違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

Windows8

ITの違い

WindowsOSの32bit版と64bit版の違いを解説!おすすめはどちら?

Windowsに、『32bit版』と『64bit版』があるのは知っていますか?

 

はなこ
この間、Windowsをインストールしようと思ったんだけど、『32bit版』と『64bit版』の2種類があったの。

どちらをインストールすればいいのかな?

パソコンによるけど、新しいパソコンなら『64bit版』でいいんじゃないかな?

でも、僕も詳しくはよく知らないな。

たろう
はなこ
そもそも、『32bit版』と『64bit版』では何が違うの?

 

今回は、Windowsの『32bit版』と『64bit版』の違いについて解説します。

スポンサーリンク

Windows OSの『32bit版』と『64bit版』の違い

そもそも『32bit』と『64bit』では何が違うのでしょうか?

『32bit』と『64bit』では扱うことのできる信号の長さ

が違います。

簡単に言えば、『64bit』の方が計算できる数字が大きいということになります。

 

パソコンには『CPU』という装置が搭載されています。

『CPU』とは、いわばパソコンの頭脳にあたる重要な装置です。

この『CPU』には、『32bit版』と『64bit版』の2種類が存在します。

そして、

それぞれの『CPU』に合わせてWindowsにも『32bit版』と『64bit版』の2種類があるわけです。

 

『32bit』と『64bit』の違いについては、『32bitと64bitの違いをわかりやすく解説!メリットとデメリットを紹介』でも詳しく紹介しています。

CPU
32bitと64bitの違いをわかりやすく解説!メリットとデメリットを紹介

Windowsに32bit版と64bit版があることを知っていますか?   はなこよく32bit版だとか64bit版と聞くけど、結局なにが違うの? よくわからないけど、最近は64bit版の方 ...

続きを見る

 

Windowsの『32bit版』と『64bit版』では、主に次のような点に違いがあります。

Windowsの『32bit版』と『64bit版』の違い

  • 『32bit版』のWindowsは『32bit CPU』と『64bit CPU』のどちらでも動作するが、『64bit版』のWindowsは『64bit CPU』でしか動作しない。
  • 『32bit版』のWindows上では、『64bit版』のアプリケーションは動作しないが、『64bit版』のWindows上では『32bit版』のアプリケーションもほぼ全て動作する。
  • 『32bit版』のWindowsでは、利用できるメモリは4GBまでしかない。
  • 『32bit版』のWindowsでは、起動ディスクの最大容量が2TBまでしかない。

まず、

『64bit版』Windowsを動かすためには、CPUが『64bit CPU』である必要があります。

CPUが『32bit CPU』であるなら、『32bit版』Windows以外に選択肢はありません。

しかし、現在販売されているCPUは全て『64bit CPU』です。

よほど古いパソコンを使うのでない限り、CPUが『32bit CPU』であるということはないでしょう。

 

また、

『32bit版』Windowsの上で、『64bit版』のアプリケーションを動かすことはできません。

アプリケーションにも『32bit版』と『64bit版』の2種類があることには注意が必要です。

ですから、アプリケーションに『64bit版』を使いたいのであれば、『64bit版』Windowsをインストールする必要があります。

 

メモリにも制限があります。

『32bit』版Windowsの場合、利用できるメモリは4GB程度しかありません。

『64bit』版Windowsの場合、『Windows 10 Home』なら128GB、『Windows 10 Pro』『Windows 10 Enterprise』『Windows 10 Education』なら2TBまで認識できます。

よほどのことがない限り、家庭で使うパソコンに128GB以上のメモリを搭載することはないと思うので、制約はほぼないと言っていいでしょう。

 

起動ディスクは、『32bit版』の場合2TBまでという制約があります。

しかし、その他のディスクについては、2TB以上のディスクでも問題なく利用できます。

 

『32bit版』と『64bit版』のどちらがおすすめ?

Windows

Windows

まず、

よほどの理由がない限りは無条件で『64bit版』Windowsをおすすめします。

『32bit版』Windowsを利用するのは、次のような場合に限られるでしょう。

『32bit版』Windowsを利用する場合

  • CPUが『32bit CPU』である場合。
  • 利用したい『32bit版』アプリケーションが、『64bit版』Windows上で動作しない場合。

残念ながら、『64bit版』Windows上で『32bit版』アプリケーションが動作するという保証はありません。

利用したいアプリケーションに『32bit版』しかなく、しかも『64bit版』Windows上で動作しないことが明らかな場合、『32bit版』Windowsを利用することになるでしょう。

しかし、その場合はメモリが4GBまでしか利用できず、起動ディスクも2TBまでであるという制約を受け入れなければなりません。

現在、よく使われるアプリケーションはたいてい『64bit版』に対応しています。

ですから、よほどの理由がない限りは『64bit版』Windowsを利用するようにしましょう。

 

はなこ
インストールするのなら『64bit版』Windowsの方がいいようね。
そうだね。

利用したい『32bit版』アプリケーションが動作しないというのが明らかな場合を除いたら、『64bit版』Windowsがベストということだね。

たろう

スポンサーリンク

まとめ

今回のポイントについて、まとめていきましょう。

ポイント

  • CPUには、『32bit CPU』と『64bit CPU』の2種類があり、それぞれに対して『32bit版』Windowsと『64bit版』Windowsがある。
  • 『32bit版』のWindowsは、『32bit CPU』と『64bit CPU』のどちらでも動作するが、『64bit版』のWindowsは『64bit CPU』でしか動作しない。
  • 『32bit版』のWindows上では、『64bit版』のアプリケーションは動作しないが、『64bit版』のWindows上では『32bit版』のアプリケーションもほぼ全て動作する。
  • 『32bit版』のWindowsでは、利用できるメモリは4GBまでしかない。
  • 『32bit版』のWindowsでは、起動ディスクの最大容量が2TBまでしかない。
  • 『32bit版』アプリケーションが動作しないという明確な理由がない限りは、『64bit版』Windowsの方がおすすめ。

今では『32bit版』Windowsを使っている人は、ほとんどいないでしょう。

インストールするのなら『64bit版』Windowsにしましょう。

関連記事

-ITの違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.