違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

メモリ

ITの違い

【メモリ】DDR3とDDR4の違いをわかりやすく解説!速度は変わる?

パソコンにメモリを取り付けた経験はありますか?

 

はなこ
この間、パソコンにメモリを増設しようと思ってネットで調べてみたんだけど、『DD3』と『DD4』という2つの種類があったの。

あれって、どんな違いがあるのかな?

僕もよくは知らないな。

多分、『DD4』の方が新しいんだろうから、性能もいいんじゃないかな?

たろう
はなこ
何の違いがあるのか、詳しく知りたいと思わない?

 

今回は、メモリの『DDR3』と『DDR4』について違いを解説します。

スポンサーリンク

【メモリ】『DDR3』と『DDR4』の違い

『DDR』とは、『Double Data Rate』の略です。

メモリとCPUの間でデータ転送するとき、それぞれの回路ではデータの送受信を行うために同期をとる必要があります。

『DDR』の場合、同期のためにクロック信号の立ち上がりと立ち下がりの両方を利用してデータ転送するため、従来のメモリに比べてデータ転送速度が2倍になっています。

『DDR』はその後、『DDR2』『DDR3』『DDR4』と進化してきました。

つまり、

『DDR3』と『DDR4』はそれぞれ、第3世代、第4世代の製品である

ということになりますね。

『DDR3』と『DDR4』の主な違いは次のとおりです。

『DDR3』と『DDR4』の主な違い

  • 『DDR3』と『DDR4』では端子の形状が異なる。
  • 消費電力は『DDR4』のほうが低い。
  • データ転送速度は『DDR4』のほうが速い。

まず、最も重要な違いは

端子の形状が異なる

という点です。

メモリは、スロットに差し込むようにして取り付けます。

異なるメモリや、誤った向きに取り付けてしまうことがないように、メモリには端子部分に切り込みが付いていて、その切り込みがマザーボード側の出っ張りに合うようになっています。

その切り込みの箇所が、『DDR3』と『DDR4』では異なります。

つまり、『DDR3』用のマザーボードに『DDR4』メモリは取り付けられませんし、その逆も不可能です。

ピンの数(端子にある金属部分)の本数も、『DDR3』は240個なのに対し、『DDR4』は288個と増えています。

ですから、

『DDR3』と『DDR4』の間に互換性はまったくない

わけですね。

 

『DDR4』は、第6世代CPU(Skylake)から採用されたメモリです。

第6世代CPU用のマザーボードでは、『DDR3』と『DDR4』のどちらかを選択できるようになっていましたが、それ以降のCPUは全て『DDR4』のみに対応しています。

現在のCPUは第9世代(Coffee Lake)なので、

最新のパソコンを購入した場合、メモリは『DDR4』一択となります。

 

はなこ
最近のパソコンなら『DDR4』しか選択肢はないみたいね。

でも、古いパソコンの場合はまだ『DDR3』を使わなければならないのよね。

自分のパソコンが『DDR3』と『DDR4』のどちらに対応しているのか、きちんと調べなくちゃだめだね。
たろう

 

それでは次に、転送速度や消費電力の違いについて見てみましょう。

『DDR3』と『DDR4』転送速度や消費電力の違いは?

まずは、転送速度から調べてみましょう。

『DDR3』と『DDR4』の転送速度の違い

メモリ 転送速度
DDR4-2666 21.3GB/s
DDR4-2400 19.2GB/s
DDR4-2133 17.0GB/s
DDR3-1600 12.8GB/s
DDR3-1333 12.8GB/s
DDR3-1066 8.53GB/s

『DDR3』の最初の製品は『DDR3-1066』で、『DDR4』の最初の製品は『DDR4-2133』です。

この2つを比較してみると、だいたい2倍程度『DDR4』の方が速くなっていますね。

よって、

『DDR4』は『DDR3』より2倍程度高速である

ということになります。

 

次に、消費電力を調べてみましょう。

『DDR3』と『DDR4』の消費電力の違い

メモリ 消費電力
DDR4 1.2V
DDR3 1.5V

消費電力も、『DDR4』の方が0.3Vとわずかですが『DDR3』よりも低いことが分かります。

 

転送速度と消費電力の両面で、『DDR4』の方が『DDR3』よりも性能が上であるということになりますね。

それでは、値段のほうはどのくらい違うのでしょうか。

Corsairという同じメーカーの8GBメモリの値段(現在の最安値)を比較してみましょう。

『DDR3』と『DDR4』の値段の違い

メモリ 値段
CMV8GX4M1A2400C16(DDR4-2400) 4,808円
CMX8GX3M1A1333C9(DDR3-1333) 4,400円

わずかに『DDR4』の方が高いですが、それほど大きな差はありません。

 

前にも書いたとおり、『DDR3』と『DDR4』では互換性はありません。

なので、使っているパソコンによって『DDR3』か『DDR4』か決まってしまいます。

古いパソコンにメモリを増設したい場合は特に、メモリの規格が『DDR3』と『DDR4』のどちらなのか確認するようにしましょう。

スポンサーリンク

まとめ

今回の違いのポイントについて、まとめていきましょう。

ポイント

  • 『DDR3』よりも『DDR4』のほうがリリース時期は新しい。
  • 『DDR3』と『DDR4』の間で、互換性はない。
  • 『DDR4』は『DDR3』と比べて、転送速度が2倍程度速く、消費電力も少ない。
  • 『DDR3』と『DDR4』のどちらが使えるかは、対象のパソコンで決まるため、購入前には必ず確認を。

メモリが増えれば、同時に起動するアプリの数を多くしても、サクサクと動くようになります。

増設するときは、メモリの規格や空きスロットの数に注意して購入するようにしましょう。

関連記事

-ITの違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.