違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

アウディ

その他の違い

軽自動車と普通車の維持費の違いを解説!年間費用の差はいくら?

投稿日:

車を持っている人は、

『軽自動車と普通車』

のどちらかを選んでから、購入していますよね。

 

車の種類や、価格を見て選ぶ人が多く、

『自分の収入や好み』

によって、軽自動車か普通車を選んでいくことになるでしょう。

その中で、やはりネックになるのは、

『車の維持費』

が挙げられます。

 

軽自動車と普通自動車では、かかってくる税金が違うため、

『年間の維持費』

で考えると、なかなか安易に決めることは出来ないのです。

 

そこで、今回は、

『軽自動車と普通車の維持費』

について解説します。

どちらを購入するか悩んでいる人は、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

軽自動車と普通車の維持費はどれくらい?

まずは、軽自動車と普通車の維持費について解説していきます。

車は、よく話題に挙がってくるものであり、

『維持費についても、ある程度知られている』

ことが多いです。

 

ですが、実際のところ、

『漠然としか把握されていない』

ことが多く、維持費を正確に把握している人は少ないでしょう。

軽自動車の維持費

まずは、軽自動車の年間の維持費から解説します。

一般的には、

『普通車より、格段に安い』

と考えられている車であり、例を挙げると、

  • ガソリン代=90,000円(年間想定金額)
  • 駐車場代=120,000円(年間想定金額)
  • 自賠責保険料=100,000円
  • 任意保険料=50,000円
  • 車検代=50,000円
  • 自動車税=10,800円

となります。

この例では、合計で、

『420,800円』

です。

 

これらの金額は、あくまでも、

『車を日頃からよく使っている人』

を想定しているため、金額が上下することは確かです。

 

ですが、しっかりと車を使っていれば、

『車に、これだけお金がかかっている』

という事実が見えてくるでしょう。

普通車の維持費

次に、普通車の年間維持費について解説します。

軽自動車より、税金面で高くなる特徴があり、

『購入時には、注意が必要になる』

でしょう。

 

軽自動車同様、よく車を使っている人を例に挙げると、

  • ガソリン代=90,000円(年間想定金額)
  • 駐車場代=120,000円(年間想定金額)
  • 自賠責保険料=130,000円
  • 任意保険料=80,000円
  • 車検代=100,000円
  • 自動車税=39,500円

となります。

合計で、

『559,500円』

です。

 

やはり、軽自動車と比べると、

『どうしても割高』

になることは否めません。

軽自動車と普通車の維持費は、軽自動車に軍配が上がる

軽自動車と普通車の維持費、費用の差を挙げた例で見ると、

『138,700円』

の差が付いています。

 

この差は、やはり大きく、

『軽自動車が、どれだけ安上がりなのかが分かる』

結果となりました。

車の価値は、必ずしも、

『金額の有無では決まらない』

のですが、それでも安いに越したことはないでしょう。

 

その為、車を選ぶ際は、

『車にどれだけのこだわりを持っているのか』

をしっかりと考えて、選んでいくことをおすすめします。

 

最終的には、好みで決めるべき

軽自動車

軽自動車と普通車の維持費について解説しました。

これら2つを比べると、

『軽自動車の方が、やはり維持費が安くなる』

ことが分かるでしょう。

 

ですが、結局のところ、車を決定する基準は、

『自分の好みに合っているかどうか』

に懸かっているのです。

最近の車は、軽自動車も普通車も変わらなくなっている

一昔前までは、

『普通車を購入するのが当たり前』

となっていました。

 

ですが、近年の技術が進歩したため、現在では、

『軽自動車でも、普通車と変わらないくらいの性能』

を発揮するようになっているのです。

 

また、燃費に関しても、

『もともと良かった燃費を、さらに向上させている』

ため、今では、軽自動車の需要がかなり伸びているのです。

 

また、小さいことで定評のあった軽自動車も、

『内装がかなり広くなっている』

ため、見た目以上に快適な仕様となっています。

これは、軽自動車の利点をさらに上げる結果となっています。

 

ですが、乗車人員としては、

『普通車の方が多くなっている』

ため、どちらかと言えば、軽自動車は少人数で使うことに長けています。

 

その一方で、普通車は、

『車好な人向け』

と言っても過言ではありません。

実際のところ、普通車のスペックに関しては、

『日常で必要ないものが多い』

のです。

 

一人暮らしなら、よっぽど荷物や人を乗せない限り、

『軽自動車で十分』

と言えるでしょう。

馬力という点で見れば、

『普通車の方が、まだ大きい』

ため、スピードを感じたい人なら、普通車を選ぶべきだとも言えます。

 

また、家族がいる人は、

『ファミリーカー』

を購入する必要性が出てくるため、やはり普通車を購入することになるでしょう。

さらに言うなら、

『スポーツカー』

など、形状や馬力重視の車が好きな人は、必然的に普通車を購入することになります。

 

結論を言うと、

『自分が満足できる車を購入すれば良い』

ということになりますね。

普通車の維持費が高いのは、ある程度我慢するべきもの

軽自動車と普通車では、

『維持費という点では、普通車の方が高い』

という事実に違いはありません。

 

ですが、金額の違いは、

『車の形状やスペックから、仕方のないこと』

だと言えます。

それでも、普通車を購入するのは、

『それだけ需要があるから』

と言えるでしょう。

 

特に、個人的な趣味全開の車などは、

『それだけの金額を支払う価値がある』

と自らが判断しているからこそ、購入者が未だに多くなっているのです。

 

そうでなければ、

『軽自動車があれば十分』

となるでしょう。

そうした不利を承知出来る人というのは、

『車に情熱を捧げられる人』

であり、これからも一定数増え続けていくと考えられます。

 

今回、軽自動車と普通車の維持費を紹介していますが、

『金額の差を、一度冷静に見る』

ようにすることをおすすめします。

そうすれば、本当に自分が欲しい車を購入することができるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

今回のまとめとしては、

『維持費で車を決めるより、自分が本当に欲しい車かどうかで決める』

ということが言えます。

 

車は、維持費以前に、

『購入金額が高い』

ものとなっています。

その為、安易に車を決めてしまうと、

『後悔する可能性が高くなる』

でしょう。

 

維持費も、確かに重要です。

ただ、それよりも

『自分にとって、本当に必要な車なのか』

をしっかりと考え、購入を検討してみてくださいね。

関連記事
トラックとトレーラーの違いをわかりやすく解説!見分ける方法をチェック

日頃から、道路を走っている姿を見かけるものに、 『トラック』 があると思います。   現代における、物流の要の1つであり、 『毎日、多くの荷物を運搬している』 ものです。 ですが、トラックを ...

続きを見る

関連記事

-その他の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.