違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

充電式乾電池

その他の違い

アルカリ電池とマンガン電池の違いを解説!正しい使い分け方とは?

テレビのリモコンや目覚まし時計など、様々な電化製品に乾電池が使われています。

乾電池には、

『アルカリ電池』と『マンガン電池』

の2種類があることを知っていますか?

 

はなこ
この間、テレビのリモコンが動かなくなって、どうやら電池が切れてしまったみたいなの。

乾電池を買いに行ったんだけど、『アルカリ電池』と『マンガン電池』の2種類があって、どちらの方がいいか迷ってしまったわ。

確かに、乾電池には『アルカリ電池』と『マンガン電池』の2種類があるね。
たろう
はなこ
2つにはなにか違いがあるのかな?

 

今回は、『アルカリ電池』と『マンガン電池』の違いについて調べ、その使い分け方を解説します。

スポンサーリンク

『アルカリ電池』と『マンガン電池』の違い

まずは、『アルカリ電池』と『マンガン電池』の違いについて調べてみましょう。

『電池』は、

正極と負極の化学反応によって電荷の受け渡しが行われること

で電気が流れます。

『アルカリ電池』も『マンガン電池』も、正極に二酸化マンガン、負極に亜鉛が使われるのは同じです。

しかし、正極と負極を浸す電解質に違いがあります。

『アルカリ電池』の場合、電解質に水酸化カリウムが使われます。

水酸化カリウムがアルカリ性なので、『アルカリ電池』と呼ばれるわけですね。

それに対して

『マンガン電池』では電解質に塩化亜鉛や塩化アンモニウムが用いられます。

実は、『アルカリ電池』は『マンガン電池』を進化させたものです。

なので、正極と負極はどちらも同じなのですね。

 

はなこ
なるほど、『アルカリ電池』と『マンガン電池』では、電解質に違いがあるということね。
電解質に違いがあると、性質も異なるのかな?
たろう

 

『アルカリ電池』と『マンガン電池』の使い分け方

充電式乾電池

充電式乾電池

『アルカリ電池』と『マンガン電池』は、電解質に違いがありました。

これが電池の性能に、どう影響するのかを次にお伝えしましょう。

 

『アルカリ電池』は、『マンガン電池』に比べて、大きな電流を流すことができる

という利点があります。

また、

『マンガン電池』に比べて寿命が長い

という特徴もあります。

なので、大きなパワーを必要とする機器には『アルカリ電池』が向いています。

具体的には、

懐中電灯やオーディオ・プレーヤー、デジカメ、マウスなどは、『アルカリ電池』が適している

でしょう。

 

それに対して、

『マンガン電池』は休み休み使うと電圧が回復する

という特性があります。

なので、小さなパワーで休み休み動くような機器には『マンガン電池』の方が向いているでしょう。

例えば、

テレビなどのリモコンには『マンガン電池』が適しています。

 

アルカリ電池とマンガン電池の正しい使い方

乾電池には使用期限があります。

主な乾電池の使用期限は次のようになります。

乾電池の使用期限

アルカリ電池

マンガン電池
単1 5~10年 3年
単2 5~10年 3年
単3 5~10年 2年
単4 5~10年 2年

乾電池の使用推奨期限は、パッケージのどこかに必ず記載されています。

期限を過ぎても使えないことはないですが、

内部が劣化しているため早めに交換すること

をおすすめします。

期限を過ぎて、そのまま乾電池を利用していると、最悪の場合、液漏れを起こすことがあります。

テレビのリモコンなどにアルカリ電池を使い続けていると、寿命が長いために期限を過ぎても気づかないことがあります。

『知らないうちに液漏れを起こしていた…』

ということもあるので注意しましょう。

 

また、

『アルカリ電池』と『マンガン電池』を混在させて利用するのは避けましょう。

『アルカリ電池』によって『マンガン電池』が強制放電を起こし、

液漏れや破裂の恐れ

があります。

 

同じ『アルカリ電池』どうし、『マンガン電池』どうしであっても、

残量の違う電池を混在させることもおすすめできません。

その状態で使い続けると、残量の少ない方の電池が先に電池切れを起こしますね。

すると、

過放電状態になって電池内部にガスがたまり、ガスの排出と同時に液漏れが発生すること

があります。

他にも、本来のパワーが出なかったり、寿命が短くなるなど、良いことはありませんので、交換のときは全部を新品にするようにしましょう。

 

乾電池は、

使用していないときでも、内部で化学反応が起きている

ので、だんだんと容量が減っていきます。

なるべく寿命を長くするためには、

風通しのいい乾燥した涼しい場所(10~25℃)

で保管しましょう。

よく、

『電池は冷蔵庫で保管すると長持ちする』

という噂がありますが、これは誤りです。

冷蔵庫に保管すると電池が結露し、水滴によって正極と負極がつながって電池が消耗したり、サビが発生したりする原因となります。

スポンサーリンク

まとめ

今回の違いのポイントについて、まとめていきましょう。

ポイント

  • 『アルカリ電池』も『マンガン電池』も、正極に二酸化マンガン、負極に亜鉛が使われるのは同じである。
  • 『アルカリ電池』は、電解質に水酸化カリウムが、『マンガン電池』は電解質に塩化亜鉛や塩化アンモニウムが用いられる。
  • 『アルカリ電池』は、『マンガン電池』に比べて、大きな電流を流すことができ、寿命も長い。
  • 『マンガン電池』は、休み休み使うと電圧が回復するという特性がある。
  • 乾電池には、使用推奨期限があるため、期限を過ぎた乾電池は交換するほうがよい。
  • 『アルカリ電池』と『マンガン電池』を混ぜて使用するのは避けたほうがよい。
  • 残量の違う乾電池を混ぜて使用するのは避けたほうがよい。
  • なるべく寿命を長くするためには、風通しのいい乾燥した涼しい場所(10~25℃)で保管すること。

電池は、手軽に使える便利なものです。

ただ、使用方法を誤ると、トラブルの原因にもなります。

正しく使うようにしましょう。

関連記事

-その他の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.