違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

その他の違い

振込/振替/払込の違いをわかりやすく解説!使い分け方をチェック!

たろう
やっと欲しかったCDをネットで買えたよ。

今からコンビニにお金を『払込』に行くんだ!

払込?

『振込』の間違いじゃないの?

れいか
たろう
え、そうなの?

別にどっちでもいいんじゃないの?

そう言われると、どっちでもいいような…。
れいか

 

と、こんな感じで

『振込』と『払込』の違い

が、あやふやになっていませんか?

 

さらに、似たような言葉に

『振替』

もありますが、これらの違いはわかっていますか?

この記事では

『振込』『振替』『払込』

の違いについて、わかりやすく解説していきますよ。

スポンサーリンク

振込/振替/払込の意味の違い

銀行

それでは、『振込と振替と払込』それぞれの意味の違いを解説します。

なお、この記事では『銀行口座』というワードを使いますが、

以下の内容は銀行に限らず、すべての金融機関にあてはまるものです。

振込の意味

振込とは、

他の銀行口座にお金を入れること

です。

現金で入れても、自分の口座内のお金から入れても、どちらも振込といいますよ。

また、自分が別の銀行につくった口座にお金を入れた場合も振込となります。

振替の意味

振替とは、

自分の銀行口座内のお金を、同じ銀行・同じ支店内の別の口座に移すこと

です。

たとえば、同じ銀行内で、自分の普通預金口座から自分の定期預金口座にお金を移すようなことをいいます。

振替と口座振替との違い

『振替』と聞くと『口座振替』を思い浮かべる人もいるでしょう。

ただ、

『振替』と『口座振替』は違う言葉

と、とらえてください。

口座振替は、公共料金などを口座から定期的に引き落とすサービスですよね。

そして、引き落とされたお金は同じ銀行内の他の口座に移されます。

同じ銀行内でのお金の移動という点では『振替』ですが、

名義の違う口座間でのお金の移動です。

なので、

『振替』と『口座振替』は、分けて考えましょう。

払込の意味

払込とは、

現金で銀行口座にお金を入れること

です。

ゆうちょ銀行の口座に、現金で入金することだけを払込とする人もいますが、

ゆうちょ銀行以外の口座でも、払込と言ってOKですよ。

ポイントは『現金』です。

どの銀行の口座でも、

現金で口座に入れれば払込

といいます。

 

振込/振替/払込の使い分け方

考えてみよう

次は振込/振替/払込の使い分け方を解説します。

キーワードとなるのは

『現金』なのか『口座』なのか

です。

自分がお金を移動させるときに、現金を使うのか、口座内のお金を使うのか。

これを意識していくと、きちんと使い分けられますよ。

いまから、日常のシーンでありそうなことを例にして解説していきますね。

冒頭のたろうと、れいかの会話から

たろうは、

ネットで買ったCDのお金の支払いのため

コンビニに行くところでした。

このような状況は、よくある話ですが、

この場合は2つのパターンに分けられます。

1つは、

たろうが、そのお金をコンビニの窓口で現金で支払う場合

です。

この場合は

『振込』でも『払込』でも正解

ですね。

もう1つのパターンは、

たろうがコンビニに設置してあるATMで、自分の口座からお金を支払った場合

です。

この場合は

『振込』のみが正解

となります。

『払込』は、現金で口座に入金することをさす

ので、この場合で『払込』と言うのは、間違いです。

自分の口座のお金を同じ銀行の別の支店に移した

自分の銀行口座のお金を、同じ銀行の別の支店の口座に移すことになりました。

名義はどちらとも自分の名義です。

これだと、同じ銀行内なので『振替』がよさそうな気がしますね。

でも、このケースは

『振替』ではなく『振込』を使うのが正解

です。

振替は、

同じ銀行の同じ支店内でのお金の移動のこと

でした。

銀行が同じであっても、違う支店にお金を移動させた場合は、

名義が同じでも『振替』とはいいません。

払込用紙で払うお金をネットバンキングで支払った

保険料の支払いや、引き落とし日に間に合わず、改めて料金を支払う場合などは

『払込用紙』

が送られてくることがあります。

『払込』の用紙なので、銀行やコンビニなどの窓口で、現金で支払うことになります。

この場合はもちろん『払込』ですね。

ただ、『振込』を使っても間違いではありません。

『振込』は、現金を口座に入れる場合も使えますからね。

 

ところが、最近は、自宅でネットバンキングを利用した支払いに対応できるところも増えてきました。

もし、

払込用紙に書かれたお金を、ネットバンキングで支払った場合

はどうなるでしょうか?

この場合は結局、

口座のお金を使って払っているので『振込』が適切です。

スポンサーリンク

まとめ

振込

  • 他の銀行口座にお金を入れること
  • 現金で入れる場合と、自分の口座内のお金から入れる場合のどちらでも使える

振替

  • 自分の銀行口座内のお金を、同じ銀行・同じ支店内の別の口座に移すこと
  • 『口座振替』とは違うもので、わけて考える

払込

  • 現金で銀行口座にお金を入れること
  • ゆうちょ銀行以外でも、現金で口座にお金を入れれば払込と呼ぶ

以上となります。

どの言葉も、お金を移動させる点では共通しています。

同じ漢字を使っている部分もあり、少々ややこしいですね。

でも、普段から意識して使えば、迷うことはありません。

あと、振込でも払込でも、期限はきちんとまもりましょうね。

関連記事

-その他の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.