違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

食べ物の違い

強力粉と薄力粉と中力粉の違いをわかりやすく解説!正しい保存方法もチェック

『小麦粉』は、ほとんどの家庭で常備してある食材の1つでしょう。

パンやピザなどを焼く時はもちろん、ムニエルや唐揚げ、餃子の皮などでも使いますよね。

他にも、お好み焼きやたこ焼きなど、本当にいろいろな料理で使います。

 

この小麦粉には種類があります。

主に

  • 強力粉
  • 薄力粉
  • 中力粉

の3つ。

 

お店に買いに行って、

「これってどう違うの?どの小麦粉を買えばいいんだろう?」

って迷ったことは、ありませんか?

筆者も、あります。

 

でも、小麦粉の違いや向いている料理がわかっていれば、迷わずに済みます。

 

ということで今回は小麦粉の

強力粉、薄力粉、中力粉の違い

についてお話しします。

小麦粉の保存方法についてもお伝えするので、ぜひ最後まで読んでくださいね!

スポンサーリンク

強力粉と薄力粉と中力粉、何が違う?

この小麦粉で、何作ろう?

そもそも小麦粉とは

最初に、『小麦粉』って何なのか、ということをお話ししましょう。

 

小麦粉とは、小麦を挽いて粉にしたものです。

…って、そのまんまですね(笑)

 

でも、『粉にする』ということが重要で、小麦は、粉にして水を加えて練ると、

独特の粘り気や弾力

が出るのです。

この粘り気や弾力を利用して、パンやケーキ、麺類なども作ることができます。

 

粘り気や弾力が出るのは、小麦のタンパク質に含まれる『グルテン』という成分の性質によるものです。

グルテンのタイプや量によって、どのくらいの粘りや弾力が出るかが変わります。

その違いで粉を分別したのが、

『薄力粉』『中力粉』『強力粉』という粉の種類

なのです。

 

ちなみに、小麦の栄養成分の割合としては、グルテンを含むタンパク質は、そう多くありません。

最も多いのは、炭水化物で、70~80%。

その他の成分として、タンパク質や脂質、ビタミン、ミネラル類などを含んでいます。

強力粉、薄力粉、中力粉の違い一覧

ここから、強力粉、薄力粉、中力粉の違いについてお話しします。

まず、一覧でざっと見てみましょう。

 

強力粉 薄力粉 中力粉
原料 硬質小麦 軟質小麦 中間質小麦と軟質小麦
タンパク質の割合 11.5~13% 6.5~8.5% 9%くらい
粉の特徴・感触 粒子が粗く、さらっとした感じ きめ細かく、しっとりした感じ 粒子は強力粉と薄力粉の間くらいの粗さ
粘りや弾力性 強い 弱い 強力粉と中力粉の中間くらい
向いている料理 パン、ラーメン、パスタ、ピザの生地、餃子の皮など クッキー、ケーキ、てんぷら、唐揚げなど うどん、お好み焼き、たこ焼きなど

 

こうして見てみると、名前がそのままという感じですね。

  • 強力粉は、硬質な小麦を使っていて、粘りや弾力性が強い。
  • 薄力粉は、軟質の小麦を使っていて、粘りや弾力性が弱い。
  • 中力粉はその中間

ということです。

では次から、それぞれの小麦粉について詳しくお話ししましょう。

強力粉とは

まず、強力粉です。

強力粉は、主にアメリカやカナダが産地の『硬質小麦』が材料です。

 

強力粉には、タンパク質が11.5~13%くらいと、多く含まれていて、グルテンも多いです。

そのため、粘り気や弾力が強いのが特徴ですね。

 

強力粉の粉は、粒子が粗めで、さらっとした手触りです。

粉を握ってみると、固まりにならずに崩れてしまうくらい、さらっとしています。

 

強力粉は、主に

  • パン
  • ラーメン
  • パスタ

などの材料として使われます。

 

逆に、ケーキやクッキーなど、

さっくりとしたものを作るには、強力粉は適しません。

作れないことはないのですが、みっちりとした重い感じのケーキになったり、歯ごたえたっぷりという感じのクッキーになってしまうかもしれません。

薄力粉とは

薄力粉は、

『軟質小麦』を原料

としていて、アメリカ産と日本産のものをブレンドしていることが多いです。

 

薄力粉のタンパク質の割合は、6.5~8.5%。

『薄力粉』『中力粉』『強力粉』の中で最も少なく、粘り気や弾力も一番弱い小麦粉です。

 

粉は、きめ細かくて、触るとしっとりした感じがします。

粉を手で握ると、固まりになるところも、強力粉と違う点です。

 

薄力粉が向いている料理は、

  • クッキー
  • ケーキ
  • テンプラ
  • ムニエル
  • 唐揚げ

などです。

中力粉とは

中力粉はその名の通り、薄力粉と強力粉の間の性質を持つ小麦粉。

『うどん粉』も、この中力粉です。

 

