違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

食べ物の違い

コーヒーカップとティーカップの違いを解説!見分け方をチェック

いつもはマグカップでゴクゴク飲んでしまう、コーヒーや紅茶。

「今日は気分を変えて、ソーサー付きのコーヒーカップやティーカップで楽しもう!」

という時もありますね。

口の大きさや背の高さ、ソーサーの形、厚さや重さに、絵柄や模様の有無。

コーヒーカップとティーカップには、それぞれの特徴があります。

特徴からわかる、ふたつの違いは何でしょうか?

 

最近では、カップを選ばせてくれるカフェも増えました。

コーヒーや紅茶好きの友人に、カップをプレゼントする機会だってあるかも。

色使いや雰囲気は同じでも、どこか微妙に異なるカップが目の前に並んでいる時。

すぐに見分けがつくように、コーヒーカップとティーカップの違いを、押さえておきましょう。

スポンサーリンク

コーヒーカップとティーカップの違い:口の広さ

コーヒーカップは、

円筒型で口が狭い

ものが一般的です。

ころんとした丸形であっても、口の部分は、ある程度しぼられているものが多いです。

そのような形になっているのは、コーヒーの香りを保つためです。

口が広すぎると、せっかくのコーヒーの香りが飛んでしまいます。

『カップから、スっと香りが立つような形が望ましい』

と言われています。

 

一方のティーカップは、

口が広い

ものが多いです。

それは、飲み手が紅茶の色を眺めるため。

「コーヒーは香り、紅茶は色を楽しむ」

と言われていたほど、紅茶の色は大切な要素です。

 

他の理由としては、

『レモンを浮かべやすいように』

という説もあります。

でも、紅茶にレモンという習慣は、後からできたもの。

この理由は、後付けですね。

 

コーヒーカップとティーカップの違い:背の高さ

コーヒーカップは、背が高めです。

それは、コーヒーの温度を保つためです。

コーヒーは、90℃前後のお湯で、時間をかけて抽出します。

カップで出される頃には、ちょうど飲み頃の温度に下がっています。

それ以上、冷めにくくするため、カップの背を高めにしているんです。

 

一方のティーカップは、

背が低めで浅い

ものが多いです。

これは、コーヒーとは逆で、紅茶を早く冷ますためです。

紅茶は入れた時点で、かなりの高温です。

出されて、すぐ飲む人には、熱すぎてしまうんですね。

 

コーヒーカップとティーカップの違い:ソーサーの形

カップの受け皿である

ソーサー

の形も、コーヒーカップとティーカップでは異なります。

コーヒーカップのソーサーには、

縁から底に向かって、ゆるく傾斜

がついています。

すっと立つコーヒーカップと、それを包み込むような形のソーサー。

見た目も美しい組み合わせです。

ティーカップのソーサーには傾斜が少なく、あってもほんのわずか。

平らなお皿のような形

が、ほとんどです。

口が広くて浅いティーカップには、平たい受け皿の方が、指が当たらず持ちやすいからです。

 

コーヒーカップとティーカップの違い:厚さと重さ

コーヒーカップは、

厚く重く

作られているものが多いです。

これもやはり、保温のためです。

 

逆にティーカップは、

軽く薄

作られています。

見た目も華奢で、すぐ割ってしまいそうに感じられるかもしれません。

これには温度の問題のほか、ティーカップの持ち方とも関係があります。

 

ティーカップの場合、

ハンドルをつまむように持つ

ことが、正式なマナーです。

『指を通してはいけない』というわけではありません。

でも、つまみ上げたほうが、よりエレガントに見えます。

ティーカップがコーヒーカップよりも薄くて軽いのは、このためでもあります。

 

紅茶を注いでしまえば、カップもそれなりに重くなりますね。

質の良いティーカップは、その辺のバランスも考えて作られています。

 

コーヒーカップとティーカップの違い:カップ内側の絵柄や模様

コーヒーカップの内側には

柄や模様がない

ものがほとんどです。

それは、コーヒーを注いだら見えなくなってしまうから。

色の濃いコーヒーでは、せっかくの絵も模様も、隠れて見えません。

もっとも最近では、コーヒーを飲み進めるほどに柄が見えてくるデザインのカップもあります。

 

紅茶の場合、その色を楽しむことも大事な要素と書きました。

そのためティーカップの内側は、白または紅茶が映える色、というのが基本です。

カップの底や内側にわざと絵柄や模様をつけた

ものも、多くあります。

紅茶の澄んだ美しい紅色を通して絵や模様を楽しむのも、ステキですね。

スポンサーリンク

まとめ

コーヒーカップとティーカップの違いをまとめます。

対照的な特徴から、コーヒーカップとティーカップの見分け方がわかりました。

  • コーヒーカップは口が狭め、ティーカップは口が広め
  • コーヒーカップは背が高め、ティーカップは背が低めで浅い
  • コーヒーカップのソーサーは、傾斜があり、ティーカップのソーサーは平ら
  • コーヒーカップは厚めで重く、ティーカップは薄めで軽い
  • コーヒーカップの底や内側には、絵柄や模様がほとんどないが、ティーカップにはあることが多い

コーヒーや紅茶が好きな人は、入れ方だけでなく、カップの形によっても味が変わることを、知っています。

同じ雰囲気、同じ色柄でも、形や厚みの違うカップが、もし並んでいたら。

コーヒーと紅茶、それぞれ美味しく飲めるカップを、見分けられるといいですね。

関連記事

-食べ物の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.