違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

その他の違い

ハリケーン/台風/サイクロン/タイフーンの違いをわかりやすく解説!

ここ数年、日本で毎年のように被害が出ている災害と言えば、『台風』。

大雨で、あちこちで大きな被害を被っています。

 

もちろん、強い台風が来るのは日本だけではありません。

でも、

「アメリカで強い台風の被害が出ました。」

という言い回しは聞いたことがありません。

アメリカでは『ハリケーン』と呼んでいます。

その他にも、『サイクロン』『タイフーン』などという呼び方もありますね。

 

実は、この呼び方の違いは、

外国語だから呼び方が違う』というだけではない

のです。

では、いったい何が違うのでしょうか?

 

ということで今回は

  • ハリケーン
  • 台風
  • サイクロン
  • タイフーン

の違いについて、解説していきます。

ぜひ最後まで読んでくださいね!

スポンサーリンク

ハリケーン/台風/サイクロン/タイフーンの違い

『ハリケーン』『台風』『サイクロン』『タイフーン』と、いろいろな名前が…。

ハリケーン、台風、サイクロン、タイフーンは何が違う?

ハリケーンや台風、サイクロン、タイフーンは何が違うかというと

  • どこにあるかで呼び方が違う
  • 『ハリケーン』『サイクロン』『タイフーン』と『台風』では最大風速の基準が違う

ということです。

 

最もわかりやすい違いは、『地域で呼び名が違う』ということです。

今、どこにいるかで、どう呼ばれるかが違ってくるわけです。

 

それから、台風は『どのくらい風が強いと台風になるのか』が、

日本独自の基準

で決められています。

しかし、ハリケーンやサイクロン、タイフーンは、

国際的な基準

で決められています。

 

では、この2つの違いについて、見ていきましょう。

発生する地域の違い

『ハリケーン』、『サイクロン』、『台風』、『タイフーン』という呼び名は、地域によって使い分けられています。

 

どの地域でどう呼ばれているか、地図に表してみました。

どのエリアで度の呼び名になるか

どのエリアで度の呼び名になるか

  • 赤のエリアが『タイフーン』、日本では『台風』
  • 青のエリアが『ハリケーン』
  • オレンジ色のエリアが『サイクロン』

そして緑の『バギオ』もありますが、これはフィリピン独自の呼び方です。

以上を表にすると、以下になります。

 

呼び名 地域
タイフーン・台風 東経180度以西の北西太平洋、南シナ海

ただし、『台風』は日本の分類

ハリケーン 北大西洋中部、北太平洋、カリブ海、メキシコ湾、西経180度以東の北大西洋東部
サイクロン ベンガル湾・北インド洋

 

でも、海域や『東経』『西経』などというものは、人間が勝手に決めるものですよね。

自然現象は、そんなことは知ったこっちゃありません。

当然、台風やサイクロンなどが、先ほどの地図に書いてある線を越えて移動することもあります。

 

そんな時はどうなるかというと、

  • 東太平洋の『ハリケーン』が、東経180度を横切ってくれば『台風』になる
  • 『台風』が東経100度を超えて西に行くと、『サイクロン』と呼ばれる

というように、『今いる場所での呼び方』になるのです。

風の強さの違い

ハリケーン、台風、サイクロン、タイフーンの違いは、呼び名の違いとお話ししました。

でも、もう1つ、大事な違いがあります。

それは、基準となる風の強さ。

 

日本で『台風』と呼ばれるようになる風の強さは、風速18m/秒以上。

これは、日本国内で独自に決められた基準です。

 

それに比べて、

ハリケーンやサイクロン、タイフーンは、風速33m/秒以上で『タイフーン』『ハリケーン』『サイクロン』と呼ばれるようになるのです。

そしてこちらは、国際的な基準です。

 

わかりやすく表で比べてみましょう。

 

最大風速

m/秒

( )内はノット

日本の気象庁の分類 国際的な分類

(日本語訳)

低圧部 Low Pressure Area

(低圧部)

~17

(~33)

熱帯低気圧 Tropical Depression

(熱帯低気圧)