タンパク質は9%くらいで、粘り気や弾力も薄力粉と強力粉の中間くらい。

ですから、

コシが強すぎず、かといってただ柔らかいだけでもなく

という、独特な食感になります。

 

原料も、中間質小麦と軟質小麦両方が使われています。

日本で出回っている中力粉は、ほとんどがオーストラリア産と日本産のブレンドです。

 

中力粉を普段使うことは、そんなに多くないかもしれませんね。

スーパーなどでも、薄力粉や強力粉ほどは扱われていません。

 

でも、お店で売ってなくても大丈夫。

中力粉は、薄力粉と強力粉を混ぜることでも作れます。

薄力粉と強力粉のタンパク質の割合を確認して、

混ぜた後の割合が9%くらい

になるように混ぜれば良いのです。

 

中力粉が使われるのは

  • うどん
  • お好み焼き
  • たこ焼き
  • 生パスタ

といったものです。

 

でもその他にも、中力粉向けのレシピで作れば、クッキーやケーキ、パンなども作ることができます。

ただ、パンは普通のパンより、みっしりと詰まった感じのパンになります。

薄力粉と強力粉の見分け方

ボウルなどに小麦粉を出してから

「あれ?これ、強力粉だっけ?薄力粉だっけ?」

と、わからなくなってしまうこともあるかもしれませんね。

 

そんな時は、小麦粉を握ってみてください。

  • 手で握って固まるなら、薄力粉
  • 手で握っても崩れるなら、強力粉

です。

 

また、薄力粉は粒子が細かく、強力粉は粗いです。

手触りでも判断できるでしょう。

その他の小麦粉の種類

小麦粉の種類は、主に強力粉、薄力粉、中力粉の3つ。

でもその他にも、いくつかあります。

簡単に紹介しましょう。

『準強力粉』

準強力粉』というのは、強力粉と中力粉の間くらいの小麦粉です。

タンパク質の量は、10~12%くらい。

強力粉に比べると、ミネラルが多くタンパク質が少なめです。

 

伸びの良い生地が作れて、フランスパンや菓子パン、中華まんなどに向いています。

 

ちなみに、同じレシピを使って準強力粉と強力粉でパンを作った人によると、

『準強力粉はしっかり詰まった感じに、強力粉はふんわりした感じになる』

とのことです。

『全粒粉(ぜんりゅうふん)』

『全粒粉』というのは、小麦の粒を丸ごと挽いたものです。

 

普通の小麦粉は、胚芽やふすま(表皮)を取り除いて製粉しています。

でも、全粒粉は取り除かずにそのまま製粉しているのです。

ですから、食物繊維やミネラル、ビタミンなどの栄養が豊富です。

そして、香ばしい風味と、歯ごたえのある独特の食感という特徴があります。

 

全粒粉は、グルテンが少なめ。

パンだと普通の小麦粉よりももっちりとした食感は少なく、食べごたえがあるパンになります。

 

ただ、風味は香ばしいですが、全粒粉だけを使うと口当たりも良くありません。

そのため、普通の小麦粉と混ぜて使うことが多いです。

『デュラムセモリナ』

デュラムセモリナは、北米やヨーロッパ、オーストラリアで生産される『デュラム小麦』を粗挽きした小麦粉です。

 

デュラム小麦は、グルテンが多く含まれている硬質の小麦。

パスタやマカロニの材料としてよく使われています。

スーパーに売っているパスタにも、『デュラムセモリナ使用』などと書いてあることがありますね。

 

デュラム小麦は、身が黄色い小麦です。

ですから、デュラムセモリナも黄色の小麦粉になります。

パスタやマカロニが黄色いのは、そういうわけなのです。

小麦粉を間違って使っちゃった!どうする!?

小麦粉には種類があり、料理によって合う小麦粉の種類が違うことは、ここまででおわかりいただけたでしょう。

とはいえ、うっかり間違えちゃうことも、ありますよね。

薄力粉を使うはずが、強力粉を入れてしまったり、その逆をやってしまったり。

 

でも、それぞれの小麦粉の違いをわかって工夫すれば、新しいものができる可能性もあります。

他の材料を工夫するなどすれば、意外においしいものができたりするかもしれません。

ですから、間違ったと気が付いたからといって捨てたりせずに、トライしてみてください。

捨てるのも、もったいないですしね。

 

もちろん粉が違えば、仕上がりは思ったようなものと違うものになるでしょう。

たとえば、

中力粉や強力粉で作ったクッキー…

⇒ざっくりと噛み応えのある、固めのクッキーになる

強力粉で作ったケーキ…

⇒みっしり詰まった感じになる

薄力粉でパンを作る…

⇒パサッとした軽い感じのパンになる

というように。

 

そんな中から、

「うっかり粉を間違っちゃったけど、この食感は気に入った!」

というような発見も、あるかもしれませんよ!

