違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

英語の違い

ショップとストアの違いをわかりやすく解説!意味や使い分け方をチェック

更新日:

ショップとストアの違いを理解していますか?

 どちらも、英語を日本語読みに置き換えて、カタカナで書き表した言葉です。

ショップ・・・shop

ストア・・・store

たろう
ショップもストアも、同じ『お店』の意味をもつ言葉です。

 

みさと
よさそうなショップ見つけた、とか言うわよ!

たろう
どんな違いがあるか、すぐに答えられますか?
ひろし
呼び方が違うだけで、同じ使い方じゃないの?

 

ということで、 今回はショップとストアの違いを、意味や使い分け方を比較して、わかりやすく解説していきましょう。

スポンサーリンク

ショップとストアの違いをチェック!その意味は?

開店閉店

ひろし
そういえば、コンビニの正式名称は、コンビニエンスストアだね。
みさと
コンビニエンスショップとは、言わないわね。

 

 まずは、ショップとストアの意味を、辞書で調べてみましょう。

ショップの意味

英語表記:shop

名詞 

  • 英)小売店、小規模商店
  • 米)(大型店内の)専門店
  • アトリエ、スタジオ、工場、会社、職場、作業場、工作室、学校の職業訓練課程など

小売店とは、消費者に直接品物を売る店のこと

自動詞

  • 買い物をする
  • 買い物をするために、いくつかのお店を見て回る

他動詞

~で買い物をする

ストアの意味

英語表記:store

名詞

  • 英)(デパートなどの)大きな店、品ぞろえの多い大型店
  • 米)店、小売店、商店
  • 貯蔵、蓄え、貯蔵所など

形容詞

  • 貯蔵できる
  • 既成の

他動詞

  • ~蓄える、~保管する、~保存する、~格納する
  • ~を記憶する

ちなみに、日本語の『店』の意味とは?

  • 商品を販売するための建物
  • 商品やサービスを提供する場所
  • 販売だけでなく、商品の買い取りをする店もある
たろう
辞書では、ショップとストアは、アメリカ英語とイギリス英語に、意味がわかれて表記されています。

 

 アメリカ英語とイギリス英語、意味の違いについて

アメリカ英語

  • アメリカでは、一般的に『お店』を指す言葉は、『store(ストア)』。
  • 大型など、店の規模は関係ない。
  • 花屋やコーヒー専門店など、専門店には『shop(ショップ)』が用いられることが多い。

このように、比較的小さなお店や、多様な商品を取り扱うのではなく、ある分野の商品のみを専門的に売るお店を、『shop(ショップ)』という傾向があります。

イギリス英語

  • イギリスでは、基本的に『shop(ショップ)』がお店をさす言葉。
  • store(ストア)』は、貯蔵所や保管場所という意味があることから、倉庫を指す言葉とされている。

しかし、商品の品ぞろえが豊富な大型の店舗は、『store(ストア)』と呼ぶ傾向もあります。

 

日本語だと、『店』の前に、どんな形態の店なのか、○○店と表します。

みさと
つまり、大型店も、百貨店も、専門店も、売店も、商店も、『お店』ね。

 

使い分け方を比較!ショップとストアの違いとは?

使い分け方のポイント!

  • ショップとは、品物を販売し、販売以外の作業、例えば加工作業や、作る作業などもおこなう店のこと
  • ストアとは、商品を販売するお店のこと

 

ショップもストアも、外来語であることから、英語表記を参考に、使い分け方を見ていきましょう。

 ショップの言葉が用いられる場合

アイスクリームをつくって、販売するお店

⇒ice-cream shop(アイスクリームショップ)

撮影した写真を、現像して販売するお店

⇒photo shop(フォトショップ)

花束を作ったり、花でリースを作って販売するお店

⇒flower shop(フラワーショップ)

ラーメンを作って、提供するお店

⇒ramen shop(ラーメンショップ)

ひろし
携帯電話の販売や、専門的なサービスを提供するから、auショップ、docomoショップ、softbankショップというんだね。

 

ストアの言葉が用いられる場合

比較的小型の店舗で、食料品、衣料品、文房具など、回転率の高い様々な種類の品物を販売しているお店

⇒convenience store(コンビニエンスストア)

大型の店舗で、日常生活品の他、様々な商品を販売しているお店

⇒Department store(デパートメントストア)

書籍や文房具などを販売しているお店

⇒book store(ブックストア)

お酒を販売しているお店

⇒liquor store(リカーストア)

 

たろう
ケーズデンキ、ヤマダ電機、ビックカメラやヨドバシカメラは、既に作られた商品を販売するお店なので、『store(ストア)』です。

みさと
あら?book store(ブックストア)は、book shop(ブックショップ)じゃないの?

 

 ショップとストア!どちらの言葉も使われる場合

 お店の形態によって、ショップなのか、ストアなのか、捉え方が変わる場合があります。

book store(ブックストア)

⇒比較的広い店舗のお店で、本や文房具、本に関係する雑貨などを販売している

book shop(ブックショップ)

⇒比較的小さめのお店で、本だけを販売している

 例えば、商店街の中にあるような、何代も続く個人経営の本屋は、ショップと考える傾向があります。

ひろし
あと、古本屋は、専門的な店というイメージがあるから、ショップだね。

スポンサーリンク

 まとめ

 アメリカ英語表記とイギリス英語表記があるので、ショップとストアの使い分け方が難しく感じるかもしれませんね。

最後に簡単にまとめてみましょう。

お店を英語で表すと、

アメリカ英語ではストア

イギリス英語だとショップ

とする傾向がある。

商品だけでなく、商品に関する作業やサービスを行うお店や、専門的なお店、小さなお店は、ショップと呼ばれる。

 お店がショップなのかストアなのか、その使い分け方は、お店の立地や販売内容、サービスによって変わることを覚えておきましょう。

関連記事

-英語の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.