違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

フィラメント電球

その他の違い

電気と電子の違いをわかりやすく解説!意味と使い分け方をチェック

『電気』は、日頃から身近で使われているものですよね。

似たような言葉に『電子』というものがあります。

『電気』と『電子』の違いについて知っていますか?

 

はなこ
『電気』と『電子』って、同じようなものだと思うんだけど、なにか違うのかな?
言葉が違うんだから、同じ意味じゃないと思うけどな。

でも、違いについては僕にもよくわからないな。

たろう
はなこ
違いについて、調べてみたいわね。

 

今回は、『電気』と『電子』について違いを調べ、その使い分け方を解説します。

スポンサーリンク

『電気』と『電子』の意味とその違い

『電気』という言葉は、身近に使われていて、なじみ深いものですが、きちんとした定義は知っているでしょうか?

『電気』とは?

電荷の移動や相互作用によって発生するさまざまな物理現象の総称

のことです。

非常に難しい言葉が並んでいますが、簡単に言うと

電荷というものが関係する様々な現象のことを『電気』という言葉で表すことができます。

例えば、冬にドアノブに手を近づけると手に『電気』が流れてビリっとくることがありますよね。

あれは、体にたまった電荷がドアノブを通して流れることで起こる現象(静電気)です。

雷も、規模は違いますが同じような理由で発生します。

乾電池の正極と負極に豆電球をつなぐと光りますね。

あれも、『電気』が流れることによる現象の一つです。

『電気』はエネルギーであるとも言えます。

水力発電や火力発電、原子力発電などによって、動力が電気というエネルギーに変換されるわけですね。

『電子』とは?

負の電荷を持った『素粒子』

のことです。

『素粒子』とは、物質を構成する最小の単位のことです。

理科の時間で、原子が『陽子』『中性子』『電子』から成り立っていると習った記憶はないでしょうか?

これらは素粒子で、『陽子』は正の電荷を、『電子』は負の電荷を持ちます。

よく、中央に『陽子』と『中性子』からなる原子核があって、その周囲を電子が回っているモデルが登場しますね。

『電気』と『電子』の違い

『電気』と『電子』の定義から明らかなように、2つには次のような違いがあります。

『電気』と『電子』の違い

  • 『電気』は物理現象(エネルギー)を表し、『電子』は素粒子を表す。
  • 『電気』には+極と-極の概念があり、『電子』は負の電荷しかない。

まず、

『電気』が物理現象やエネルギーを表す言葉なのに対して、『電子』は素粒子を表す言葉である

という大きな違いがあります。

また、『電気』は+極とー極がありますが、『電子』は負の電荷しか持ちませんね。

 

はなこ
『電気』と『電子』では意味は全く違うのね。
じゃあ、『電気機器』と『電子機器』では何が違うのかな?

どちらも同じ意味のような気がするけどな。

たろう

 

『電気機器』と『電子機器』の使い分け方

雷

『電気』と『電子』の使い分けでややこしいのが『電気機器』と『電子機器』という2つの言葉です。

『電気機器』というと、洗濯機や冷蔵庫、エアコンなどを思い浮かべる人が多いと思います。

それに対して『電子機器』はパソコンや電子辞書などが該当するでしょう。

それぞれ、どうやって使い分ければいいのでしょうか?

 

『電気』はエネルギーを表す言葉でした。

なので、

『電気』をエネルギーとして使う機器が『電気機器』になります。

しかし、コンピューターは『電気』を信号として使う機器です。

ですから、

コンピューターを搭載したパソコンや電子辞書などは『電子機器』と呼ばれます。

 

はなこ
『電気機器』と『電子機器』は、『電気』をどう使っているかによって変わるわけね。
『電気』がエネルギーとして使われるから『電気機器』で、『電気』が信号として使われるなら『電子機器』か。

コンピューターは『電子機器』の代表みたいなものだね。

たろう

 

『電気』と『電子』の関係

『電気』を信号として扱う分野の学問を『電子工学』といいます。

英語では『Electronics』と言われますが、『電子』を意味する『Electron』に似ていますよね。

実は、『電気』の流れは『電子』が動くことによって発生します。

金属の中には、自由に動き回ることのできる『自由電子』というものがあって、これが動くことで『電気』が生まれるわけです。

『自由電子』のない物質は『絶縁体』と呼ばれます。

自由に動き回る『電子』が存在しないので、『電気』が流れないのですね。

静電気は片側に『電子』が蓄積することで発生する現象です。

絶縁体から『電子』がはぎ取られたり、逆に与えられたりすることで『電気』が生まれます。

このように、『電気』と『電子』は実は密接な関係があるのです。

スポンサーリンク

まとめ

今回のポイントについて、まとめていきましょう。

ポイント

  • 『電気』とは、電荷の移動や相互作用によって発生するさまざまな物理現象の総称のことである。
  • 『電子』とは、負の電荷を持った『素粒子』のことである。
  • 『電気』が、物理現象やエネルギーを表す言葉なのに対して、『電子』は素粒子を表す言葉である。
  • 『電気』をエネルギーとして使う機器を『電気機器』という。
  • 『電気』を信号として使う機器を『電子機器』という。

『電気』は、現代の生活になくてはならない大事なものですね。

しかし、利用できる資源には限りがあります。

大切に使うようにしましょう。

関連記事

-その他の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.