 

小麦粉(強力粉/薄力粉/中力粉)の保存方法は?

小麦粉ってどう保存するのが良いの?

ここからは、小麦粉の保存方法についてお話ししましょう。

美味しい料理を作るためにも、正しい方法で保存することは、とても大切なことですよ。

 

なお、保存方法は、強力粉、薄力粉、中力粉、すべて共通です。

ベストの保存方法

小麦粉を保存するのに、最も良い方法は、

1回で使い切れる量に、小分けにしたうえで密封し、冷凍庫で保存する

という方法です。

 

まず、小麦粉の保存場所としてベストなのは、冷凍庫。

なぜかというと、長期保存でき、ダニやカビの発生も防げるからです。

常温だと、開封したら1~2か月で使い切らなければなりません。

しかし、冷凍なら半年くらい保存できます。

また、小麦粉は凍らないので、サラサラのままで保存でき、使う時もすぐ使えるのです。

 

でも、冷凍庫から小麦粉を袋ごと出して、そのまま出しっぱなしにすると、結露が出てしまいます。

となると、小麦粉に湿気が入ってしまいますよね。

 

そこで、結露を防ぐのにおすすめなのが、

1回で使い切れる量に小分けすること。

これなら、1回分を素早く取り出すことができます。

 

そして、『密封する』ということも大切です。

小麦粉は、他の食材の匂いが移ってしまいやすいので、匂い移りを防ぐためです。

冷蔵庫で保存する場合

小麦粉の保存場所として、冷凍庫の次におすすめなのが、冷蔵庫です。

少なくとも、

小麦粉の袋を開けてから、使い切るまでに1~2か月以上かかる場合は、冷蔵庫に保存

した方が良いです。

冷蔵庫内の湿度だと、ダニが活動しにくいからです。

 

ただし、冷蔵庫でも冷凍庫同様、

  • 他の食材の匂いが移ってしまう
  • 冷蔵庫から出した後出しっぱなしにすると、結露が生じて湿気が入ってしまう

という可能性があります

 

ですから、冷蔵庫で保存する場合も、

  • 1回で使い切れる量に小分けをする
  • 密封容器に入れてから冷蔵庫に入れる

というようにしてください。

 

ただし、冷蔵庫では、冷凍庫ほどの長期保存はできません。

開封後は、なるべく早めに使い切ってくださいね。

常温で保存する場合

小麦粉は常温で保存することもできます。

ただし、

  • 開封したら1~2か月で使い切る
  • 湿気や虫が入らないように、袋ごと密封容器に入れる
  • 匂いの強い物の近くには置かない

というようにしてください。

 

もし1~2か月で使い切れるかわからない場合は、冷蔵庫や冷凍庫で保存するほうが良いです。

小麦粉を保存する時に大切なこと

小麦粉の保存で大切なのは

  • 直射日光の当たらない、涼しい場所に保存する
  • 湿気を防ぐ
  • 匂いを防ぐ
  • 虫が入らないようにする

ということです。

 

小麦粉に最も悪いのは、『湿気』。

湿気が入ると、品質が落ちてしまうだけでなく、カビの原因にもなりかねません。

ですから、シンクの下など、湿度の多いところに保存するのは避けましょう。

 

それから先ほども触れましたが、

小麦粉は匂いが移りやすいもの

でもあります。

匂いが移ると、小麦粉の味が落ちてしまいます。

  • 匂いの強い物の近くに置かない
  • 密封できる容器に袋ごと入れる

というようにしてください。

 

ちなみに、密封容器は、パッキングがある容器がベストです。

ジッパー付きの保存袋などは、おすすめではありません。

なぜかというと、

  • ジッパー付きの保存袋でも、匂いが移ってしまうこともある
  • ジッパーに小麦粉が付くと、それがダニなどの侵入経路になってしまうことがある

という理由からです。

タッパーなどの容器に、袋ごと入れるのが一番良いですよ。

スポンサーリンク

まとめ

強力粉、薄力粉、中力粉の違いは

  • 原料となる小麦が違う
  • 含まれるタンパク質の量が違う
  • タンパク質に含まれるグルテンの量が違う

ということ。

そして、このような性質の違いから、小麦粉をこねた時の弾力や粘り気も違ってくるのです。

 

となれば、どんな料理に向いているかも、違ってきますよね。

 

薄力粉はクッキーや唐揚げなど、さっくりとしたもの向き。

強力粉は、パンやピザ生地など、しっかりとしたもの向きです。

そして中力粉は、うどんやお好み焼きなどに向いています。

 

小麦粉を保存する時は、

1度に使い切れる量に分けて密閉容器に入れる

ことが基本です。

ベストの保存場所は冷凍庫になりますが、冷蔵庫でも大丈夫です。

また、1~2か月で使い切れるなら、常温保存で構いません。

ただし、湿気のある場所や温度の高い場所、直射日光の当たる場所は避けてくださいね。

関連記事

-食べ物の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.