18~24

(34~47)

台風 Tropical Storm

(熱帯性暴風雨)

25~32

(48~63)

Severe Tropical Storm

(激しい熱帯性暴風雨)

33~43

(64~84)

強い台風 Typhoon or Hurricane or Cyclone

(タイフーン、ハリケーン、サイクロン)

44~53

(85~104)

非常に強い台風
54~

(105~)

猛烈な台風

 

このように、日本では海外より風速が遅い段階で『台風』と呼ばれます。

一方で海外では、風速33m/秒未満だと、『Tropical Storm(熱帯性暴風雨)』と呼ばれているのです。

『サイクロン』という言葉の、他の意味

『サイクロン』というのは、日本で言う台風を表す言葉ですが、他にも意味があります。

それは

  • 低気圧を表す一般的な言葉
  • トロピカル・サイクロン(熱帯低気圧・台風)の略称

という、2つの意味です。

ちょっとややこしいですね。

 

『サイクロン』が低気圧を言い表す場合は、台風でもそれ以外の普通の低気圧でも、低気圧であればすべて『サイクロン』と言われます。

 

そして『トロピカル・サイクロン』は、『熱帯低気圧』のこと。

この『トロピカル・サイクロン』の略称として、『サイクロン』と言われることもあります。

 

『熱帯低気圧』は、一般的には熱帯地方で発生する低気圧のことです。

でも、この『熱帯』という言葉は、地球上の地域を指すのではなく、サイクロンの構造のこと。

ですから、どこで発生しても熱帯低気圧と同じ構造なら『トロピカル・サイクロン』もしくは『サイクロン』と呼ばれるのです。

これも、なんだかややこしいですね。

 

ちなみに、温帯低気圧は『エクストラ・トロピカル・サイクロン』と言われます。

熱帯低気圧と温帯低気圧は、

熱帯低気圧(トロピカル・サイクロン)

⇒暖かい空気のみでできている

温帯低気圧(エクストラ・トロピカル・サイクロン)

⇒暖かい空気と冷たい空気が接している

という違いがあります。

 

ハリケーン/台風/サイクロン/タイフーンの名前の由来

『ハリケーン』『台風』『サイクロン』『タイフーン』の名前の由来は?

ところで、『ハリケーン』『台風』『サイクロン』『タイフーン』って、なぜこのような名前が付いたのでしょうね。

せっかくなので、これらの呼び名の由来も、調べてみました。

『ハリケーン』の由来

『ハリケーン』は、マヤの神話に出て来る『ウラカン(Huracan)』が由来です。

 

ウラカンは、風や嵐、そして火の神であり、創造神でもあります。

神話によると、人類が神をないがしろにしたことに腹を立て、暴風雨や大洪水を起こして、人類を滅ぼしてしまったこともあるとのこと。

 

ちなみに、スペイン語でも、暴風を『ウラカーン』と言います。

『台風』『タイフーン』の由来

『タイフーン』と日本語の『台風』は、似ていますよね。

この2つの由来はつながっているので、まとめてお話ししましょう。

 

『台風』の由来

まず、そもそもとして

『台風』という言葉は、中国や台湾の『颱風』が日本に入ってきた

と言われています。

 

そして戦後に当用漢字が定められたことから、『台風』と書かれるようになったとのこと。

ですから、戦前は日本でも、中国と同じように『颱風』と書いていたのです。

 

タイフーンの由来 説1

次に『タイフーン』の由来ですが、これにはいくつか説があります。

 

1つ目は、

昔の中国や台湾で、暴風を『大風(タイフーン)』と言っていたことが始まり、という説です。

この『タイフーン』がヨーロッパに伝わって『Typhoon』となり、それが再び中国や台湾に入って『颱風』と書かれるように。

そして、それが日本にも伝わり、『颱風』という言葉が使われるようになった、とのことです。

 

