料金は高くなりますが、簡易書留をおすすめします。

特定記録郵便を利用すべき郵便物

  • 受け取り日時を気にしないもの
  • 損失しても問題にならない書類
  • 料金を安く済ませたいもの

簡易書留の補償などは必要ないが、追跡サービスは使いたい人は、特定記録郵便を利用しましょう。

郵便受けに投函してもらえるので、不在時でも受け取ってもらいたい場合も、特定記録郵便を選択してください。

スポンサーリンク

まとめ

特定記録郵便と簡易書留の違いは、以下の4点です。

  • 料金
  • 受け取り方法
  • 配達日
  • 損害補償

それぞれの違いをまとめましょう。

  • 特定記録郵便は、郵便受け投函で郵便物を受け取り、簡易書留は対面手渡しで郵便物を受け取る。
  • 特定記録郵便は、平日・土曜日が配達日で、簡易書留は基本的に年中無休で配達する。
  • 特定記録郵便は、損害補償が無いが、簡易書留は最大5万円まで補償される。
  • 特定記録郵便は。オプション料金で160円が加算され、簡易書留は320円が料金に加算される。

この違いをふまえて、郵便方法を使い分けましょう。

特定記録郵便

  • 手渡しで配達されないので、さほど重要でない郵便物に使うと良い。
  • オプション料金は安いが、追跡サービスしかついていないため、損害補償が適用されない。
  • 日曜祝日は配達されないことから、急ぎの郵便物には不向き。

簡易書留

  • 対面での手渡しなので、重要な書類や郵便物に使うと良い。
  • オプション料金は高くつくが、損害補償や追跡サービスを完備している。
  • 日曜祝日でも配達されるので、少々急ぎの時はこちらを利用する。
はなこ
これを覚えておけば郵便局で困ることもなさそうだわ

関連記事

-その他の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.