違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

その他の違い

所得証明書と源泉徴収票の違いをわかりやすく解説!その使い道は?

ローンを組んだり、クレジットカードをつくる時など、人生において何度か必要になってくるのが

所得証明書

です。

この所得証明書の代わりに、

源泉徴収票を使えないのか?

と思ったことはないでしょうか。

特に会社に勤めている人などは、毎年源泉徴収票をもらっていますから、代用できると楽ですね。

ですが、

所得証明書の代わりとして源泉徴収票を用いることは原則できません

それでは、その理由や違いをわかりやすく解説しましょう。

スポンサーリンク

所得証明書と源泉徴収票の定義の違い

今から記入

所得証明書と源泉徴収票の大きな違いは

  • 所得証明書:住民税の金額を証明する
  • 源泉徴収票:所得税の金額を証明する

という点です。

まずは、このことを頭に入れておきましょう。

では、その他の細かい点も含めて、さらにくわしく解説を進めていきます。

所得証明書とは

所得証明書とは、

前年の1月1日から12月31日までの所得と、その所得に対する住民税の課税金額を証明するための書類

です。

この課税金額は、給与収入以外に、

不動産や年金などがあればそれらもすべて含んで計算します

つまり、

  • 前年の1年間でどれだけ稼いだか
  • その稼ぎに対しいくら住民税がかかるのか

この2点を証明するのが『所得証明書』です。

住民税の課税額がわかることから、

課税証明書

という言い方もします。

源泉徴収票と違って、毎年発行されるものではありません。

取得のためには、役所の窓口で申請する必要があります。

源泉徴収票とは

源泉徴収票とは、

勤めている会社における1年間の収入の証明書

です。

1年間の給与や、天引きされた保険料および税金をもとにした所得税の金額が書かれています。

源泉徴収票はあくまで、

1つの会社における収入の証明です

源泉徴収票は所得証明書の代わりにはならない

源泉徴収票が1つの会社における収入の証明である以上、

不動産や年金、副業などの収入がある場合は、源泉徴収票で1年間の所得のすべてを証明することはできません。

また、勤めている会社が1社だけで、他からは収入を得ていないとしても、

源泉徴収票でわかる情報は『所得税の金額』です

一方で、所得証明書は『住民税の金額』がわかるものです

わかる情報が異なるので、

原則として所得証明書の代わりに源泉徴収票を利用することはできません。

 

所得証明書の使い道

では、所得証明書はどういうときに使うのか、主なものとその理由をまとめました。

車や住宅などのローンを組むとき

現在の収入から将来の収入までを加味して、

ローンを返済する能力があるかどうかの判断材料

として、所得証明書が使われます。

 

賃貸住宅の入居の審査のとき

今後、家賃を支払っていけるのかどうかを見極めるため

に所得証明書を使います。

 

クレジットカードを作るとき

クレジットカードは、作る本人の信用をもとにして契約します。

特にキャッシングは、

貸金業法で年収の1/3以上を超える貸付ができない

ことから、所得証明書が必要です。

 

子どもを幼稚園や保育園に入れるとき

2019年10月から幼稚園や保育園の無償化が始まっていますが、

0~2歳児は、住民税非課税世帯のみが対象となる

ことから、場合によっては所得証明書が必要となります。

 

児童手当を受けるとき

一定の収入を超える世帯は、児童手当を受けることができません。

たとえば、夫婦と子ども2人の場合の所得制限は、736万円となっています。

制限額を超えるのかどうかの資料

として、所得証明書を用います。

 

配偶者の扶養家族となるとき

扶養家族として認められるのは、年収130万円未満

という条件があります。

この見極めに所得証明書を利用します。

 

源泉徴収票の使い道

所得証明書の代わりとはなりませんが、源泉徴収票でないとできないものもあります。

確定申告をするとき

会社員の方は年末調整があるので、自ら確定申告をすることは、ほとんどありません。

ただし、会社員でも

年収が2,000万を超える場合

副業による収入が20万を超える場合

は、確定申告が必要になってきます。

確定申告の書類には、必ず源泉徴収票を添えないといけません。

 

転職するとき

年の途中で退職して、転職したときは、転職先で、

前の会社の源泉徴収票の内容と転職先の源泉徴収票の内容を合算して年末調整をします。

そのために、前の会社の源泉徴収票が必要です。

なお、年内に退職し、年が明けてから転職した場合は、転職先の年末調整に間に合わないので、

自分で確定申告

をしなければなりません。

その場合も、さっき書いた通り、源泉徴収票が必要です。

なので、転職の際は源泉徴収票はなくさないようにしましょう。

スポンサーリンク

まとめ

  • 所得証明書:1年間の全ての所得と住民税の課税額を証明するもの
  • 源泉徴収票:1つの会社の1年間の収入と所得税の額を証明するもの

所得証明書の使い道

  • 車や住宅などのローンを組むとき
  • 賃貸住宅の入居の審査のとき
  • クレジットカードを作るとき
  • 子どもを幼稚園や保育園に入れるとき
  • 児童手当を受けるとき
  • 配偶者の扶養家族となるとき

源泉徴収票の使い道

  • 確定申告をするとき
  • 転職するとき

以上となります。

違いをしっかり確認して、必要なときに、すぐに準備できるようにしましょう。

関連記事

-その他の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.