タイフーンの由来 説2

2つ目は

ギリシャ神話の『テューポーン(Typhon)』が由来というものです。

テューポーンは、天にも届くような巨人で、神であり怪物でもある存在。

ギリシャ神話の怪物の中では最強で、ゼウスに山脈を投げつけるような、とんでもないスケールの戦いを繰り広げるのです。

このテューポーンが、『タイフーン』の語源となった、という説があります。

 

タイフーンの由来 説3

アラビア語の『tufan』が元だという説です。

『tufan』は『ぐるぐる回る』という意味の言葉。

これが『typhoon』となり、『タイフーン』と読まれ、『颱風』という字を当てられた、という説です。

『サイクロン』の由来

『サイクロン』は、『回る』という意味のギリシャ語『kyklon』が語源と言われています。

英語でも『円』や『回ること』を意味する『cycle』という言葉がありますよね。

 

『サイクロン』という言葉は、今では『サイクロン式掃除機』など、空気を旋回させる仕組みを利用した掃除機などにも使われています。

『バギオ』

台風やハリケーン、サイクロン、タイフーンには、地域限定のローカルな呼び方もあります。

その1つが『バギオ』。

これは、フィリピンでの台風の呼び方です。

この呼び名は、ルソン島のバギオ市が由来になっています。

 

1911年7月に、ルソン島に台風が上陸しました。

その台風の降水量はすさまじく、24時間でなんと1,168mm。

この降水量は、当時の世界記録となりました。

 

このことから、フィリピンでは台風を『バギオ』と呼ぶようになったとのことです。

番外編 『ウイリー・ウイリー』について

オーストラリア周辺で発生する台風のことを『ウィリー・ウィリー』と呼ぶ

と紹介されることもあります。

 

でもこれは、実は台風のことではありません。

『ウィリー・ウィリー』とは、『塵旋風』のこと。

日本で『つむじ風』『辻風』と呼ばれているものを指します。

 

また、竜巻もウィリー・ウィリーと呼ばれることがあります。

竜巻は塵旋風とは全く違うものですが、形が似ているところから、同じように『ウィリー・ウィリー』と呼ばれるのでしょう。

語源のナゾ

ところで、台風やハリケーンなどの由来を調べていて、とても不思議に思ったことがあります。

それは、

なぜ『回る』を意味する言葉が、語源になった説が、複数あるのか

ということ。

 

先ほど、

  • 『タイフーン』の語源が、アラビア語の『tufan』
  • 『サイクロン』の語源が、ギリシャ語の『kyklon』

という説が登場しましたよね。

どちらも『回る』を意味する言葉です。

 

たしかに、衛星写真などで台風の雲を見ると、回っているんですよね。

でも、気象衛星もなかったような昔は、台風の雲の全体を空から捉えるなんてことは、できなかったでしょう。

低気圧などの気象現象の仕組みも、今のようにはわかっていなかったはずです。

なのになぜ、『回る』という意味の言葉が、台風を表す言葉になったのか?

 

この真相については、まだ不明です。

でも、もし昔の人が、直感的に『台風』と『回る』が関係あると捉えていたとしたら、すごいですね。

スポンサーリンク

まとめ

『ハリケーン』『サイクロン』『台風』『タイフーン』は、同じ気象現象を表す言葉です。

 

言葉が違うのは、国が違うからというより、『どの地域にいるか』によるものです。

『タイフーン』『台風』

⇒北西太平洋、南シナ海

『ハリケーン』

⇒北大西洋中部、北太平洋、カリブ海、メキシコ湾、西経180度以東の北大西洋東部

『サイクロン』

⇒ベンガル湾・北インド洋

というように。

 

ですから、もし『台風』が西に移動して東経100度を超えると、『サイクロン』と呼ばれます。

 

もう1つの違いは、基準となる風の強さ。

台風は、風速18m/秒以上で『台風』と呼ばれるようになります。

でも、これはあくまでも日本の基準。

国際的な基準では、風速33m/秒以上でタイフーンやハリケーン、サイクロンと呼ばれます。

 

いずれにせよ、どこの地域で発生してどう呼ばれるとしても、大きな被害を出すような自然災害は起きないでほしいものですね。

関連記事

-その他の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.