違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

その他の違い

伝統と文化の違いをわかりやすく解説!正しい使い分けをチェック!

日本には、特有の文化や伝統と呼ばれるものが、数多くあります。

その種類は多種多様であり、

『どこの地域にも等しく存在している』

ものとなります。

 

これは、日本だけでなく、

『世界単位で存在するもの』

と言えるでしょう。

ですが、似たような印象を受ける、この2つの言葉は、

『それぞれ違う意味』

を持っているにも関わらず、違いが曖昧にされていることが多くなっています。

 

そこで、今回は、

『伝統と文化の違い』

について解説します。

知っているようで知らないことが多いため、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

伝統と文化の違いとは?

伝統や文化といったものは、

『誰もが大なり小なり大事にしているもの』

です。

 

そして、伝統と文化は、

『切っても切り離せない関係』

であり、常に並び立つものとなっています。

伝統は『積み重ねの産物』

伝統と文化の違いを知るなら、まずは、

『伝統と文化が、どのように成り立っているか』

ということを知る必要があります。

 

伝統の意味としては、

『長い歴史を通じて、積み重ねてきた伝統・技術・風習』

となっています。

つまり、

『長い間で築き上げてきた事象全て』

ということになるのです。

 

例を挙げると、

  • 伝統工芸
  • 伝統芸能
  • 伝統技術
  • 伝統スポーツ
  • 伝統家業

などがあります。

これら全ては、

『積み重ねた歴史によって作られたもの』

を指すことは、よく知られているでしょう。

 

伝統は、一朝一夕で作られることはありません。

『ある程度の年月を経て、積み重ねられたもの』

が、いつの間にか、伝統と呼ばれるものになっているのです。

文化は『現在の生活スタイルそのもの』

次に、文化ですが、意味合いとしては、

『現在、形成される生活スタイル』

を表しています。

 

その為、昔から続くものでなくても、

『生活の中で活用されているもの』

であれば、それが文化となるのです。

 

文化は、様々な方法で、

『常に生まれ続けている』

ものです。

ただ、その分、消えていくことも多いものです。

生活に馴染めない文化や、認知度が上がらなかった文化は、

『歴史の影に、ひっそりと消えている』

のです。

 

その分、生まれやすい為、

『常に循環しているもの』

と覚えておけば良いでしょう。

 

伝統と文化の使い分けは、正しい認識につながる

子どもたち

伝統と文化の解説を行いました。

ここまでの内容を見ると、

『一定の年月を経るのが伝統、常に生まれては消えていくのが文化』

ということが分かります。

 

この違いを、しっかりと把握しておくことで、

『日頃の生活で、使い分けをしやすくなる』

のです。

今までの歴史を説明するときに『伝統』は使いやすい

伝統という言葉を使う場面は、主に、

『なぜ、今の技術や産業などが形成されたのか』

を説明する時などです。

 

特に、歴史が長いものに関しては、

『それまで積み重ねてきた年月や知恵、労力』

などを、伝統という言葉で説明しやすくなるでしょう。

 

例を挙げると、

「長年の工夫を重ねた結果、100年もの伝統ある銘菓が出来た」

「代々技術を受け継いできた事実が、伝統となって残っている」

「先人が残してきた知恵が、伝統となって今も実践されている」

などがあります。

 

このように、

『歴史や積み重ねがあって、初めて成り立っている』

という説明を行う際、伝統という言葉は、非常に役立つのです。

現在の生活そのものを説明するときに『文化』は使いやすい

次に、文化を使う場面ですが、これは、

『目の前に存在するもの』

を説明する時、使うことが出来ます。

 

例を挙げると、

「アニメは、新しい時代に生まれた日本の文化だ」

「本を読むということは、人間に許された特別な文化だ」

「納豆を食べる文化は、日本特有と言えるだろう」

などがあります。

 

このように、目の前にあるもの・事象こそが、

『今を形作る文化』

なので、このように使えば問題ありません。

 

文化と聞けば、

『伝統あってこそ』

と考えるかもしれませんが、必ずしもそうではありません。

現在、暮らしを形成する役割を担っていれば、

『その全てが文化』

となるのです。

伝統と文化は、セットで使っても良い

伝統と文化の使い分けを解説しましたが、実際のところ、

『伝統と文化を、セットで使っても良い』

場面は、多々あります。

 

伝統は、あくまでも、

『積み重ねてきた事実』

が必要なものです。

ですが、積み重ねる過程の中で、

『絶えず、文化が生み出されては消えている』

ということも、よく知っておきましょう。

 

つまり、

『長く続いた文化が、いつしか伝統になる』

と考えておけば良いのです。

逆に、消えていく文化に関しては、

『伝統にはなれなかったもの』

として、また新たに文化を生み出していくしかないと言えます。

 

ですが、消えていく文化も、

『その後の伝統や文化を生み出す糧にはなっている』

ため、全てが無駄になっているわけではありません。

 

例えば、人の文化でも、

『幕府制度や藩制度という文化が消えても、それを元に新しい制度が出来た』

という歴史があります。

これは、言い換えると、

『制度の一部を、伝統として活用した』

ことになるのです。

 

このように、伝統と文化は、

『セットで使うことも可能』

なものであるため、柔軟な発想で考えてみてくださいね。

スポンサーリンク

まとめ

今回のまとめとしては、

『伝統と文化は、使い分けに応用が効く』

ということが言えます。

 

伝統・文化は、世界中に存在しているものですが、

『伝統が文化を生み出し、文化が伝統を形成している』

と言えるものなのです。

つまり、意味合いが違うものではあっても、

『常にセットで存在している』

ということです。

 

お互いがお互いの存在を生み出しているので、

『意味が混同する』

かもしれませんが、使い分けは出来るので、しっかりと使い分けてみてください。

関連記事
伝統工芸品と伝統的工芸品の違いをわかりやすく解説!定義をチェック

日本には、各地特有の、 『伝統工芸品』 というものがあります。   それぞれ、土地柄などを反映しているものであり、 『その土地の名物』 となっていることが多いです。 ですが、伝統工芸品と似て ...

続きを見る

関連記事

-その他の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.